アクセンチュア 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 1396億5259万3091 ドル
銘柄コード ACN(NYSE)

アクセンチュアはアイルランドのダブリンに本社をおくグローバルなコンサルティング・ファーム。1989年に監査法人のアーサー・アンダーセンから分社化され、アンダーセン・コンサルティングとして設立された。2000年にはアーサー・アンダーセンから完全に独立の企業体となり、その条件として「アンダーセン」の名前を手放すことに。2001年に社名をアクセンチュアに変更し、同年にニューヨーク証券取引所に上場。

事業内容

Accenture PLC(以下、Accenture)は、約492,000人の従業員を擁する世界有数のプロフェッショナル・サービス企業であり、幅広い分野の顧客にコンサルティング事業を展開している。デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域を中心に、「ストラテジー&コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー「オペレーション」を対象としたサービスを提供している。

Accentureは、もともと米国に本社を置く企業であったが、バミューダに登記上の本社を移した後、2009年9月にアイルランドのダブリンに本社を移した。2018年3月13日、Accentureの子会社であったAccenture Holding PLCは、Accentureを存続会社として合併し、会社としての規模は大きくなった。

Accentureは、北米、欧州、成長市場(アジア太平洋、ラテンアメリカ、アフリカ、中東)という3つの市場を中心に事業を展開しており、戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションの各分野の専門家を組織全体から集めて、エンドツーエンドのサービスとソリューションを提供している。

サービス・強み

Accentureは売上の大部分をデジタル、クラウド、セキュリティ関連サービスが占めている。

Accentureは、1つの共通ブランドとビジネスモデルでグローバルに事業を展開しており、世界中の顧客に同じ高水準のサービスを提供する企業である。業界や機能に関する専門知識、技術力やイノベーション能力、アライアンス関係、グローバルな配信リソースを組み合わせて、差別化された革新的なサービスを提供することで、顧客のビジネスパフォーマンスを大幅に向上させ、顧客やステークホルダーの皆様に持続可能な価値を創造することを目指している。グローバルに事業を展開しており、統合されたチームを素早く組み立てて、高品質で費用対効果の高いソリューションをに提供することができる。

Accentureの5つの事業グループは13の業界グループに即して組織されており、40を超える業界の顧客にグローバルにサービスを提供している。業界に焦点を当てることで、業界の進化、ビジネス課題、適用されるテクノロジーを理解し、各クライアントに合わせた革新的なソリューションを提供したり、必要に応じて複数のクライアントに対してより標準化された機能を提供したりすることができるようになっている。

Accentureは、業界と技術の差別化に焦点を当てた戦略を実行し、顧客に価値を提供するためのイノベーション主導のアプローチを強化していくことを予定している。グローバルな組織であることを活用しながら、地域に密着した方法で顧客にサービスを提供する。成長戦略の一環として、戦略的買収、資産とサービスの提供、ブランディング、人材の誘致と育成に多額の投資を継続し、差別化と競争力のさらなる強化をはかっていく。

競争力の源泉

2019年8月31日現在、Accentureは約492,000人を雇用し、51カ国200都市以上にオフィスと事業を展開している。世界をリードするコンサルティング会社として人材の育成にAccentureは多額の投資を行っており、彼らがAccentureの競争力の源泉となっている。

人材とイノベーションをリードする組織として、Accentureの重要な目標の一つは、高度に専門化されたスキルを持った優秀な人材を事業全体に配置して差別化と競争力の駆動力となることである。

Accentureは、社員が継続的に学習する機会を確保するために、社員に投資することに深くコミットしている。オンデマンドのデジタル環境で、個人に合わせてカスタマイズされたキャリアを形成できるようにすることで、個人の成長を促していく。

Accentureは、社員に継続的なフィードバックを提供しており、社員は個人と会社の業績に基づいて評価されている。Accentureの企業文化は、コアバリュー、企業倫理規範、および以下のような揺るぎないコミットメントによって支えられたものである。

2019年8月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2019年10月29日)