ゴールドの歴史①「金貨」による貨幣制度を作ったのは誰?

ゴールドの歴史①「金貨」による貨幣制度を作ったのは誰?

特集

今回取り上げるのは、「金(ゴールド)」の歴史です。

1つの元素(Au)でありながら、金は「富の象徴」として、人類の歴史において様々なドラマを描いてきました。

実用価値を持たないピカピカの物体が、どうして大きな価値を持つようになったのでしょうか。

ゴールド、それは人類の欲望の歴史であり、「貨幣」と切っても切れない「価値」の歴史でした。

金と欲望の歴史は古代エジプトからスタート

歴史上、最初に「金」を宗教に用いたのは古代エジプト人だと言われています。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。