米ターゲット(前編)老舗デパートはなぜディスカウント店に転身したのか

米ターゲット(前編)老舗デパートはなぜディスカウント店に転身したのか

特集

米国のディスカウント店大手に「ターゲット」という会社がある。

第一号店の出店は1962年。今も業界トップの「ウォルマート」や、かつて市場を席巻した「Kマート」と同じ年だ。Kマートが舞台から姿を消したのとは対照的に、今も確固たる立ち位置を築いている。

ターゲットは、米国の小売業を語る上で外せない代表格と言える。小売企業の多くがAmazonやウォルマートの前に破れ去る中、独自路線で顧客の心を掴んできた。

そのルーツは、なんと「デパート(百貨店)」にある。しかし、デパートがなぜ、対極的とも言えるディスカウントストアに転身したのだろうか

ターゲットは今や全米に1700もの店舗を構え、売上高も10兆円を超える。今回はその創業からの流れを追っていきたい。

金融危機から始まる経営者キャリア

ターゲットの創業者はジョージ・ドレーパー・デイトン。1857年にニューヨークで生まれた。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン