Facebook, Inc. 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 6975億6327万9975 ドル
銘柄コード FB(NASDAQ)

フェイスブックはカリフォルニア州メンロパークに本社をおく企業。
2004年創業、2012年NASDAQに上場。
世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」を運営、月間アクティブユーザー数は20億人を超える。
海外ユーザーの比率は約85%。世界中に15,000人の従業員を有する。
創業者CEOはマーク・ザッカーバーグ、COOにシェリル・サンドバーグなどがいる。

ミッション

Facebook(フェイスブック)の使命は、人々にコミュニティを構築し、世界をより近づける力を与えることにある。

モバイルデバイス、パーソナルコンピューター、バーチャルリアリティヘッドセット、および家庭用デバイスを通じて人々が友人や家族とつながり、共有できるようにする有用で魅力的な製品を構築している。人々が自分の周りの世界で何が起こっているのかを発見して学ぶのを助け、人々が自分の意見、アイデア、写真やビデオ、および他の活動を、最も近い家族や友人から一般の人々に至るまでの聴衆と共有できるようにする。

事業内容

Facebook(フェイスブック)は、世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である『Facebook』を中心としたWebサービスの運営を主な事業として展開している。ユーザーが友達や家族とつながり、コミュニティを探し、ビジネスを成長させるため、FacebookはWebサービスを起点とした広告ソリューションやハードウェア製品等も提供している。

製品・サービス

Facebookが具体的に展開する主な製品は以下の通りである。

Facebook(フェイスブック)

『Facebook(Facebook)』を使用すると、モバイルデバイスやパーソナルコンピューター上で人々が相互に接続、共有、発見、および通信できる。ニュースフィード、ストーリー、マーケットプレイス、ウォッチなど、Facebookのユーザーと交流するにはさまざまな方法がある。

Instagram(インスタグラム)

『Instagram(インスタグラム)』は、人々を愛する人々や物事に近づける。ここは、人々が写真、ビデオ、Instagramフィードやストーリーなどのプライベートメッセージを通じて自分自身を表現し、ビジネス、クリエイター、ニッチなコミュニティへの関心を探求できる場所である。

Messenger(メッセンジャー)

『Messenger(メッセンジャー)』は、人々がプラットフォームやデバイスを越えて友人、家族、グループ、企業とつながるためのシンプルでありながら強力なメッセージングアプリケーションだ。

WhatsApp(ワッツアップ)

『WhatsApp(ワッツアップ)』は、世界中の人々や企業がプライベートな方法で通信するために使用する、シンプルで信頼性が高く安全なメッセージングアプリケーションとされている。

Oculus(オキュラス)

『Oculus(オキュラス)』はVR(バーチャルリアリティ)を体験できるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)やサービスを提供する。ハードウェア、ソフトウェア、および開発者エコシステムにより、世界中の人々がOculusバーチャルリアリティ製品を通じて集まり、相互に接続できる。

ビジネスモデル・収益構成

マーケティング担当者に広告枠を販売することで、ほとんどの収益を生み出している。広告により、マーケティング担当者は、年齢、性別、場所、興味、行動などのさまざまな要因に基づいてユーザーにアプローチできる。マーケティング担当者は、Facebookが提供するサービスやサードパーティのアプリケーション、Webサイトなど、複数の場所に表示される広告を購入する。

他のコンシューマ向けハードウェア製品や、拡張現実、人工知能(AI)、接続性の取り組みなど、多くの長期的な取り組みにも多額の投資を行っており、長期にわたってFacebookの使命をよりよく果たすのに役立つと信じているテクノロジーを開発している。

Advertising(広告収益)

Facebookの広告収入は、『Facebook』『Instagram』『Messenger』およびサードパーティが提携しているWebサイトやモバイルアプリに広告商品を表示することで発生する。マーケティング担当者は、配信されたインプレッション数、またはユーザーが行ったクリックなどのアクションの数に基づいて、直接、または広告代理店や再販業者との関係を通じて広告商品に対して支払いを行なう。

インプレッション型広告の表示収益は、インプレッションが配信された契約期間に認識している。インプレッションは、広告がユーザーに表示された時点で配信されたものとみなされる。アクション型広告の配信からの収益は、ユーザーがマーケターと契約したアクションを行った期間に認識する。広告表示数は、広告事業の進化や広告商品の構造の変化に伴い、方法論が変更される可能性がある。

広告単価は、広告収入の総額を広告配信数で割ったものであり、インプレッションやアクションなどの目的に関わらず、マーケターがインプレッションあたりに支払う効果的な価格を表している。Facebookがプリンシパルではない広告収入の取り決めについては、純額ベースで収益を認識している。

また、特定の収益取引については、契約上の約束額よりも低い対価を受領する場合があり、また、特定の顧客がキャッシュベースのインセンティブやクレジットを受領する場合がある。これは収益計上すべき金額を見積もる際に変動対価として会計処理される。Facebookは、変動対価の見積りに重要な変更はないと考えている。

Other Revenue

Facebookにおける広告以外の収益は、コンシューマー向けハードウェア機器の販売、決済インフラを利用しているデベロッパーから受け取る純手数料、およびその他の様々なソースからの収益で構成されている。

Deferred Revenue and Deposits(繰延収益、デポジット)

繰延収益のほとんどは、収益認識に先立ってマーケターから受け取る請求書や支払いで構成されている。デポジットは、主にFacebookのプラットフォーム上でゲームを購入するためにこれらの残高を使用するユーザーに代わって保有している未使用残高に関連している。この残高がユーザーによって利用されると、この金額の大部分が開発者に支払われ、残高は収益として認識される。

Facebookの支払条件は、提供する製品またはサービスによって異なる。請求から支払期日までの期間は重要ではない。特定の製品またはサービスおよび顧客の種類については、製品またはサービスが顧客に提供される前に支払いを要求している。

Practical Expedients and Exemptions(実務上の簡便法、控除)

販売手数料については、償却期間が1年以内であるため、一般的には発生した時点で費用化している。これらの費用は、連結損益計算書上では、セールス・マーケティング費用(S&M費)に計上される。

Facebookは、(i)当初の予定期間が1年以下の契約及び(ii)契約については、未達成の履行義務の価値を開示していない。また、Facebookは、Facebookが実施したサービスに対して請求権を有する金額で収益を認識している。

『Facebook』のKPI・経営指標

Facebookの主要な指標の数値は、ユーザーアカウントの活動に基づいて社内データを使用して計算されている。Facebookは2018年12月期まで、日次アクティブユーザー数(DAU:Daily Active Users)、月間アクティブユーザー数(MAU:Monthly Active Users)、ユーザー1人当たりの平均収益(ARPU:Average Revenue Per User)の推定値(総称して『Facebook』指標という)を報告してきたが、DAU、MAU、ARPUは『Facebook』『Messenger』のみのユーザー活動に基づいた数値であり、他の製品では報告していなかった。

日次アクティブユーザー数(DAU:Daily Active Users)

Facebookは日次アクティブユーザー数(DAU:Daily Active Users)を、特定の日にウェブサイトやモバイルデバイスから『Facebook』にアクセスしたり、『Messenger』アプリケーションを利用したりした登録済みでログインしている『Facebook』ユーザーと定義している。

月間アクティブユーザー数(MAU:Monthly Active Users)

Facebookは月間アクティブユーザー数(MAU:Monthly Active Users)を、測定日時点で過去30日間にウェブサイトやモバイルデバイスから『Facebook』にアクセスした、または『Messenger』アプリケーションを利用した登録済みでログインしている『Facebook』ユーザーと定義している。

FacebookはDAUおよびDAU/MAU比率をユーザーエンゲージメント指標として重視している。

収益指標

Facebookは、広告インプレッションが配信された地域、バーチャル商品やデジタル商品が購入された地域、または消費者向けハードウェアデバイスが出荷された地域の推定値に基づいて、『Facebook』ユーザーの地域別に収益を算出している。Facebookでは、ユーザー1人当たりの平均収益(ARPU:Average Revenue Per User)を、ある四半期中のある地域におけるFacebookの総収入を、その地域における四半期開始時と終了時のMAU数の平均で割ったものと定義している。

