サイバーエージェント 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 1兆1332億8800万 円
銘柄コード 4751(市場第一部(内国株))

サイバーエージェントは東京渋谷に本社をおく企業。
1998年に設立し、2000年東証マザーズに上場。
2004年「アメーバブログ」を開始。2009年仮想空間アバターサービス「アメーバピグ」を開始。
2012年スマートフォン向けゲーム「Rage of Bahamut」が全米No.1を記録。2014年東証一部に指定。
2016年にはインターネットテレビ局「AbemaTV」を開局。


事業内容とビジネスモデル

事業の概要

サイバーエージェント(CyberAgent, Inc.)は東京渋谷に本社をおく企業。1998年3月に設立し、2000年3月に東証マザーズに上場。

2004年にブログサービス『アメーバブログ』を開始。2009年仮想空間アバターサービス『アメーバピグ』を開始。2012年スマートフォン向けゲーム『Rage of Bahamut(神撃のバハムート)』が全米No.1を記録。2014年東証一部に指定。

2016年にはインターネットテレビ局『AbemaTV(アベマティーヴィー)』を開局。

サイバーエージェントグループは、株式会社サイバーエージェント、連結子会社115社及び関連会社11社によって構成されている。

事業内容

サイバーエージェントの事業は「メディア事業」「ゲーム事業」「インターネット広告事業」「投資育成事業」「その他事業」の5つ。メディア事業では『AbemaTV』『Ameba』などを展開。ゲーム事業ではスマートフォン向けゲーム事業をCygamesなどが運営。インターネット広告事業では、広告代理事業を展開。投資育成事業では、コーポレートベンチャーキャピタル事業やファンド設立及び運営を行っている。

メディア事業

『AbemaTV』や『Ameba』、マッチングサービス『タップル(tapple)誕生』などを展開している。

(株)サイバーエージェント、(株)AbemaTV、(株)マッチングエージェンを中心に運営している。

ゲーム事業

スマートフォン向けゲーム事業の運営を(株)Cygames、(株)サムザップ、(株)Craft Eggが担っている。

インターネット広告事業

広告代理事業・動画広告事業、AI 事業等を(株)サイバーエージェント、スマートフォン向け広告に特化した広告代理事業を(株)Cyber Zが担っている。

投資育成事業

コーポレートベンチャーキャピタル事業を(株)サイバーエージェント、ファンド設立及び運営を(株)サイバーエージェント・キャピタルが担っている。

その他事業

ファンサイト事業、スマートフォンサービスの運営等を(株)CAM、結婚式場クチコミサイトの運営等を(株)ウエディングパーク、クラウドファンディングプラットフォームの運営等を(株)マクアケ、プロサッカーチームの運営等を(株)ゼルビアが担っている。

経営方針

サイバーエージェントグループは、「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、急拡大するインターネット分野に軸足をおき、事業を創造していくことを基本方針として経営している。

重視する経営指標は、売上高と営業利益の2つだ。高収益事業を開発・展開していくことにより利益率の向上を図る。また、中長期の柱に育てるべく『AbemaTV』に先行投資をしており、投資期においても株主に中長期で支援されるよう、「DOE(自己資金配当率)5%以上」を経営指標の目安としている。

経営戦略方針、経営戦略

サイバーエージェントグループは、『AbemaTV』を中心とした高収益なインターネットビジネスの総合企業となることを目指している。

『AbemaTV』のマスメディア化、インターネット広告事業のシェア拡大、ゲーム事業の継続的なヒットタイトルの 創出等により、中長期的な企業価値の向上を図っていくとしている。

対処すべき課題

以下3点を主な経営課題としている

メディア事業

『AbemaTV』の立ち上げを通じた収益性の向上

インターネット広告事業

新規開拓したクライアントの広告取扱高拡大

技術力・クリエイティブ力の強化

優秀な技術者・クリエイターの採用・育成・評価

これらの経営課題を解決し、事業拡大・成長し続けるため、事業拡大に応じた内部管理体制やコーポレート・ ガバナンスの充実を図りながら、『AbemaTV』を中心としたメディア企業としてのブランドの浸透や人材採用・育 成の強化に積極的に取り組んでいく方針だ。

有価証券報告書(提出日:2019年12月20日)