『Googleマップ』などの立役者!ジョン・ハンケの半生(前編)

『Googleマップ』などの立役者!ジョン・ハンケの半生(前編)

特集

以前、特集した「Google Maps」の歴史。

「Google Earth」やストリートビューを含め、Googleの地理情報サービスの原型になったのは、2004年に買収した2つのスタートアップ、Keyhole社とWhere2Technologies社です。

このうち、Google Earthなどを含め大きなバックボーンとなったのがKeyhole社。そして、そのKeyhole社でCEOを務めていたのがジョン・ハンケという人物です。

さらに、ジョン・ハンケが成し遂げたのはこれだけではありません。2010年にはGoogle社内スタートアップとして『Niantic Labs』をスタート。

そう、世界中で大ヒットした『ポケモンGo』を生み出したあのNianticの創業者でもあるのです。Nianticは2015年にGoogleから独立し、今はユニコーン・ベンチャーとして来るべきAR全盛の時代に備えています。

2020年は5Gが普及し、我々の通信環境は大きく変化すると言われています。そうした中で本領を発揮しそうな技術の一つが「AR」。その第一人者ともいえるジョン・ハンケとは、一体どんな人生を送ってきたのでしょうか。

人口1,000人のテキサスの片田舎

ジョン・ハンケは1966年、アメリカのテキサス州で生まれました。産みの母親は未婚だったため、とある農家に養子として預けられます。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。