ARPUにはすべての収益源が含まれるが、この計算に使用されるMAUの数には、上記のMAUの定義に記載されている『Facebook』と『Messenger』のユーザーのみが含まれている。『Facebook』や『Messenger』のMAUではないユーザーからの収益の割合は小さく、重要ではない。

Facebookは現在、異なる地域のユーザーを異なる平均レートで収益化しているため、ユーザーの地域性はFacebookの収益と業績に影響を与える。米国およびカナダ、ヨーロッパなどの地域におけるFacebookの収益およびARPUは、主にこれらのオンラインおよびモバイル広告市場の規模と成熟度に起因して比較的高くなっている。例えば、2019年の米国&カナダ地域のARPUは、アジア太平洋地域の11倍以上であった。

『Facebook』指標の課題

Facebookは定期的に『Facebook』のメトリクスを評価し、MAUの中の「重複アカウント」と「偽アカウント」の数を推定している。重複アカウントとは、ユーザーがメインアカウントに加えて維持しているアカウントのことを指す。

Facebookは、「偽の」アカウントを2つのカテゴリに分類する。

(1) ユーザーがビジネス、組織、またはペットなどの非人間的なエンティティのために個人的なプロフィールを作成したユーザー誤分類アカウント(そのようなエンティティは、当社の利用規約では個人プロフィールではなくページを使用してFacebook上で許可されている)

(2)違反アカウントとは、ボットやスパムなど、当社の利用規約に違反する目的で使用されることが意図されているとFacebookが考えるユーザープロフィールを表すもの

重複アカウントと偽アカウントの推定値は、アカウントの限られたサンプルの内部レビューに基づいており、この判断には重要な判断が適用される。例えば、重複アカウントを特定するためには、同一のIPアドレスや類似のユーザー名などのデータシグナルを使用し、偽アカウントを特定するためには、偽物と思われる名前や、レビュー担当者には認証されていないように見えるその他の行動を探す。Facebookがこのプロセスで使用するデータシグナルへのアクセスが失われた場合、それがFacebook独自の製品決定の結果であれ、サードパーティのブラウザやモバイルプラットフォームによるアクションの結果であれ、規制や法律上の要件、またはその他の要因の結果であれ、Facebookの重複アカウントや偽アカウントの推定値の安定性や精度に影響を与える可能性がある。

また、Facebookの推定値は、新しいデータシグナルや技術の適用、または製品の変更など、Facebookの指標算出方法の進化に伴って変化する可能性がある。これにより、以前は検出されていなかった重複アカウントや偽アカウントを特定することが可能になり、Facebookのユーザーのより幅広い集団を評価する能力が向上する可能性がある。重複アカウントと偽アカウントは、Facebookの規模で測定することが非常に困難であり、実際の重複アカウントと偽アカウントの数がFacebookの予測と大きく異なる可能性がある。

2019年第4四半期には、重複アカウントが『Facebook』の全世界のMAUの約11%を占めている可能性があると推定している。重複アカウントの割合は、フィリピンやベトナムなどの発展途上国の市場では、より先進国の市場と比較して有意に高いと。

2019年第4四半期には、偽アカウントが全世界のMAUの約5%を占めている可能性があると推定している。虚偽アカウントの推定値は、インドネシアやベトナムなどの特定の国でより頻繁に発生していることが確認されており、そのようなアカウント作成の偶発的な急増の結果として変動する可能性がある。

Facebookは、特定のユーザーアカウントを無効化したり、製品を変更したり、ユーザー間の重複アカウントや偽アカウントの数を減らすための行動を取ることがあり、これもまた、特定の期間におけるDAUとMAUの推定値を減少させる可能性がある。Facebookは、MAUの重複アカウント数および虚偽アカウント数の推定値を毎年開示することを予定している。

Facebook「ファミリー」のKPI・経営指標

Facebookは2019年12月期アニュアルレポートより、測定期間中(四半期or年度)に『Facebook』『Instagram』『Messenger』『WhatsApp』のうち少なくとも1つの製品(以下、総称して「ファミリー」という)を訪問したユーザーの活動に基づいて、Facebookの日次アクティブ総ユーザー(DAP:Family Daily Active People)、月間アクティブ総ユーザー(MAP:Family Monthly Active People)、1人当たりの平均収益(ARPP:Average Revenue Per Person)の推定値(総称して「ファミリー」指標という)について報告を開始した。

「ファミリー」の測定基準は、Facebookのコミュニティの規模と、多くの人が複数の製品を利用しているという事実をよりよく反映している。その結果、米国証券取引委員会(SEC)に提出する定期報告書では、DAU、MAU、ARPUの代わりに、ファミリー指標を主要指標として報告する。

これらの数値は、該当する測定期間におけるFacebookのユーザーベースの合理的な推定値に基づいているが、世界中の大規模なオンラインおよびモバイル人口にまたがるFacebook製品の使用状況を測定するには、固有の課題がある。これらの指標を測定するために使用される方法論は、重大な判断を必要とし、アルゴリズムやその他の技術的なエラーの影響を受けやすい。さらに、Facebookはユーザーベースの推定値を継続的に改善しようとしており、そのような推定値は、Facebookの方法論の改善や変更により変更される可能性がある。

Facebookはこれらの指標の計算プロセスを定期的に見直し、随時、当社の指標に不正確な点を発見したり、精度を向上させるために調整を行っている。Facebookの過去の測定基準を再計算する能力は、データの制限や、そのような調整のために異なる方法論を適用する必要があるその他の要因によって影響を受ける可能性がある。ただし、Facebookは、誤差の範囲内にある不正確さや調整について、以前に開示されたファミリー・メトリクスを更新するつもりはない。さらに、FacebookのFacebookメトリクスおよびファミリー・メトリクスの推定値は、算出方法の違いにより、第三者が公表した推定値とは異なる。

日次アクティブユーザー(DAP:Family Daily Active People)

Facebookは、『Facebook』『Instagram』『Messenger』『WhatsApp』に登録してログインしているユーザーで、特定の日にモバイルアプリを介して、またはWebやモバイルブラウザを使用して、これらのファミリー製品の少なくとも1つにアクセスした人と定義している。

月間アクティブ総ユーザー(MAP:Family Monthly Active People)

Facebookでは月間アクティブ総ユーザー(MAP:Family Monthly Active People)を、測定日時点で過去30日間に、モバイルアプリを介して、Webまたはモバイルブラウザを使用して、1つ以上のファミリー製品の少なくとも1つにアクセスした、登録済みでログインしているユーザーと定義している。Facebookでは、MAPをFacebook製品を使用している人々のグローバルなアクティブ・コミュニティの規模を示す指標と考えている。

1人当たりの平均収益(ARPP:Average Revenue Per Person)

Facebookでは1人当たりの平均収益(ARPP:Average Revenue Per Person)を、ある四半期の総収入を、四半期開始時と終了時のMAP数の平均値で割ったものと定義している。ARPPにはすべての収益源が含まれているが、この計算に使用されるMAPは、上記のMAPの定義に記載されているように、Facebookのファミリー製品のユーザーのみが含まれている。MAPでないユーザーからの収益が占める割合は小さく、重要ではない。

「ファミリー」指標の課題

Facebookのコミュニティの多くの人々は、Facebookの複数の製品にユーザー・アカウントを持っており、中には個々の製品内で複数のユーザー・アカウントを持っているユーザーもいる。したがって、Facebookのファミリー指標では、Facebookのコミュニティの実際の規模を反映していないと考えられることから、Facebookでは製品全体のユーザーアカウントの総数をカウントしていない。つまり、Facebookのファミリー指標は、『Facebook』『Instagram』『Messenger』『WhatsApp』のうち少なくとも1つを利用しているユニークなユーザー数の推定値を表している。

