川崎化成工業 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 139億2800万 円
銘柄コード 4117(市場第二部(内国株))

川崎化成工業株式会社は川崎市に本社をおく企業。昭和23年、中央化成工業株式会社として「タール製品の精製加工ならびにタール製品を主原料とする製品の製造」を事業目的に設立。1961年東京証券取引所に株式を上場。現在は有機酸製品として無水フタル酸、コハク酸、フマル酸などを扱う他、有機酸系誘導品として可塑剤や「マキシモール®」、キノン系製品としてナフトキノン、ヒドロキシナフトキノン、「アントラキュアー®」「キノパワー®」などを製造。