ターゲット・コーポレーション 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 589億5182万5092 ドル
銘柄コード TGT(NYSE)

事業内容

Target Corporation(ターゲット)は、日常の必需品やファッショナブルで差別化された商品を割引価格で提供する企業。食品を中心としてナショナルブランドから自社ブランドまで豊富な品揃えで販売しており、全米に1,800以上の店舗を展開しているほか、Target.comのオンラインビジネスも展開している。

Target Corporationでは、170,000平方フィート以上の店舗のほぼすべてで、従来のスーパーマーケットに匹敵する食品をナショナルブランドでフルライン提供していることが特徴である。売上の大部分は、ナショナルブランドの商品に関連したものとなっており、2019年の売上の約3分の1は、Target Corporationの所有するナショナルブランドから得たものであった。

Target Corporationはミネソタ州に本店があり、カリフォルニア州、テキサス州、フロリダ州、イリノイ州、ニューヨーク州の5つの州にある店舗が、総店舗数の約40%を占め、収益の大部分はこれらの州から得たものである。また、米国内に約40の配送センターを持っていて、他にも十数カ国にオフィスがあり、様々な取引や配送機能をサポートしている。 Target Corporationは、顧客が店舗やデジタルチャネルでシームレスに商品を購入できるように設計された単一セグメントとして運営されている。

Target Corporationの商品の大部分は、流通センターのネットワークを通じて店舗に届けられている。収益の約90%は店舗から得ており、残りはモバイルおよびオンライン販売からの収益である。

1946年以来、Target Corporationは利益の5%を地域社会に還元してきた。2019年2月2日時点で、"チームメンバー "と呼ばれるフルタイム、パートタイム、季節従業員約36万人を雇用している。

成長戦略

Target Corporationは、2017年以降、700店舗の改装を行い、2020年末までにさらに300店舗の改装を計画している。2020年度には30店舗以上のスモールフォーマットの店舗をオープンする予定である。また、Target Corporationは、同社最小の小型店舗の約半分である約6,000平方フィートの店舗用地の検討を開始し、都市部や大学のキャンパスでより多くの顧客に利用しやすいような店舗展開を行っている。

Target Corporationの商品の大部分は、物流センターのネットワークを通じて店舗に配送されている。一般の運送業者が流通センターとの間で商品の配送は行われている。また、一部の食品やその他の商品は、ベンダーや第三者の流通業者が直接店舗に配送を行っている。

一方、オンラインストアで販売された商品は、店舗、流通センター、ベンダー、第三者流通業者等の共通運送業者、Target Corporationの100%子会社である株式会社シプト(Shipt, Inc. (Shipt)による配送が行われている。Target Corporationの店舗において、デジタル発信の売上の大部分は処理されており、これにより、製品の質の向上、納期の短縮、配送コストの削減が可能となっている。

サプライチェーンのスピードと効率性を高めるために、Target Corporationは、2020年夏までに数百の店舗に在庫を補充することを目的として、全国で開発とテストを重ねてきたロボットソリューションのスケールアップを開始している。この技術により、通路ごとの正確な仕分けが可能になり、店舗のチームメンバーがより簡単かつ迅速に棚を埋めることができるようになると同時に、バックルームの在庫を削減できる。また、Target Corporationは2020年には、ニューヨークや南カリフォルニアなどの主要市場の近くに新たな倉庫を開設し、大量生産エリアの店舗への補充をより効率的に行う予定となっている。


2020年1月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2020年3月11日)