Facebookでは、ユーザーが共通の識別子を使用したり、アカウントをリンクしてファミリー内の複数の製品を使用したりすることを求めていないため、製品内や製品間で複数のユーザーアカウントを個々のユーザーに帰属させる必要がある。これらの指標を計算するために、Facebookは、ユーザーアカウントの背後にある個人をカウントしようとする複雑な技術、アルゴリズム、機械学習モデルに依存している。これには、個々の製品内の複数のユーザーアカウントと複数の製品間の複数のユーザーアカウントを照合して、それらが単一の人物に帰属すると考えられる場合には、そのようなアカウントのグループを1人としてカウントするケースも含まれる。

ユーザーを特定する技術やモデルは、重要な判断を必要とし、保有データやその他の制限の対象となり、本質的に統計的な差異や不確実性の対象となる。Facebookは、主にユーザー調査データに基づいて「ファミリー」指標の潜在的な誤差を推定しており、これ自体も誤差の対象となる。Facebookの「ファミリー」指標の誤差は期間によって異なるが、一般的には全世界のMAPの約3%程度になると推定している。

Facebookの規模では、製品内および製品間で複数のユーザーアカウントを個々のユーザーに帰属させることは非常に困難であり、Facebook製品を使用しているユニークなユーザーの実際の数がFacebookの推定値と大きく異なる可能性があり、潜在的にはFacebookの推定誤差を超える可能性がある。その結果、Facebookの「ファミリー」指標がユーザー数の変化や傾向を示していても、実際の変化や傾向とは一致しない可能性がある。

FacebookはDAPとMAPの推定値を計算するために、現在、限られたユーザーアカウントのサンプルの内部レビューに基づいて開発された一連の機械学習モデルを使用している。これらのモデルは、限られたサンプルのユーザーアカウントの内部レビューに基づいて開発され、ユーザー調査データに基づいて調整される。例えば、個々の製品内や複数の製品間でユーザーアカウントを照合するために、類似したデバイス情報、IPアドレス、ユーザー名などのデータを使用している。また、

Facebook製品全体で規模や頻度が異なる定期的なユーザー調査のデータをもとにモデルを調整しているが、これらのデータは本質的に誤差が生じる可能性がある。さらに、Facebookが取得できるデータの制限は、Facebookのビジネスの特定の詳細についての理解に影響を与え、Facebookの「ファミリー」指標の推定値の誤差のリスクを高める可能性がある。

Facebookの技術やモデルは、さまざまな製品から得られるデータに依存しており、一部の製品では、他の製品と比較してより限定されたデータに依存している。例えば、暗号化された製品への可視性が限られているため、『WhatsApp』ユーザーアカウントからのデータは少なく、主に電話番号とデバイス情報に依存して、『WhatsApp』ユーザーアカウントと他の製品のアカウントを照合している。同様に、『Messenger Kids』ユーザーはFacebookの「ファミリー」指標に含まれているが、DAPおよびMAPを計算する目的で、他のアプリケーション上のアカウントとKidsのアカウントを一致させようとはしていない。

Facebookが「ファミリー」指標を計算するためのプロセスで使用するデータへのアクセスが失われた場合、それがFacebook独自の製品決定の結果であれ、サードパーティのブラウザやモバイルプラットフォームによるアクションの結果であれ、規制や法律上の要件であれ、その他の要因の結果であれ、Facebookが報告した「ファミリー」指標の安定性や正確性に影響を与える可能性がある。

また、Facebookの算出方法の進化に伴い、Facebookの「ファミリー」指標の推定値も変化する可能性がある。これには、新しいデータや技術の適用、製品の変更、またはFacebookのユーザー調査、アルゴリズム、機械学習のその他の改善により、Facebookの製品内および製品間でアカウントを照合する能力が向上したり、Facebookのユーザーの幅広い層を評価したりする可能性がある。さらに、このような進化により、以前は検出されなかった違反アカウントを特定できる可能性がある。

Facebookでは、違反アカウントがMAPに占める割合を推定するために、定期的に「ファミリー」指標を評価している。Facebookは、違反アカウントを「ボットやスパムなど、Facebookの利用規約に違反する目的で使用されることが意図されていると思われるアカウント」と定義している。

