国内ネット企業御三家ヤフー、楽天、サイバーエージェントの事業数値を比較!

現時点で、日本国内のインターネット企業御三家と言えば、ヤフー、楽天、サイバーエージェントの3社と言っても過言ではないと思います。

3社ともネットバブルの前に創業し、長い年月にわたって成長を続けています。

現在は複数事業を数多くもつ総合インターネット企業となり、売上高でトップスリーに君臨しています。

国内インターネット企業一覧

ゲームや医療など、特定領域のネット企業として大きな会社は他にもありますが、ECとメディアというインターネットの根幹ともいえる領域ではこの3社が圧倒的な存在感を示していると思います。

ということで、今回はこの3社を比較します。

まずは、3社の設立日を書いておきます。

ヤフー 1996年1月31日
楽天 1997年2月7日
サイバーエージェント 1998年3月18日


売上高

売上はヤフーがずっと圧倒的に好調だったイメージがありましたが、実際には2009年(度)から2015年(度)までは楽天の方が売上が大きかったことがわかります。

ポータルとEコマースというインターネットの土台を握った2社の方がより早く成長しています。

営業利益

次に、営業利益の比較です。

営業利益だと、ヤフーが一貫してダントツで大きいですね。楽天も2014年には1000億円を超える営業利益を出しています。

営業利益率

次に、営業利益率です。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン