上場後の底値から株価3倍以上!ソーラー発電など再生エネルギーを手がける「レノバ」の状況を整理

先週、上場前後からワッチしている「レノバ」の決算が出ているのでまとめておきたいと思います。

レノバは、ソーラーやバイオマスまど、いわゆる「再生可能エネルギー」の活用をミッションとして掲げている会社です。

2018年5月期決算説明会資料

まずは、年次業績の推移です。

2018年5月期の売上は100億円の大台を突破。

経常利益率は下がっているものの、17.5%という利益率を維持しています。


これを、四半期(=3ヶ月)ごとの売上に直してみましょう。

今期の上半期までは売上がうなぎ登りでしたが、下半期には売上の伸びが停滞しているように見えます。

それでも、前年同期比では2倍以上という大幅な増収増益となっています。

しかし、通期で見るとレノバは前年比42%の増収、31%の増益にすぎません。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

顧客増加率が2.8倍に!ニチガスに訪れた好機とは?「日本瓦斯」

顧客増加率が2.8倍に!ニチガスに訪れた好機とは?「日本瓦斯」

注目企業

今回は60年以上エネルギー販売を行なっている「日本瓦斯」(証券コード : 8174)を見ていきます。最近では出川さんのCMをよく見かけますよね。「ニチガス」という名前で知っている方も多い会社です。

売上CAGR157%、メルセデスベンツ・エナジーと戦略的提携!住宅用太陽光パネル販売を行う「Vivint Solar」

突然ですが、皆さんは太陽光パネルを自宅に導入していますか?

総務省の統計によると、日本では平成25年時点で、3.0%の住宅に太陽光パネルが導入されていたようです。