Alphabet Inc.(Google親会社) 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 1兆366億6801万2674 ドル
銘柄コード GOOGL(NASDAQ)

Alphabet(アルファベット)は、世界最大の検索エンジン「Google」を傘下にもつ企業。オンライン広告市場では圧倒的なシェアを握り、その収益性を土台としてさまざまなテクノロジー事業に投資する。

モバイルOS「Android」は世界シェア7割を超え、こちらでも圧倒的なシェアを握る。近年はクラウドプラットフォームや動画配信サービス「YouTube」が成長を牽引している。

Googleの略史

Googleは1998年、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの二人によって設立された。二人はスタンフォード大の博士課程に在学しており、あくまで研究の一環としての始まりだった。

しかし、この検索エンジンが人気を博したことで、研究キャリアを諦めて会社を設立、ベンチャー起業家としての道を歩む。

Google略史

2000年に開始したキーワード広告「AdWords」によって収益性は劇的に向上し、2004年の新規上場時には未上場ベンチャーとしては有り得ないレベルの収益性をすでに実現していた。

2006年には動画配信プラットフォーム「YouTube」を買収。当時はボロクソに言われたが、その後長年の投資が実り、現在ではAlphabetにとって欠かせない成長事業となっている。

2015年にはAlphabet社を設立し、持株会社制に移行。2019年には創業者の二人が経営を退いた。

詳細は以下の記事を参照されたい。

最強の検索エンジン「Google」の始まり:最初の目的は検索ではなかった

概要

創設者のラリーとサーゲイが最初の創設者の手紙に書いたところによると「Googleは従来の会社ではありません。私たちはそうなるつもりはありません」 。

その型破りな精神は、GoogleおよびAlphabetの歴史を通じた原動力であり、人工知能(AI)や量子コンピューティングへの投資など、コンピューターサイエンスの深い問題に取り組むなどの刺激を与えてきたという。

Alphabetは企業のコレクションで、最大のものはGoogleだ。 Google以外のビジネスの多くはOther Betsとして報告される。Other Betsには、Googleのコアビジネスからさらに離れた初期段階のテクノロジーが含まれます。Alphabetは長期的な見方をとり、長期的な利益をもたらすために必要な規律と厳格さを備えたOther Betsのポートフォリオを管理する。

Alphabetのビジネスはそれぞれ、強力なリーダーと独立によって繁栄するように設計されているという。

万人のためのテクノロジー

インターネットは、世界で最も強力なイコライザーの1つであり、新しいアイデアや人々を前進させることができる。

今日、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにするというGoogleの使命は、1998年の創設時と同じくらい関連性があるという。

それ以来、Alphabetは、人々に役立つ企業への答えを見つけるのを支援する企業から進化した。誰にとってもより役立つGoogleの構築に注力している。知識、健康、幸福、成功を高めるために必要なツールをすべての人に提供することを目指している。

Google全体で、テクノロジーが人々の生活に影響を与える可能性のある分野で継続的に革新することに焦点を当てている。 AIにおける仕事は、より早く、より正確な洪水警報を生成するのに役立つ。

世界中の10億人以上の障害を持つ人々がGoogleの製品にアクセスできるように努めている。たとえば、Android 10には、ビデオ、ポッドキャスト、ボイスメール用の自動ライブキャプションがあり、電話で情報を簡単に利用できる。

Other Betsでも、同様の目標を持つイニシアチブを追求しています。たとえば、メトロフェニックス地域での取り組みの一環として、Waymoは、Verilyが健康上の結果を改善するためのツールとプラットフォームを開発している間、誰もが安全で簡単に移動できるようにするという目標に向かって取り組んでいる。

ムーンショット

多くの企業は、常に行っていることを快適に行い、少しずつ変更を加えていく。このインクリメンタリズムは、特にテクノロジーにおいて、変化が進化的ではなく革命的である場合に理想的とはいえない。

YouTubeとAndroidを買収したとき、およびChromeをリリースしたとき、人々はGoogleのことをクレイジーだと思ったが、これらの取り組みは、デジタルビデオおよびモバイルデバイスの主要なプラットフォームと、より人気のあるブラウザーに成長した。

Alphabetは、未来を見据え、長期的な投資を続けている。 最初の創設者の手紙で述べたように、プロジェクトのリスクが高かろうと、長期的な成功の鍵と思うのであれば、投資を怠ることはないという。

機械学習について

Google全体で、機械学習(AI)技術の重要性は年々増している。10年以上にわたる機械学習への投資により、よりスマートで役立つ製品を構築することができるようになったという。

ビジネスモデル

Googleの広告製品の目標は、適切なタイミングで適切な広告を配信し、使用しているデバイスに関係なく有用な商業情報を提供することだ。広告主の広告キャンペーンをより適切に評価および測定するためのツールも提供している。

Googleの広告ソリューションは、何百万もの企業がビジネスを成長させるのに役立ち、デバイスやフォーマットを問わず幅広い製品を提供している。主にパフォーマンス広告とブランド広告の両方を提供することで収益を生み出しています。

パフォーマンス広告

パフォーマンス広告は、ユーザーがクリックする関連広告を作成して配信し、広告主との直接的なエンゲージメントにつながる。

ほとんどのパフォーマンス広告主は、ユーザーが広告に従事したときに支払いを行う。パフォーマンス広告により、広告主はユーザーとつながり、測定可能な結果を​​もたらす。

Googleの広告ツールを使用すると、パフォーマンス広告主は、GoogleのプロパティとGoogleネットワークメンバーのプロパティに表示されるシンプルなテキストベースの広告を作成できる。さらに、Googleネットワークメンバーは、当社のプラットフォームを使用してプロパティに関連する広告を表示し、サイトの訪問者が広告を表示またはクリックしたときに収益を生み出す。Googleは引き続き広告プログラムに投資し、大幅なアップグレードを行っている。

ブランド広告

ブランド広告は、さまざまなデバイスで実行されるビデオ、テキスト、画像、およびその他のインタラクティブな広告を通じて、ユーザーの広告主の製品およびサービスに対する認識と親和性を高めるのに役立つ。

ブランド構築のマーケティングキャンペーンのために、ブランドの広告主が特定のオーディエンスにデジタルビデオやその他のタイプの広告を配信するのを支援する。

Googleは、広告主、代理店、およびパブリッシャーがデジタルマーケティングビジネスを強化するための世界クラスの広告技術プラットフォームを構築した。適切なタイミングで適切な広告を配信し、ブランドや代理店との深いパートナーシップを構築することで、優れたユーザーエクスペリエンスを確保することを目指している。また、広告の測定可能性を向上させて、キャンペーンが効果的である時期を広告主が知るようにする。

Googleは不適切な広告慣行を阻止し、Web上のユーザーを保護するために多くのリソースを割り当てた。無効なトラフィックの除外、毎年何十億もの悪い広告をシステムから削除することから、広告が表示されるサイト、アプリ、ビデオを綿密に監視してブラックリストに登録することまで、さまざまな方法でユーザーと広告主に最高の広告エクスペリエンスを作成することに焦点を当てているという。

Googleでは将来を見据え、Google Cloud、Google Play、ハードウェア、YouTubeなどの広告を超えて収益を拡大する長期的な投資を行っている。また、AIおよび量子コンピューティングの研究活動にも投資して、ビジネス全体でイノベーションを促進し、新しい機会を創出している。

ベンチャー企業への投資

いろいろやっている。今後追加予定。

関連リンク