2019年第4四半期に、Facebookは世界のMAPの約3%が違反アカウントで構成されていると推定した。このような推定は、アカウントの限られたサンプルの内部レビューに基づいており、Facebookはこの判断に重要な判断を適用している。例えば、Facebookでは、『Facebook』や『Instagram』のアカウントに関連するアカウント情報や行動を調査しているが、『WhatsApp』のユーザー活動は暗号化されているため、可視性が限られている。

また、個人が1つ以上の違反アカウントを持っているとFacebookが判断した場合、違反アカウントを構成しないアカウントを1つ持っているとFacebookが判断している限り、そのような人物を違反アカウントの推定に含めることはない。

Facebookは特定のユーザーアカウントを無効化したり、製品を変更したり、ユーザーの違反アカウント数を減らすためにその他の行動を取ることがあり、その場合、特定の期間におけるDAPおよびMAPの推定値が減少する可能性がある。

Facebookは、違反アカウントのみで構成される当社のMAPの割合について、年間ベースで推定値を開示することを予定している。違反アカウントはFacebookの規模では測定が非常に困難であり、実際の違反アカウント数がFacebookの推定値と大きく異なる可能性がある。

ユーザーの地理的分布

Facebookは地理区分を「US & Canada」「Europe(ロシア、トルコを含む)」「Asia-Pacific」「Rest of World(アフリカ、ラテンアメリカ、中東を含む)」と定義している。

Facebookのユーザーの地理的位置に関するデータは、ユーザーのIPアドレスや自己開示された位置など、多くの要因に基づいて推定されている。これらの要因は、常にユーザーの実際の場所を正確に反映しているとは限らない。例えば、ユーザーの実際の場所からではなく、ユーザーが接続しているプロキシサーバーの場所からFacebookにアクセスしているように見える場合がある。また、Facebookの指標を測定するために使用される方法論は、アルゴリズムやその他の技術的なエラーの影響を受けやすく、ユーザーの場所別の収益やユーザーデバイス別の収益のFacebookの推定値も、これらの要因の影響を受ける。

競争環境

Facebookのビジネスの特徴は「革新・イノベーション」「急速な変化」「破壊的なテクノロジー」にある。

広告を販売する企業や、モバイルデバイスやオンラインでユーザーを引き付けるように設計されたソーシャル、メディア、コミュニケーションの製品やサービスを提供する企業と競争している。

コミュニケーションとコンテンツや情報の共有を促進する企業、マーケティング担当者が広告を表示できる企業、ビデオやその他の形式のメディアコンテンツを配信する企業、開発プラットフォームを提供する企業など、ビジネスのあらゆる面で大きな競争に直面している。

Facebookは、同社の製品を使用する人々を惹きつけ、引き付け、維持し、マーケティング担当者を惹きつけ、維持し、開発者を惹きつけ、維持し、製品と統合する魅力的なモバイルおよびWebアプリケーションを構築するために競争する。

また、次のものとも競合する。

•Facebookが提供する機能を複製する幅広いプラットフォームにわたって製品を提供する企業。たとえば、他の分野では、メッセージングではApple、広告とビデオではGoogleとYouTube、メッセージングとソーシャルメディアではTencentとSnap、ソーシャルメディアではBytedanceとTwitter、広告ではAmazonと競合する。

・地域のソーシャルネットワークとメッセージング製品を提供する企業。その多くは特定の国で強い地位を​​占めている。

・マーケティング担当者が視聴者にリーチするためのメディアを提供したり、広告キャンペーンを管理および最適化するためのツールやシステムを開発したりする従来のオンラインビジネスおよびモバイルビジネス。

・消費者向けハードウェアとバーチャルリアリティの製品とサービスを開発および提供する企業。

新製品の導入や取得、既存製品の進化、他社による新製品やサービスの導入などにより、競争が激化する可能性がある。

テクノロジー

Facebookの製品開発における哲学は、ソーシャル・バイ・デザインの製品を創造し、改善するための継続的なイノベーションを中心に据えている。ユーザーベースが成長し、動画などの製品への関心が高まり、AIなどの新技術への投資が深まるにつれ、Facebookのコンピューティングのニーズは拡大し続けている。

