3分でわかる「巨大IT企業」最新決算まとめ

3分でわかる「巨大IT企業」最新決算まとめ

決算まとめ

時価総額10兆円を超える巨大IT企業の2019年4~6月期(5~7月期)決算が出揃いました。

四半期売上トップはIBM(192億ドル)、OracleとAdobeは営業利益率30%超

売上が最も大きいのは192億ドルのIBMですが、業績の下降が続いています。

Cisco(134億ドル)やOracle(92億ドル)は横ばいで推移。アクセンチュア(111億ドル)やSAP(1ユーロ≒1.09ドルで換算した場合72.3億ドル)は堅調に増収しています。

SalesforceとAdobeは四半期で40億ドル程度と離されているものの、猛烈なスピードで差を縮めています。

営業利益は季節性の影響で捉えにくい部分もありますが、コンサルティング事業が中心のIBMとアクセンチュアは他5社と比べて収益性は低めです。

CiscoやOracle、Adobeは営業利益率30%前後を誇り、SalesforceはFY2018以降(2017年2月~)は黒字を続けています。

それでは、売上の大きい順に最近のトピックを整理していきます。

クラウドシフトに遅れるIBMを置いていく競合たち

【IBM】7月にRedHat買収を完了し、クラウド事業に懸ける

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

「Salesforce」20/1期2Q決算:Tableau買収で売上1.8兆円へ

「Salesforce」20/1期2Q決算:Tableau買収で売上1.8兆円へ

関連資料

SaaSの王者「Salesforce」(ティッカーシンボル:CRM)が2020年1月期2Q決算を発表しました。

さっそく業績推移をチェックしていきましょう。