Apple製品のエンタープライズ向け管理「Jamf」の成長ストーリーが面白い

Apple製品のエンタープライズ向け管理「Jamf」の成長ストーリーが面白い

注目企業

今回ご紹介するのは、2020年7月にNASDAQへの新規上場を果たした「Jamf Holding」という企業だ。

Jamfが提供するのは、Apple製品のエンタープライズ向け端末管理。2002年の創業から20年弱、地道に成長を積み重ねてきた。

米国における「オペレーティング・システム」といえば、つい2009年まで「Windows」が92%を占めていた。それが2021年には30%まで下がり、Appleが46%でトップに。このうち31%分がiOSであり、15%分はMacOSだ。

強いのは北米だけではない。オセアニアや英国、北欧や日本など、いわゆる「先進国」の多くでトップシェアを握っているのがAppleである。

こうすると必然的に、企業におけるApple製品の需要も高まる。そして、エンタープライズ向けにApple製品の端末管理ソリューションを提供するのがJamfというわけだ。

今回は、Jamfのユニークな沿革について確認した上で、事業モデルや成長戦略について整理していく。

今ほど強くなかったApple製品「だけ」に専念

Jamfを創業したのはザック・ハルムスタッド(Zach Halmstad)という人物。

ハルムスタッドは2004年まで、UWEC(ウィスコンシン大学オークレア校)の大学生だった。学業の傍ら大学のIT部門でフルタイム勤務し、400を超える大学向けのMacを管理していた。

言うまでもなく、これは大変な作業だ。Windows向けに効率的なツールがあるのを見て「Apple製品でもやれないわけはない」と考える。こうして、自らツールを開発することを決める。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン