AIレンディングで急成長「Upstart」はどのように生まれたか?

AIレンディングで急成長「Upstart」はどのように生まれたか?

注目企業

AIレンディングを手がける米企業「Upstart Holdings」が目覚ましい成長を遂げている。

2012年にGoogle出身のデイヴ・ジロウアードが立ち上げ、代表的なレンディングプラットフォームの一つに育て上げた。意外なことに、その出自は「若者向けのクラウドファンディング」サイトだ。

昨年末にはNASDAQへの新規上場を果たし、株価はIPO価格(20ドル)から既に10倍以上に拡大した。実績ある創業経営者と巨大な市場、高い成長性と、魅力を高める要素がいくつもUpstartにはある。

今回の記事では「Upstart」というプラットフォームがどのようにして生まれたか、そのビジョンや沿革を整理する。そして次回の後編で、同社の事業モデルおよび成長戦略についてご紹介したい。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン
連載シリーズ (全16回)

成長企業の「戦略」特集

Zs5hkoilsu7y df24jgo g
AIレンディングで急成長「Upstart」はどのように生まれたか?
Zs5hkoilsu7y df24jgo g