オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(後編)

オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(後編)

1999年、ピーター・ティールやマックス・レブチンらは、紆余曲折を経てオンライン決済「PayPal」にたどり着きました。

一方のイーロン・マスクも「X.com」を設立し、同様の分野に参入。

一時は消耗合戦になりましたが、2000年に両社は統合。同じ方向を進むことを決定しました。

ところがその後、社内で内紛が勃発。CEOのイーロン・マスクは旅行中に解任され、辞めていたティールがカムバック。

さらには、会社の外側まで騒がしくなってきました。

チャージバックで会社が潰れそうに

当時のPayPalは急成長していたものの、損失も膨れ上がっていました。

クレジットカード詐欺とも戦わなければならず、カスタマーサポートにも莫大なコストがかかります。 

ルイジアナ州がPayPalの使用を一時的に禁止したり、Mastercardは「チャージバック」のあまりの多さに、PayPalから手を引こうと脅してくるなど、問題は山積み。

チャージバックとは、名前の通り「クレジットカードの支払いを取り消す」こと。第三者による不正利用などがあった場合などに、加盟店側が売上金の取り消しを余儀なくされます。

カード利用者の保護を目的とした仕組みで、あまりにPayPalによる不正が多く、チャージバックが増えすぎてしまったというわけです。

さらに大きな問題が、プラットフォームたるeBayがPayPalをよく思っていなかったこと。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
連載シリーズ (全20回)

決済サービスの歴史

U adjlrsccaxyp6hurcgbw
オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(後編)
U adjlrsccaxyp6hurcgbw
「アリペイ」の歴史①
「アリペイ」の歴史②
「アリペイ」の歴史③