2018/5期の売上計画値115億円!再生可能エネルギー「レノバ」の3Q決算まとめ

今回は、太陽光やバイオマスなどの再生可能エネルギーによる発電事業を行う「レノバ」の最新決算をまとめてみたいと思います。


レノバは2000年に環境・エネルギー関連のコンサルティングを行う会社として設立(当時の社名は「リサイクルワン」)。

2008年より、子会社で容器包装リサイクル業務を展開していましたが、2012年より再生可能エネルギー事業に参入。

日本各地にソーラー発電所を展開しつつ、2016年にはリサイクル事業を譲渡し、再生可能エネルギーに特化。

そして、2017年2月に東証マザーズに上場しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

上場後の底値から株価3倍以上!ソーラー発電など再生エネルギーを手がける「レノバ」の状況を整理

先週、上場前後からワッチしている「レノバ」の決算が出ているのでまとめておきたいと思います。

レノバは、ソーラーやバイオマスまど、いわゆる「再生可能エネルギー」の活用をミッションとして掲げている会社です。