「21世紀の銀行」を立ち上げる:チャレンジャーバンク「N26」創業史

「21世紀の銀行」を立ち上げる:チャレンジャーバンク「N26」創業史

スタートアップ

「産業を変革するのは、伝統的なプレイヤーではない」

投資銀行でファーストキャリアをスタートさせたものの、即座に退職し、フィンテックスタートアップの世界へと足を踏み入れた、とある起業家の言葉である

彼の名前は、バレンティン・スタルフ。世界で2番目のユーザー規模を誇るチャレンジャーバンク「N26」の共同創業者の一人だ。競合ひしめくチャレンジャーバンクの中でも「ライフスタイル・ブランド」として一際大きな存在感を発揮しているN26、その躍進の裏側を徹底解剖する。

ピーター・ティールも投資する 「21世紀の銀行」

「21世紀の銀行」──自らをそう定義するN26は、アプリひとつで総合的な金融サービスを利用できる、モバイルバンキングサービスだ。「#nobullshit」のハッシュタグでキャンペーンを展開している事実は、その思想を端的に象徴している。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン