テスラ 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 2586億476万7591 ドル
銘柄コード TSLA(NASDAQ)

Tesla, Inc.(テスラ)は米国カリフォルニア州パロアルトに本社を構える電気自動車メーカー。2003年、電気自動車は従来のガソリン車よりも改善できると信じるシリコンバレーの技術者たちによりテスラ・モーターズとして設立。2008年にテスラ「ロードスター」、2012年には「モデルS」を発表。CEOはイーロン・マスク。「世界における持続可能エネルギーへの移行を加速させること」をミッションとする。

Teslaは、高性能の完全電気自動車、エネルギー生成および貯蔵システムを設計、開発、製造、販売、リースし、製品に関連するサービスを提供している。

Teslaは世界初の垂直統合型の持続可能なエネルギー企業であり、発電、貯蔵、消費を含むエンドツーエンドのクリーンエネルギー製品を提供している。

Teslaの製品は通常、ウェブサイトや小売店などを通じて直接消費者に販売される。また、車両サービスセンター、モバイルサービス技術者、ボディショップ、スーパーチャージャーステーション、デスティネーションチャージャーのグローバルネットワークを通じて、顧客向けインフラストラクチャの拡大を続け、製品の普及を加速している。

Teslaは、製品の設計と製造において、ユーザーと従業員のパフォーマンス、魅力的なスタイリング、安全性を重視し、安全性を向上させるための完全な自動運転技術の開発を続けている。

また、製造コストの削減に継続的に取り組み、車両に合わせた金融サービスを提供することにより、顧客の所有コストを削減するよう努めている。Teslaの持続可能なエネルギー製品、エンジニアリングの専門知識、持続可能なエネルギーへの世界の移行を加速し、自動運転のメリットを達成するための集中的な取り組み、およびビジネスモデルは、Teslaを他の企業と差別化する。

現在、モデル3、モデルY、モデルS、モデルX、サイバートラック、テスラセミ、新しいテスラロードスターなど、幅広い消費者および商用車の市場に対応するために、電気自動車の提供を計画している。

顧客の範囲、機能、およびパフォーマンスの期待に応えるために、Teslaは相当な設計および車両エンジニアリング機能を採用して、電気自動車のこれまでの広範な採用を制限してきた設計、スタイリング、およびパフォーマンスの問題を克服した。

Teslaのパワートレインシステム、オートパイロットおよびフルセルフドライビング(「FSD」)ハードウェア、ニューラルネットの技術的進歩と組み合わせることで、Teslaの電気自動車は、航続距離や充電の柔軟性などの利点を誇る。優れた加速、ハンドリング、安全性。ユーザーの利便性とインフォテインメント機能のユニークなスイート。無線アップデートを通じて追加機能を有効にする機能。充電、保守、その他の所有コストの節約。

持続可能なエネルギーへの世界の移行を加速するというTeslaの使命を促進するために、太陽エネルギーシステムの専門知識も開発した。Teslaは住宅および商業顧客向けにレトロフィットソーラーエネルギーシステムを販売およびリースする。あるいは、特定の顧客に、電力購入またはサブスクリプションベースの取り決めを通じてソーラーエネルギーシステムへのアクセスを提供する。

また、太陽光発電と統合された魅力的で耐久性のあるガラス屋根瓦を特徴とするソーラールーフも提供している。ソーラービジネスへのアプローチでは、シンプルさ、標準化、アクセス性を重視し、顧客がクリーンエネルギーを簡単かつコスト効率よく導入できるようにすると同時に、顧客獲得コストを削減している。

最後に、バッテリー、エネルギー管理、パワーエレクトロニクス、車両パワートレインシステムの統合システムにおける技術的専門知識を活用して、Powerwall、Powerpack、Megapackなどのエネルギー貯蔵製品を開発および製造している。

これらのスケーラブルなシステムは、家庭、商業施設、ユーティリティグリッドで使用でき、バックアップまたはオフグリッド電力、ピーク時の需要削減、需要応答、再生可能エネルギー発電の間欠性の削減、使用の促進など、数多くのアプリケーションに対応できる。

化石燃料発電よりも再生可能エネルギーの発電、その他のグリッドサービスおよび卸売電力市場サービス。ソーラービジネスの専門知識を活用して、エネルギー生成と貯蔵を組み合わせた統合システムも提供できる。車両と同様に、Teslaのエネルギー貯蔵製品は、ソフトウェアまたはファームウェアの改善により、無線でリモートで更新できる。

電気自動車

モデル3

モデル3は、4ドアの中型セダンで、2017年7月に納入を開始した、量産向けの基本価格で製造可能にするために設計した。現在、モデル3は、フリーモント工場とギガファクトリー上海で製造している。ここでは、年産15万台のモデル3車の生産能力を導入して生産を増やしている。現在、後輪駆動のモデル3とデュアルモーターの全輪駆動のバリアント(後者のパフォーマンスバージョンを含む)を提供している。

モデルY

モデルYは、2020年1月に生産を開始し、2020年の第1四半期に納入を開始した、最大7人の大人が着席できるモデル3プラットフォームをベースに構築されたコンパクトスポーツユーティリティビークル(「SUV」)だ。現在、モデルYをフリーモント工場で製造しており、そこでさらに生産を増やし、次のギガファクトリー上海での生産準備を進めている。現在、モデルYは、デュアルモーター全輪駆動のロングレンジバージョンとパフォーマンスバージョンで提供されている。

モデルSおよびモデルX

モデルSは、2012年6月に納入を開始した4ドアのフルサイズセダン。モデルSは、大型タッチスクリーンドライバーインターフェイス、オートパイロットハードウェア、無線ソフトウェアの更新、スーパーチャージャーによる高速充電などテスラの主力製品を導入した。

モデルXは、2015年9月に提供を開始した、大人7名までの座席を備えた中型のSUV。モデルXは、助手席に簡単にアクセスできるユニークなファルコンウィングドアや全ガラスのパノラマフロントガラスなどの機能を導入した。

モデルSとモデルXは、それぞれセダンとSUVで提供する最高のパフォーマンス特性と最長距離を特徴としている。これらの車両には、標準のデュアルモーター全輪駆動パワートレインが装備されており、加速および/または最高速度とスタイリングが強化されたパフォーマンスバージョンも利用できる。モデルSとモデルXはフリーモント工場で製造している。

将来の消費者および商用電気自動車

さらに、自動車市場のより幅広い分野に対応するために、Cyber​​truckの専用コンシューマ電気自動車や新しいテスラロードスター、テスラセミの商用電気自動車など、いくつかの計画された電気自動車を発表している。

エネルギーおよびストレージ事業

エネルギー貯蔵製品

現在の世代のPowerwallおよびPowerpack製品は、それぞれ2016年後半および2017年に、Megapack製品は2019年後半に出荷を開始した。

Powerwallは、インバーターを内蔵した13.5キロワット時(「kWh」)の充電式リチウムイオン電池で、家庭または小規模の商業施設でエネルギーを貯蔵するように設計されている。 PowerpackおよびMegapackは、商用、産業、ユーティリティ、およびエネルギー生成の完全に統合されたエネルギーストレージソリューションであり、最大232kWh(AC)のバッテリーパックと、Powerpack用の最大700キロボルトアンペア(480Vで)のインバーターおよび最大3メガワット時で構成される。

複数のユニットをグループ化して、ギガワット時(「GWh」)以上に達することができるより大きな設備を形成できる。 PowerpackおよびMegapackは、再生可能エネルギー生成源と組み合わせて、クリーンで弾力性のある手頃な価格の電力をコミュニティに提供するマイクログリッドを作成することもできる。

また、さまざまな市場やアプリケーションにまたがるエネルギー貯蔵システムを制御および最適にディスパッチするためのソフトウェア機能を開発および進歩させており、無線アップデートを通じてシステムに送信できる。

ソーラーエネルギーの提供

Teslaのレトロフィットソーラーエネルギーシステムの主要コンポーネントには、太陽光を電流に変換するソーラーパネル、パネルからの電気出力を送電網と互換性のある使用可能な電流に変換するインバーター、ソーラーパネルを屋根または地面に取り付けるラック、太陽エネルギーシステムを送電網に接続する電気ハードウェア、および監視デバイスがある。

Teslaはこれらのコンポーネントの大部分を購入し、競争力のある価格と適切な供給を確保するために複数のソースから購入している。

また、太陽エネルギー製品の特定のコンポーネントを設計および製造している。

顧客および特定のチャネルパートナーにレトロフィットソーラーエネルギーシステムを販売することに加え、リースおよび電力購入契約(「PPA」)の取り決めを通じて利用できるようにする。現在は20年間で、通常は更新オプションがあり、サブスクリプションベースだ。現在カリフォルニアで利用可能な太陽光発電の販売をしている。

2019年に、太陽光発電を電気に変えながら住宅や商業ビルの建築を補完するように設計された、美的で耐久性のあるガラス屋根瓦を特徴とする、第3世代のソーラールーフの直接顧客およびチャネルパートナーの販売を開始した。ギガファクトリーニューヨークでこのバージョンのソーラールーフの量産を増やしており、スタッフとサードパーティパートナーをトレーニングすることで設置能力を高めている。