シスコ・システムズ 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 2308億1198万8000 ドル
銘柄コード CSCO(NASDAQ)

シスコシステムズは米国カリフォルニア州サンノゼに本社をおく企業。
スタンフォード大学のコンピュータオペレーションスタッフとして共に働いていたレン・ボサックとサンディ・ラーナーの夫妻が、別々の建物同士でメールを送り合うことができなかったことをきっかけに1984年に創業。
ルーターなどのネットワーク機器を販売し、1990年にナスダックに上場。
現CEOは2015年に就任した、チャック・ロビンズ。


事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

Cisco Systems, Inc.(シスコシステムズ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに本社を置く、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社。1984年、スタンフォード大学に勤めていたLeonard Bosack氏と妻・Sandy Lerner氏によって設立された。1990年にはNASDAQへ株式上場を果たし、1990年代後半からは「Stratacom」「Cerent」「KPMG Consulting」などを次々と買収することで事業規模を拡大。2000年には時価総額が一時5,000億ドルを超えて世界最大となった。2007年にはビデオ会議「Webex」を買収、その後も積極的な買収戦略を遂行することでネットワーク機器市場で最大規模のシェアを維持している。

事業内容

Cisco Systemsは、ネットワーク システム、ソリューションの販売を中核事業としている。また、コンピュータネットワークに関するサービスやアプリケーションも提供している。

Cisco Systemsは顧客の業務環境を短期間で構築するための「シスコ検証済みデザイン(CVD)ガイド」を整備しており、「ネットワーキング」「クラウド」「セキュリティ」「データセンター」「コラボレーション」といったカテゴリのほか業界別ソリューションも提供している。

成長戦略

Cisco Systemsの顧客が企業に何十億もの新しい接続を追加し、より多くのアプリケーションがマルチクラウド環境に移行するにつれて、ネットワークはより一層より重要になってきている。Cisco Systems, Inc.の顧客は、かつてないスピードで変化に対応しており、Cisco Systemsの使命は変革を支援することで、お客様の新たな可能性を鼓舞することである。

Cisco Systemsは、インフラストラクチャ、アプリケーションと分析の拡張、セキュリティのニーズへの対応、チームの強化を実現する。Cisco Systemsは、より安全で、ソフトウェアで定義され、自動化されているインテリジェントなプラットフォームを顧客に提供していく。Cisco Systemsは、クラウドセキュリティ、クラウドコラボレーション、アプリケーションインサイトなどの特定の製品分野における研究開発(R&D)投資を拡大している。

また、Cisco Systemsは、教育、ヘルスケア、その他の特定の産業への応用に向けて製品を最適化するための投資を行ってもいる。顧客をサポートするための投資にも注力し、Software-Defined Wide Area Network(SD-WAN)、マルチクラウド環境、5G および WiFi-6、400G 速度、光ネットワーク、次世代シリコン、および人工知能(AI)を活用した ネットワークの機能をサービスとして提供できるようにするための取り組みも加速していくことを予定している。

ネットワーク機器製品・技術

Cisco Systemsのインフラストラクチャ・プラットフォームは、スイッチング、ルーティング、ワイヤレス、データセンター製品などのCisco Systemsのコア・ネットワーキング・テクノロジーで構成されており、これらの製品は次のように連携して動作するように設計されている。

Cisco Systemsのインフラストラクチャ・プラットフォームは、ネットワーク機能を提供し、データの転送や保存を行うことができる。これらの技術は、ハードウェアとソフトウェアの両方で活用されている。Cisco Systemsは継続的にコア・ネットワーキング・ポートフォリオのソフトウェアとサブスクリプションへのビジネスの移行を進め、ソフトウェアの提供を拡大していくことを目指している。これは、Cisco Systemsのエンタープライズ・ネットワーキング・ポートフォリオ全体でクラウドマネージド・ソリューションへの移行を継続することを目的としたものであり、今後も、インテントベースのインフラストラクチャの拡大を継続していくことを予定している。

