店舗あたり売上が10年で倍増!米ホームセンター「ホームデポ」の戦略に迫る

店舗あたり売上が10年で倍増!米ホームセンター「ホームデポ」の戦略に迫る

決算まとめ

米ホームセンター最大手のホームデポが好調だ。巣ごもりによるDIY(日曜大工)需要の高まりを受け、2021年1月期の通期売上高は過去最高の1,321億ドルとなった。

4Q(2020年11月〜2021年1月)の売上高は前年比25.1%増の323億ドル。巣ごもり特需がピークとなった2Qからは減収となったが、前年比の増収率は加速している。

ホームデポの業績で注目すべきは、この10年間で店舗数は変わっていないのに売上が2倍になっていることだ。店舗ばかりが増え、売上は横ばいが続く日本のホームセンター業界とは対照的な状況でもある。

好業績の背景には、一体どんな戦略があるのだろうか。ホームデポの概要から近年の戦略、直近の状況までを確認しよう。

1990年以来、米国を代表するホームセンター

米国のホームセンター「ホームデポ」は1978年、バーニー・マーカスとアーサー・ブランクの二人によって創業された。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン