第一顧客はGoogle!NASAのプロジェクトから始まったクリーンエネルギー企業「Bloom Energy」が新規上場

IPO

燃料電池を使った発電システムを開発する「Bloom Energy」がニューヨーク証券取引所に新規上場しました。

公式HP

Bloom Energyの創業者はインド出身のK.R. Sridhar博士。

Sridhar博士はイリノイ大学で機械工学のPh.D.を取得した後、アリゾナ大学の宇宙技術研究所に所属しながらNASAのアドバイザーなども勤めていた人物です。

Sridhar博士のチームは2001年、NASA向けに取り組んでいた燃料電池開発プロジェクトの事業化を決意。

クリーンエネルギー企業「Bloom Energy」を設立します。

設立翌年の2002年にはベンチャーキャピタルのKPCBよりシード投資を受けました。

2006年に5キロワットの試作品が完成し、テネシー大学へ試験導入。

テネシー大学での実証研究が成功し、2008年7月に最初の製品版電力サーバー(400キロワット)をGoogle本社へ納品しました。

2011年にソフトバンクグループとの合弁で日本法人を設立しており、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスなどへの導入実績があります。


四半期業績の推移を見てみましょう。

売上高は右肩上がりに増加しており、今四半期は1.7億ドルとなっています。

対前年の成長率が100%前後まで上昇しており、急速な成長を続けています。


営業損失は大幅に縮小しており、2018年上半期の6か月間では黒字となっています。


Googleが先陣を切って導入したBloom Energyの発電システムは一体どのようなものなのでしょうか?


eBayのデータセンター電力コストを20%削減

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン