国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史③

国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史③

前回の続き)

1987年から苦節12年、ようやくICカードの導入を決定したJR東日本。

椎橋氏は、ICカードシステムを開始するにあたって、最もインパクトのあるスタート日は、21世紀最初の日である「2001年1月1日」だと考えますが、時間はありません。

まず決めなければいけないのが、ICカードの「名前」です。

考えても良い案は浮かばず、スタッフが「広告代理店に頼んでコンペを行ったらどうか」と提案。

ICカードのコンセプトを理解してもらった上で、プロモーションに至るまでを含めたトータルでプレゼンを依頼します。

この結果、決まったのが「Suica」という名前。

「Super Urban Inteligent CArd」の頭文字をとったもので、「スイスイいけるICカード」という意味も込められています。

ペンギンのキャラクターを採用することも定まり、チャージ機能や自動精算など、より具体的なシステム開発が進められました。

ID機能と自律分散システム

システム要件を決めるにあたって、議論を呼んだのが「ID機能」です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
連載シリーズ (全20回)

決済サービスの歴史

Pxoddjqgotohdczlhvevow
国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史③
Pxoddjqgotohdczlhvevow
「アリペイ」の歴史①
「アリペイ」の歴史②
「アリペイ」の歴史③