Facebookは、既存の製品やサービスを改善し、新しい製品を開発するためだけでなく、マーケティング担当者や開発者のためにも、テクノロジーに多額の投資を行っている。また、悪用に対するシステムを強化するために、人と技術の両方に投資して、プラットフォームのセキュリティ、プライバシー、完全性を保護している。

営業戦略・オペレーション

Facebookのマーケティング担当者の大半は、広告キャンペーンの立ち上げと管理にFacebookのセルフサービス広告プラットフォームを利用している。また、広告主を惹きつけて維持し、購入前の意思決定からリアルタイムの最適化、キャンペーン後の分析に至るまで、マーケティング サイクルの全段階で広告主をサポートすることに重点を置いたグローバルな営業部隊を擁している。Facebookは、これらの広告主と直接取引を行っているほか、広告代理店や再販業者を通じても取引を行っている。Facebookは世界各地に70以上のオフィスを展開しており、その大部分は営業拠点となっている。また、ユーザーやパートナーに直接カスタマーサポートを提供するために、セルフサービスツールにも投資している。

マーケティング戦略

歴史的に見ても、Facebookのコミュニティは有機的に成長してきたが、意識や関心を刺激するための社内努力に支えられて、友人を招待してリファラルを軸につながりを広げてきた。Facebookのブランドを成長させ、世界中でコミュニティを構築するために、Facebookの製品やサービスのマーケティングへ投資を継続している。

2019年の状況

  • Facebookの1日のアクティブユーザー(DAU)は、2019年12月の平均で16.6億人で、前年比9%増加した。
  • 2019年12月31日現在、Facebookの月間アクティブユーザー(MAU)は25億5,000万人で、前年比で8%増加した。
  • 2019年12月のグループ全体の平均日次アクティブユーザー数(DAP)は、平均で22.6億人で、前年比11%増加した。
  • 2019年12月31日現在、グループ全体の平均月間アクティブユーザー数(MAP)は28億9,900万人で、前年比9%増加した。

  • 売上高は前年比27%増の707.0億ドルで、広告収入は前年比27%増の696.6億ドルだった。

  • 総費用と費用は467.1億ドルだった。

  • 営業利益は239.9億ドルで、営業利益率は34%だった。

  • 純利益は184.8億ドルで、希薄化後1株当たり利益は$ 6.43だった。

  • ファイナンスリースの元本の支払いを含む設備投資は156.5億ドルだった。

  • 実効税率は25.5%だった。

  • 現金および現金同等物と市場性のある有価証券は、2019年12月31日時点で548.6億ドルだった。

  • 2019年12月31日現在の従業員数は44,942人で、前年比26%増加した。

2019年、Facebookは収益成長の主要な優先事項に引き続き重点を置いた。

(i)マーケティング担当者が当社製品を使用して消費者がどこにいても接続できるように支援し、(ii)広告の関連性と効果を高める。

Facebookは次の優先事項に基づいて投資した。人々にコミュニティを構築し、世界を近づける力を与えるという使命をさらに促進すると信じているという。

(i)安全性と保安 (ii)今日の人々の生活を有意義に改善する新しい体験を構築し、将来のさらに大きな改善の準備を整える。 (iii)成長し、雇用を創出するために私たちのサービスに依存している何百万ものビジネスをサポートすることにより、ビジネスを構築し続ける。 (iv)私たちが何をしているか、そして私たちのサービスが世界で果たす役割についてより透過的にコミュニケーションする。

Facebookはこれらの優先事項に基づいて投資を継続する予定であり、データセンターの容量、ネットワークインフラストラクチャ、およびオフィス設備への追加投資、および成長をサポートするための人員の拡大により、2020年も引き続き経費の増加が見込まれる。


*2019年12月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2020年1月29日)
*Global Ad Spending Update Alibaba, Facebook and Google to Capture Over 60% of Digital Ad Dollars in 2019
*US Digital Ad Spending Will Surpass Traditional in 2019