ウォーレン・バフェットが過去に行なった「株式以外」の投資を元に語る「投資の基本原則」とは

バークシャー・ハサウェイの2013年の「株主への手紙」に「Some Thoughts About Investing(投資に関する考え)」という項目があったのでメモしておきます。

内容は、バフェットが過去に行なった「株式以外」への投資について語ったもの。

かなり長いですが、彼の「投資」全般に対する考え方がよく現れています。



投資に関する考え

「投資は最もビジネスライクな時、最も賢明になる」ー『賢明なる投資家』ベンジャミン・グレアム著

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
連載シリーズ (全13回)

ウォーレン・バフェット特集

関連記事

GAFAMで最も株価が「割安」なのは?キャッシュフローから企業価値を比較してみる

GAFAMで最も株価が「割安」なのは?キャッシュフローから企業価値を比較してみる

GAFA(Alphabet、Amazon、Facebook、Apple)の決算が出揃ったので、今回はこの4社にMicrosoftを加えて比較記事を書いてみました。

ただ比較するだけだと面白くないので、ゴールとして「一番、時価総額が割安なのはどれか」というテーマを考えてみたいと思います。