規制当局、従業員との衝突を乗り越えて──チャレンジャーバンク「N26」の向かう先

規制当局、従業員との衝突を乗り越えて──チャレンジャーバンク「N26」の向かう先

スタートアップ

多くのテックジャイアント企業と同様、世界2番手のチャレンジャーバンクであるN26も、企業としての社会的責任がより一層問われるフェーズに差し掛かっている。

全世界で700万人のユーザーを抱え、創業から10年と経たずに約888億円の資金を調達したユニコーン企業が直面している、次なる課題。規制当局との衝突、従業員との摩擦、そして世界を襲ったパンデミックを乗り越え、「21世紀の銀行」の座を手にすることはできるのだろうか。

ドイツの銀行規制当局との衝突

銀行免許を取得しているとはいえ、それは必ずしも、伝統的な金融業界から歓迎されることを意味しない。多くの既存産業をディスラプトするスタートアップ同様、N26も規制当局との衝突を余儀なくされている

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。