また、Cisco Systemsでは、インフラストラクチャ・プラットフォームのシンプルさ、自動化、セキュリティに焦点を当て、企業がIT全体のユーザー、デバイス、アプリケーションの相互作用を管理できるようにしている。Cisco Systems, Inc.はデータセンター向けの『Nexus 9000シリーズ』のスイッチからスタートし、Application Centric Infrastructure (ACI)とともにセキュリティ、プログラマビリティの強化を実現した。これによって、パフォーマンスを向上させながら、運用コストを削減することができる。Cisco Systemsの『Cisco Catalyst 9000シリーズ』のスイッチは、セキュリティ、モビリティ、IoT、クラウド向けに開発されたものである。これらのスイッチは、Cisco DNA の原則に基づいて構築された、Cisco Systemsがリードするエンタープライズ アーキテクチャの基盤を形成した。

ACI をパブリックおよびプライベート クラウドに拡張することで、SD-Access と Cisco DNA Center をエンタープライズ ネットワーキング ポートフォリオ全体に拡張してきた。エンタープライズ・ネットワーキング・ポートフォリオのための統一されたオペレーティング・システムとポリシー管理プラットフォームを持つことで、お客様のネットワーキング・ポートフォリオ全体のシンプルさと一貫性を実現している。

Cisco Systemsの製品は、『Cisco Talos テクノロジー』をベースにしたクラウド配信型の脅威インテリジェンスを搭載している。これらの製品はすべて、Cisco Systemsの統合されたサイバーセキュリティアーキテクチャの一部であり、お客様が脅威から継続的に防御することでリスクに立ち向かうことができるように設計されていることが特徴である。

アプリケーション

アプリケーション製品のカテゴリーは、主にコアネットワーキングとデータセンターのプラットフォームを利用して機能を提供するソフトウェア関連の製品で構成されている。Cisco Systemsのアプリケーション製品は、ハードウェアとソフトウェア ベースのソリューションの両方で構成されており、ソフトウェアライセンスとSaaSいずれかの形態で提供される。アプリケーションには、Cisco Systemsのコラボレーション製品(ユニファイド コミュニケーション、Cisco TelePresence、会議)、および「AppDynamics」とIoT ソフトウェア製品が含まれる。

Cisco Systemsのコラボレーション戦略は、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークの力を組み合わせた革新的なソリューションを創造することで、コミュニケーションをより効果的に、より包括的に、よりシンプルにすることにある。クラウド、プレミス、またはハイブリッド環境から提供可能なエンドツーエンドのソリューションを提供し、携帯電話、タブレット、デスクトップおよびラップトップコンピュータ、ビデオユニット、コラボレーションアプライアンスなどの幅広いデバイス/エンドポイントで固定およびモバイルネットワーク上の音声、ビデオ、メッセージングを統合している。

Cisco Systemsのコグニティブ・コラボレーションは、Webexポートフォリオ全体でAIと機械学習を統合し、インテリジェンスとコンテキストをもたらして、お客様がよりスマートに作業し、生産性を向上させるのを支援する。Webexのクラウド・コンタクトセンター・ソリューションは、企業とその顧客のために、より良い顧客体験を実現するための俊敏性、柔軟性、拡張性、セキュリティ、効率性、革新性を提供するように設計されている。オンプレミスのコラボレーション市場向けには、マルチパーティのインターネットプロトコル(IP)電話を発売し、サードパーティのコールコントロールプラットフォームへのリーチを拡大するとともに、市場をリードするCisco SystemsのIP電話事業との革新的な統合を提供する新シリーズのtelephony headsetsを投入した。

Cisco Systemsの分析ソリューションは、エンドユーザー・エクスペリエンスとアプリケーション・パフォーマンスをビジネスの成果に結びつけることで、一貫して高品質なデジタル・エクスペリエンスを提供することを目指している。Cisco Systemsのアプリケーションは、アプリケーション・パフォーマンスとビジネス・パフォーマンス・データをリアルタイムで監視、相関、分析、アクションを行う。この自動化されたクロススタックインテリジェンスにより、開発者、ITオペレーション、ビジネスオーナーは、ミッションクリティカルで戦略的な改善を行うことができる。

