ネットワーク機器で世界最大手「シスコ・システムズ」の決算数値を図解!

今回取り上げるのはネットワーク機器世界最大手の「シスコ・システムズ」です。

創業は1984年で、スタンフォード大学のコンピュータ科学者として共に働いていたレン・ボサックとサンディ・ラーナーの夫妻が、別の建物同士でメールを送り合うことができなかったことがきっかけ(社名の由来は「サンフランシスコ」の「シスコ」)。

最初の実験はスタンフォードのキャンパスの異なる建物の間で別々のネットワークをルーターなどで接続することから始まりました。

彼らのビジョンは異なるネットワーク同士で通信が行えるようにすることで、そのためには異なるローカルプロトコル同士をつなぐ新しい技術を開発する必要がありました。

そしてマルチ・プロトコル・ルーターを開発。


このように、インターネットの普及に先駆けて創業したのがシスコ・システムズという会社です。

1986年にようやく一人目の従業員を雇い、1987年には名門VCのセコイア・キャピタルから出資を受けます。

1989年には3つの製品と111人の従業員で2700万ドルもの売上を達成。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン