ココナラの先輩格「Fiverr」後編:コロナ禍で急成長!その強みに迫る

ココナラの先輩格「Fiverr」後編:コロナ禍で急成長!その強みに迫る

注目企業

前回の続き)

2010年に創業したイスラエル企業「Fiverr」。当初は「5ドル固定で仕事を頼める」というアイデアが話題となり、爆発的なスタートを実現した。

Fiverrは2019年6月、ニューヨーク証券取引所に株式を上場。それから1年半あまりで、株価は10倍規模に拡大した。

3月に東証マザーズへの新規上場を予定している「ココナラ」は、Fiverrの日本版ともいうべきモデル。今回は、そんなFiverrの上場後について確認、その強みについてご紹介していきたい。

マーケティング投資効率がさらに改善

Fiverrのような両サイド型マーケットプレイス事業では、売り手と買い手をともに増やし続けることが経営上の主眼になる。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。

連載シリーズ (全17回)

成長企業の「戦略」特集

Qit9xaqhjfufg5bhrjpogq
ココナラの先輩格「Fiverr」後編:コロナ禍で急成長!その強みに迫る
Qit9xaqhjfufg5bhrjpogq