ATMがデビットカード登場につながった?最盛期を迎えた米国クレジットカード産業

ATMがデビットカード登場につながった?最盛期を迎えた米国クレジットカード産業

前回の続き)

クレジットカードの歴史を考える上で欠かせないのが、テクノロジーの発展です。

大きな土台は、1965年にイギリスでキャッシュ・ディスペンサー(CD)が発明されたこと。

デラルゥ社のジョン・シェパード-バロンという人物が発明したと言われ、彼はバークレイズ銀行の頭取とのランチでプレゼン。

バークレイズ銀行は75台のマシンを購入、1967年からロンドン近郊で稼働することになりました。

ほぼ同時期にアメリカでも、ATM(現金自動預払機)がディーボルド社によって開発。

単に現金が出てくる「CD」とは異なり、クレジットカードを使って支払い、振替、預け入れまで行うことができました。

金融機関は、こぞってこの新技術に莫大な投資を行います。当時のキャッシュ・ディスペンサーの標準価格は1.7万ドル、ATMなら3万ドルといったところでした。

1974年までには、2500台を超えるキャッシュ・ディスペンサーやATMが設置され、それ以上が新たに発注されました。

カード会社もATM普及に多大な投資を行った

ATMが増え続ける一方、消費者はなかなか使おうとしませんでした。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
連載シリーズ (全20回)

決済サービスの歴史

X4ucsd2akk5so5btu1hk5w
ATMがデビットカード登場につながった?最盛期を迎えた米国クレジットカード産業
X4ucsd2akk5so5btu1hk5w
「アリペイ」の歴史①
「アリペイ」の歴史②
「アリペイ」の歴史③