接続されたIoTデバイスの数が増え続ける中、IoTへの投資を続けている。Cisco Systemsの「Control Center Platform」は、企業が接続されたIoTデバイスのライフサイクルを自動化することを可能にし、IoTデバイスのオンボード、管理、収益化を自動的かつリモートで行うように設計されたツールなどを提供する。

セキュリティ

セキュリティ製品カテゴリーには、主にネットワークセキュリティ、クラウドおよび電子メールセキュリティ、アイデンティティおよびアクセス管理、高度な脅威からの保護、統合脅威管理製品が含まれている。Cisco Systemsの製品は、「Cisco Talos」テクノロジーをベースにしたクラウド配信型の脅威インテリジェンスを搭載している。これらの製品はすべて、Cisco Systemsの統合サイバーセキュリティアーキテクチャの一部であり、顧客が環境全体で継続的に脅威を防御し、信頼性を検証することでリスクに立ち向かうことができるように設計されている。規模や業界を問わず、顧客にとってセキュリティは最優先事項であり続けている。

Cisco Systemsのセキュリティソリューションは、クラウド、ネットワーク、モバイルワーカーの間で、ユーザー、デバイス、アプリケーション間の信頼関係の基盤構築に役立つ。Cisco Systemsのポートフォリオ全体でセキュリティを統合し続けている。Cisco Systemsのソリューションは、ターゲットを絞った場合、最先端の脅威を継続的に検出して修復することで、攻撃を防ぐことができる。

セキュリティプラットフォームへの投資には、「Duo Security(以下「Duo」)」の継続的な統合による「ゼロトラスト」アーキテクチャの拡張や、「Umbrella」とCisco SystemsのSD-WANソリューションとの統合による、セキュアアクセスサービスエッジ(以下「SASE」)に向けた顧客のネットワーク変革のセキュリティ確保の支援などが含まれる。この統合アーキテクチャをベースに、Cisco Securityの幅広いポートフォリオを統合したセキュリティプラットフォームである「SecureX」を立ち上げ、顧客のセキュリティライフサイクル全体での対応を加速させた。

その他製品

その他の製品カテゴリーは、主にクラウド製品やシステム管理製品、エマージングテクノロジー製品で構成されている。

サービス

機器・製品・ソフトウェアの提供に加えて、Cisco Systemsはお客様に幅広いサービスとサポートオプションを提供している。Cisco Systemsの総合的なサービスとサポートは、エンドツーエンドのカスタマーエクスペリエンスを担当するカスタマーエクスペリエンスという1つの組織に集約されている。Cisco Systemsのサポートおよびメンテナンスサービスは、顧客の製品が効率的に動作し、利用可能な状態を維持し、最新のシステムおよびアプリケーションソフトウェアの恩恵を受けることができるように支援する。これらのサービスは、顧客のネットワーク投資を保護し、リスクを管理し、ミッションクリティカルなアプリケーションを実行するシステムのダウンタイムを最小限に抑えるのに役立つ。

「Cisco Smart Services」は、Cisco Systems製品のインストールベースと顧客接続から得られるインテリジェンスを活用して、顧客とパートナーのネットワーク投資を保護し、最適化するサービス。Cisco Systemsは、これらのサービスを従来のハードウェアサポートからソフトウェア、ソリューション、プレミアム サポートへと拡大している。

また、特定のネットワークニーズに対応した技術のレスポンシブ、予防的、コンサルティング的なサポートに重点を置いた総合的なアドバイザリーサービスも提供している。Cisco Systemsは、ソフトウェア、クラウド、セキュリティ、アナリティクスの各分野でアドバイザリーサービスへの投資と拡大を進めており、これは顧客の成果を販売するというCisco Systemsの戦略を反映している。

Cisco Systemsは、「製品やサービスの向上を推進するために技術アドバイザリーサービスを活用すること」「顧客が新しい技術プラットフォームへの移行を可能にするツール、専門知識、方法論を提供するアセスメントおよび移行サービスを提供すること」「顧客のビジネス期待に沿った最適化サービスを提供すること」の3つの優先事項に重点を置いている。

顧客

顧客のIT、コラボレーション、ネットワーキングの要件には多くの要因が影響を及ぼす。これには、組織の規模、テクノロジーシステムの数と種類、地理的な位置、顧客のネットワーク全体に展開されているビジネスアプリケーションなどが含まれる。顧客の顧客基盤は、特定の業界、地域、または市場セグメントに限定されない。2017年〜2020年にかけて、単一の顧客が売上高の10%以上を占めることはなかった。Cisco Systemsの顧客は主に、「Enterprise」「Commercial」「Service Providers」「Public Sector」などの市場で事業を展開している。

Enterprise

「Enterprise」(エンタープライズ・ビジネス)の顧客は、複数の拠点や支店を持つ地域、国、またはグローバルな大規模組織であり、通常は1,000人以上の従業員を雇用している。多くの企業は、マルチベンダー環境の中で独自のIT、コラボレーション、ネットワーキングのニーズを持っている。Cisco Systemsは、主にサービス・プロバイダー・パートナーを通じて、サービス・サポート・パッケージ、融資、マネージド・ネットワーク・サービスを提供している。これらの製品は、サードパーティのアプリケーション・ベンダーやテクノロジー・ベンダー、チャネル・パートナーのネットワークを通じて販売しているほか、これらの顧客に直接販売している。

Commercial

Cisco Systemsでは、一般的に従業員数が1,000人未満の組織を「Commercial」(コマーシャル・ビジネス)と定義している。Cisco Systemsは、ダイレクトセールスとチャネル・パートナーを組み合わせて、コマーシャル市場内の大規模な顧客(Mid-Market:中間市場)の顧客に販売している。これらの顧客は、一般的に企業の顧客が必要とする最新の高度な技術を必要とするが、その複雑性はEnterpriseに比べて低い。中小企業や従業員数100人未満の組織は、設定、インストール、保守が容易な情報技術や通信製品を必要としている。Cisco Systemsは、主にチャネル・パートナーを通じて、このような小規模な組織にコマーシャル市場での販売を行っている。

Service Providers

Service Providers(サービス・プロバイダー)は、世界中の企業、政府、公共事業、消費者にデータ、音声、ビデオ、モバイル/ワイヤレスのサービスを提供している。この市場には、地域、国内、国際的な有線通信事業者、ウェブ事業者、インターネット、ケーブル、ワイヤレスの各事業者が含まれる。また、通信業界では従来のネットワークベース、コンテンツベース、アプリケーションベースのサービスの間で境界線が曖昧になりつつあるため、Cisco Systemsのサービスプロバイダ市場にはメディア、放送、コンテンツプロバイダも含まれている。

Service Providersは、Cisco Systemsの製品やサービスを自社のネットワークに使用している。また、多くのService Providersは、Cisco Systemsのデータセンター、仮想化、コラボレーション技術を使用して、マネージドサービスやインターネットベースのサービスをビジネス顧客に提供している。他の顧客と比較して、Service Providersはネットワークの規模が大きく複雑であるため、ネットワーク設計、導入、サポートサービスを必要とする可能性が高い。

Public Sector

Public Sector(公共部門)の事業体には、連邦政府、州政府、地方自治体、および教育機関の顧客が含まれる。多くのPublic Sector顧客は、マルチベンダー環境の中で独自のIT、コラボレーション、ネットワーキングのニーズを持っている。Cisco Systemsは、直接販売だけでなく、サードパーティのアプリケーションベンダーやテクノロジーベンダー、チャネルパートナーのネットワークを通じて、Public Sector顧客に製品・サービスを提供している。

