上場後の底値から株価3倍以上!ソーラー発電など再生エネルギーを手がける「レノバ」の状況を整理

先週、上場前後からワッチしている「レノバ」の決算が出ているのでまとめておきたいと思います。

レノバは、ソーラーやバイオマスまど、いわゆる「再生可能エネルギー」の活用をミッションとして掲げている会社です。

2018年5月期決算説明会資料

まずは、年次業績の推移です。

2018年5月期の売上は100億円の大台を突破。

経常利益率は下がっているものの、17.5%という利益率を維持しています。


これを、四半期(=3ヶ月)ごとの売上に直してみましょう。

今期の上半期までは売上がうなぎ登りでしたが、下半期には売上の伸びが停滞しているように見えます。

それでも、前年同期比では2倍以上という大幅な増収増益となっています。

しかし、通期で見るとレノバは前年比42%の増収、31%の増益にすぎません。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン