アクセンチュア 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 1813億3743万5000 ドル
銘柄コード ACN(NYSE)

アクセンチュアはアイルランドのダブリンに本社をおくグローバルなコンサルティング・ファーム。1989年に監査法人のアーサー・アンダーセンから分社化され、アンダーセン・コンサルティングとして設立された。2000年にはアーサー・アンダーセンから完全に独立の企業体となり、その条件として「アンダーセン」の名前を手放すことに。2001年に社名をアクセンチュアに変更し、同年にニューヨーク証券取引所に上場。


事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

Accenture PLC(アクセンチュア)はアイルランド・ダブリンに本社を置くグローバル・コンサルティング・ファーム。1913年設立の監査法人「アーサー・アンダーセン」を源流とし、1953年にテクノロジー関連コンサルティング部門を立ち上げて電子情報システムの開発・統合サポートといったコンサルティング業務を開始した。1962年には日本でも業務を開始している。

1989年、監査法人からコンサルティング部門が分社化され、前身となる「アンダーセン・コンサルティング」が設立された。2000年にはアーサー・アンダーセンから完全に独立の企業体となり、その条件として「アンダーセン」の名前を手放すことに。2001年に社名を「アクセンチュア」に変更し、同年にニューヨーク証券取引所へ株式上場を果たした。

2004年に従業員が10万人を突破、2009年に本社をバミューダ諸島からアイルランドに変更し、現在のダブリンに移転した。2011年にはS&P 500 Indexに組み入れ、2020年8月には従業員が50万人に到達するなど、グローバル・プレゼンスを拡大している。

事業内容

Accenture PLC(アクセンチュア)は、約492,000人の従業員を擁する世界有数のプロフェッショナル・サービス企業であり、幅広い分野の顧客にコンサルティング事業を展開している。デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域を中心に、「ストラテジー&コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーション」を対象としたサービスを提供している。

アクセンチュアは、北米、欧州、成長市場(アジア太平洋、ラテンアメリカ、アフリカ、中東)という3つの市場を中心に事業を展開しており、戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションの各分野の専門家を組織全体から集めて、エンドツーエンドのサービスとソリューションを提供している。

アクセンチュアは売上の大部分をデジタル、クラウド、セキュリティ関連サービスが占めている。

アクセンチュアは、1つの共通ブランドとビジネスモデルでグローバルに事業を展開しており、世界中の顧客に同じ高水準のサービスを提供している。業界や機能に関する専門知識、技術力やイノベーション能力、アライアンス関係、グローバルな配信リソースを組み合わせて、差別化された革新的なサービスを提供することで、顧客のビジネスパフォーマンスを大幅に向上させ、顧客やステークホルダーの皆様に持続可能な価値を創造することを目指している。グローバルに事業を展開しており、統合されたチームを素早く組み立てて、高品質で費用対効果の高いソリューションをに提供することができる。

アクセンチュアの5つの事業グループは13の業界グループに即して組織されており、40を超える業界の顧客にグローバルにサービスを提供している。業界に焦点を当てることで、業界の進化、ビジネス課題、適用されるテクノロジーを理解し、各クライアントに合わせた革新的なソリューションを提供したり、必要に応じて複数のクライアントに対してより標準化された機能を提供したりすることを可能としている。

アクセンチュアは、業界と技術の差別化に焦点を当てた戦略を実行し、顧客に価値を提供するためのイノベーション主導のアプローチを強化している。グローバルな組織であることを活用しながら、地域に密着した方法で顧客にサービスを提供する。成長戦略の一環として、戦略的買収、資産とサービスの提供、ブランディング、人材の誘致と育成に多額の投資を継続し、差別化と競争力のさらなる強化を図っている。

サービス

アクセンチュアのサービスは、「Strategy & Consulting(ストラテジー&コンサルティング)」「Interactive(インタラクティブ)」「Technology(テクノロジー)」「Operations(オペレーション)」を対象とし、デジタルやクラウド、セキュリティ領域に関連するサービスを提供している。

Strategy & Consulting(ストラテジー&コンサルティング)

「Strategy & Consulting(ストラテジー&コンサルティング)」サービスでは、世界をリードする企業の経営陣や役員と連携し、競争力の強化、収益性の向上、持続可能なステークホルダー価値の実現に向けて、デジタルトランスフォーメーション(DX)の加速を支援する。

データ、アナリティクス、人工知能、イノベーションに裏打ちされた深い業界と機能の専門知識を活用し、新市場、製品、サービスの特定と開発、コスト構造の最適化、人的パフォーマンスの最大化、意思決定の改善のためのデータ活用、リスクの軽減とセキュリティの強化、最新の変更管理プログラムの実装、大規模なクラウド移行による価値の形成と提供、より回復力のあるサプライチェーンの構築、スマートで接続された製品とプラットフォームによる製造とオペレーションの再発明など、クライアントの多様なビジネス課題の解決を支援している。

Interactive(インタラクティブ)

「Interactive(インタラクティブ)」サービスでは、創造性とテクノロジーを組み合わせ、お客様の持続的な成長と価値を高める有意義な体験を提供している。アクセンチュアのケイパビリティは、成長、製品、文化のデザイン、テクノロジーと体験プラットフォーム、クリエイティブ、メディア、マーケティング戦略、キャンペーン、コンテンツ、チャネルのオーケストレーションなど、アイデアから実行まで多岐にわたっている。

アクセンチュアは、強力なクライアントとの関係と深い業界の専門知識を持ち、顧客、従業員、患者、市民のための旅全体を再定義しながら、「エクスペリエンス」を設計、構築、伝達、実行することができる独自の立場にある。アクセンチュアは、この「エクスペリエンス」へのこだわりをサービス全体に反映させている。

Technology(テクノロジー)

「Technology(テクノロジー)」サービスは、クラウド、システム統合およびアプリケーション管理、セキュリティ、インテリジェントプラットフォームサービス、インフラストラクチャサービス、ソフトウェアエンジニアリングサービス、データおよび人工知能、そしてアドバンストテクノロジーセンターを通じたグローバルな配信など、革新的で包括的なサービスとソリューションを指す。

アクセンチュアは、ブロックチェーン、ロボティクス、5G、量子コンピューティング、エッジ・コンピューティングなどの新技術を早期に導入することで、サービス、機能、プラットフォームを継続的に革新している。アクセンチュアは、変化への対応や新たな成長機会の開拓など、今日の企業が直面している課題に対応するための強力な機能を幅広く提供している。

テクノロジーには、ラボにおけるイノベーションと研究開発活動、および「アクセンチュア・ベンチャーズ」を通じた新興テクノロジーへの投資も含まれる。世界各地にあるアクセンチュアのイノベーション・ハブは、顧客が他に類を見ないスピード、範囲、規模でイノベーションを起こすための支援をする。アクセンチュアは、世界をリードするテクノロジー企業や新興企業と強い関係を築いており、これにより、サービスの提供を強化し、能力を強化し、顧客に独自のビジネス価値を提供することができる。

アクセンチュアの強力なエコシステムとの関係は大きな競争優位性を提供し、AdobeAlibabaAmazon Web Services、Blue Yonder、CiscoDellGoogleHPEIBM RedHatMicrosoftOraclePegasystemsSalesforceSAPServiceNowVMWareWorkdayなど、幅広いテクノロジープロバイダーの主要なパートナーとなっている。アクセンチュアは、テクノロジーが可能にするものの境界線を押し広げ、クライアントがプラットフォームから最も価値のある最高の機能を得られるように支援する。

Operations(オペレーション)

「Operations(オペレーション)」サービスは、財務・会計、調達・調達、サプライチェーン、マーケティング、販売などの特定の企業機能や、プラットフォームの信頼性と安全性、銀行、保険、医療サービスなどの業界特有のサービスのために、アウトソーシングを提供することで顧客に代わってビジネスプロセスを運用している。

アクセンチュアは、データと分析、人工知能、デジタル技術、優れた人材を活用したヒューマン・マシン・プラットフォームである『SynOps』を活用したインテリジェントなオペレーションを通じて、生産性の向上や顧客体験の向上、長期的な持続的な成長など、具体的なビジネス成果をスピードとスケールで提供することで、組織の再発明を支援している。

産業・業界・インダストリーグループ

アクセンチュアの競争上の優位性の一つは、業界の専門知識の深さと幅広さにある。業界に焦点を当てることで、業界の進化、ビジネス上の問題、新技術や新技術を理解し、各クライアントに合わせた革新的なソリューションを提供することが可能になる。また、業界を超えた洞察力を顧客に提供することで、価値創造を加速させることができる。40以上の業界にまたがるアクセンチュアのケイパビリティは、以下の5つの顧客グループを対象としている。

Communications, Media & Technology(コミュニケーション、メディア & テクノロジー部門)

Communications & Media(コミュニケーション & メディア):
Wireline(有線)、Wireless(無線)、Broadcast(放送)、Entertainment(エンターテインメント)、Print(印刷)、Publishing(放送)、Cable & Satellite communications service(ケーブル&衛星通信サービス)

High Tech(ハイテク):
Enterprise technology(大規模組織向けテクノロジー)、Network equipment(ネットワーク機器)、Semiconductor(半導体)、Consumer technology(コンシューマ向け技術)、Aerospace & Defense(航空宇宙 & 防衛)、Medical equipment(医療機器)

Software & Platforms(ソフトウェア & プラットフォーム):
Cloud-based enterprise(企業向けクラウドサービス)、Consumer software(個人ユーザー向けソフトウェア)、Social(ソーシャル・ネットワーキング)、E-commerce(Eコマース)、Retail(小売)、Content(コンテンツ)、Advertising(広告)、Gaming platform(ゲーム・プラットフォーム)

Financial Services(金融サービス部門)

Banking & Capital Markets(銀行 & 資本市場):
Retail and commercial banks(リテール、商業銀行)、Mortgage lenders(住宅ローン貸し出し業者)、Payment providers(決済プロバイダー)、Investment banks(投資銀行)、Wealth and asset management firms(資産運用会社)、Broker / Dealers(ブローカー、ディーラー)、Depositories(預託業者)、Exchanges(取引所)、Clearing & Settlement organizations(清算 & 決済組織)、その他金融サービス組織

Insurance(保険):
Property & Casualty insurers(損害保険)、Life insurers(生命保険)、Reinsurance firms(再保険)、Insurance brokers(保険ブローカー)

Health & Public Service(ヘルス & 公共サービス部門)

Health(ヘルスケア・プロバイダー):
Hospitals(病院)、Public Health Systems(公衆衛生局)、Policy-making authorities(政策決定機関)、Health insurers, payers(健康保険会社)、Industry organizations and associations(労働組合)

Public Service(公共サービス):
Defense departments(国防機関)、Military forces(軍事)、Public safety authorities(治安維持機関)、Justice departments(司法機関)、Human & social services agencies(福祉機関)、Educational institutions(教育機関)、Non-Profit Organizations(非営利団体、NPO)、Cities(地方自治体)、Postal(郵便)、Customs(税関)、Revenue & tax agencies(歳入・税徴収機関)

Federal Service(米国政府):
アクセンチュアは米国連邦政府(U.S. federal government)を顧客にかかえており、子会社「Accenture Federal Services」を通じてサービスを提供している。なお、米国政府からの売上はヘルス & 公共サービス部門の35%、北米部門の14%を占めている(2020年8月期)。

Products(プロダクツ部門)

Consumer Goods, Retail & Travel Services(消費財、小売 & 旅行サービス):
Food & Beverage(飲食料品)、Household Goods(家庭用品)、Personal care(パーソナルケア)、Tobacco(タバコ)、Fashion / Apparel(ファッション & アパレル)、Agribusiness(農業)、Consumer health(医薬品)、Supermarkets(スーパーマーケット)、Hardline retailers(生活用品ん)、Mass-Merchandise Discounters(ディスカウントストア)、Department stores(デパート)。Specialty retailers(各種専門店)、Airlines(航空会社)、Hospitality & Travel services(宿泊・旅行サービス)

Industrial(産業製品):
Industrial & electrical equipment manufacturers & suppliers(産業・電子機器メーカー、サプライヤー)、Construction(建設)、Heavy equipment(重機)、Consumer durables(耐久消費財)、Engineering services(エンジニアリングサービス)、Real estate business services(不動産)、Freight & logistics(フリート、物流)、Automotive(自動車、Public transportation(公共交通)

Life Sciences(ライフサイエンス):
Biopharmaceutical(バイオ医薬品)、Medical technology(医療技術)、Biotechnology(バイオテクノロジー)、Distributors(流通機関)

Resources(資源部門)

Chemicals & Natural Resources(化学 & 天然資源):
Petrochemicals(石油化学)、Specialty chemicals(特殊化学品)、Polymers & Plastics(ポリマー & プラスチック)、Gases(ガス)、Agricultural chemicals (農薬)、Metals(金属)Mining(鉱業)、Forest products(林業)、Building materials(建材)

Energy(エネルギー):
Companies in the oil and gas industry(石油・ガス会社)、Upstream(探鉱・開発・生産)、Midstream(輸送)、Downstream(精製)、Oilfield services(油田施設)、Clean energy(クリーンエネルギー)、Energy trading(エネルギー・トレーディング)

Utilities(ユーティリティ):
Electric, gas & water utilities(電気ガス水道事業者)、New energy providers(新エネルギープロバイダー)

契約形態

アクセンチュアは各種サービスについて「Consulting(コンサルティング)」もしくは「Outsourcing(アウトソーシング)」の契約形態を提供している。コンサルティングとアウトソーシングの構成は、各エリアの特性によって異なっている。

Consulting(コンサルティング)

「Consulting(コンサルティング)」形態の収益には、戦略、経営、技術コンサルティング、技術統合コンサルティングなどが含まれる。コンサルティングは、定義された成果物と定義された具体的な成果物を含む、有限で明確なプロジェクトまたは一連のプロジェクトを反映している。

Outsourcing(アウトソーシング)

「Outsourcing(アウトソーシング)」形態の収益は、通常、顧客のシステムやビジネス機能の移行、運用、管理のために提供される、継続的で反復可能なサービスやケイパビリティを反映している。

競争力の源泉

2019年8月31日現在、Accentureは約506,000人を雇用し、51カ国200都市以上にオフィスと事業を展開している。世界をリードするコンサルティング会社として人材の育成にアクセンチュアは多額の投資を行っており、彼らがアクセンチュアの競争力の源泉となっている。

人材とイノベーションをリードする組織として、アクセンチュアの重要な目標の一つは、高度に専門化されたスキルを持った優秀な人材を事業全体に配置して差別化と競争力の駆動力となることである。

アクセンチュアは、社員が継続的に学習する機会を確保するために、社員に投資することに深くコミットしている。オンデマンドのデジタル環境で、個人に合わせてカスタマイズされたキャリアを形成できるようにすることで、個人の成長を促していく。

アクセンチュアは、社員に継続的なフィードバックを提供しており、社員は個人と会社の業績に基づいて評価されている。アクセンチュアの企業文化は、コアバリュー、企業倫理規範、および以下のような揺るぎないコミットメントによって支えられたものである。

2020年8月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2020年10月22日)