ビジネスモデル

Cisco Systemsは、顧客の進化するニーズに対応するために、製品を変革し続けている。歴史的に、Cisco Systemsのさまざまなネットワーキング・テクノロジー製品は、それぞれの製品カテゴリに沿ったものだった。しかし近年、Cisco Systemsの製品は複数の製品カテゴリにまたがることが多くなっている。Cisco Systemsのコア・ネットワーキングが進化するにつれ、Cisco Systemsのコア・ネットワーキング・プラットフォーム全体で共通のソフトウェア機能がより多く追加されると予想される。Cisco Systemsは、提供するソフトウェアの量を増やし、サブスクリプション・ソフトウェアの割合を増やしている。

Cisco Systemsでは、システム・ソフトウェア、オンプレミス・ソフトウェア、ハイブリッド・ソフトウェア、SaaS オファリングなど、さまざまな種類のソフトウェアを提供している。収益化の観点から、Cisco Systemsのソフトウェア製品は、SaaS、タームライセンス、永久ライセンスなどのサブスクリプション契約の大まかなカテゴリーに分類される。

営業活動

Cisco Systemsの全世界の営業・マーケティング機能は、マネージャー、営業担当者、技術サポート担当者を含む約2万5,800人の従業員で構成されている(2020年7月末時点)。Cisco Systemsは95カ国にフィールドセールスオフィスを設置しており、Cisco Systemsの製品やサービスを直接販売するだけでなく、営業企画部のサポートを受けながら、さまざまなチャネルを通じて販売している。Cisco Systemsの製品およびサービスの大部分はチャネル・パートナーを通じて販売されており、残りの部分は直販で販売されている。チャネルパートナーには、システムインテグレータ、サービスプロバイダ、その他の再販業者、ディストリビュータなどが含まれる。

システムインテグレータやサービスプロバイダは通常、エンドユーザーに直接販売し、ネットワーク機器の販売に加えて、システムのインストール、テクニカルサポート、プロフェッショナルサービス、その他のサポートサービスを提供することが多い。また、システム・インテグレータは、通常、Cisco Systemsの製品を全体的なソリューションに統合する。

ディストリビューターは通常、在庫を保有し、システムインテグレーター、サービスプロバイダー、その他の再販業者に販売している。Cisco Systemsは、流通業者や販売代理店を通じた販売、最終顧客への販売という二段構えのシステム( two-tier system)を構築している。2019年7月期より、収益認識に関連する新たな会計基準である「ASC606:顧客との契約からの収益」の適用に関連して、Cisco Systemsは2層構造の販売代理店からの収益をセルイン方式(製品を販売代理店に出荷した時点で売上の計上を開始する)で認識するようになった。これまでは、販売代理店から提供された販売時点情報を用いて、セルスルー方式(製品がエンドユーザーへ販売されたとの報告を販売代理店から受け取るまで売上を計上しない)で収益を認識していた。

販売代理店は、一般的に在庫の一部返却、販売価格の変動に対するクレジット、一定のリベート、各種の販売協力プログラムへの参加などの条件を与えられているが、ASC606におけるセルイン方式では、Cisco Systemsグループは、このような条件の下での収益認識を行うことができない。

Cisco Systemsの二層流通チャネルへの販売に関連した在庫管理は複雑であり、過剰在庫は当社の粗利益率に悪影響を及ぼす可能性がある。

Cisco Systemsのサービスは、コンサルティング、技術、プロジェクト、品質、ソフトウェアのメンテナンスサービス、テクニカルアシスタンスセンターを通じた24時間のオンラインサポートや電話サポートなどを通じて、Cisco Systemsの製品を補完する。

販売時の融資手配

Cisco Systemsは、ネットワークの構築、維持、アップグレードを行うために、特定の適格な顧客に対して融資の手配を行っている。Cisco Systemsは、特に大規模なインフラプロジェクトに関わる顧客にとって、顧客の資金調達はビジネスを獲得する上での競争上の優位性であると考えてる。Cisco Systemsの資金調達の取り決めには、「リース(Sales-type:販売型、Direct financing:直接金融、Operating:オペレーティングリース)」「ローン」「融資サービス契約(Financed service contracts)」「チャネル融資(Channels financing arrangements)」「エンドユーザー向け融資(End-user financing arrangements)」等がある。


2020年7月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2020年9月3日)