海外売上が急拡大する銀行支援SaaS「nCino」の成長戦略

海外売上が急拡大する銀行支援SaaS「nCino」の成長戦略

注目企業

今回ご紹介するのは、2020年に上場したばかりの米国企業「nCino」だ。

2011年にライブオーク(LiveOak)銀行からスピンアウトして生まれたテクノロジー企業で、銀行向けの営業効率化ツールを提供している。

業務自動化による融資キャパシティの拡大、サービスコストの削減効果が評判を呼び、2017年よりバンクオブアメリカ、直近では4大銀行の一つである「ウェルズファーゴ」も利用をはじめた

ウェルズファーゴ導入のニュースで株価は急騰したが、上場来の推移はむしろ軟調。時価総額は71億ドルという水準だ。今回の記事では、nCinoの事業モデルおよび成長戦略について、詳しく確認する。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン
連載シリーズ (全16回)

成長企業の「戦略」特集

Lfbflkfkyr1wjrk9s8crlw
海外売上が急拡大する銀行支援SaaS「nCino」の成長戦略
Lfbflkfkyr1wjrk9s8crlw