時価総額1,000億ドルに迫る「Atlassian」その成長戦略を紐解く

時価総額1,000億ドルに迫る「Atlassian」その成長戦略を紐解く

特集

今回の記事では、オーストラリアのSaaS企業「Atlassian」の成長戦略について改めてご紹介する。

彼らが提供する代表製品は「Jira」。ドキュメント管理ツール「Confluence」などと合わせ、特にインターネット系の企業では触れたことのある方も少なくないだろう。

オーストラリア発の上場企業として、Atlassianは稀に見る成功を収めた。時価総額は目下981億ドル(≒11.1兆円)。三菱UFJグループ(9兆円)やKDDI(8.5兆円)、ファーストリテイリング(7.8兆円)よりも市場から高い評価を得ている。

チームを支援する生産性ツール。どこにでもあるようなシンプルな事業アイデアだが、世界中に広く行き渡るとこれだけのインパクトがある。彼らは今後、どのような存在を目指しているのだろうか。直近の決算報告を中心に紐解く。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。

連載シリーズ (全19回)

成長企業の「戦略」特集

Hf4xod0rhhmkzd0ctemmga
時価総額1,000億ドルに迫る「Atlassian」その成長戦略を紐解く
Hf4xod0rhhmkzd0ctemmga