Square, Inc. 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 859億8171万4000 ドル
銘柄コード SQ(NYSE)

事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

Square(スクエア)は米国に拠点を置く決済ソリューション企業。2009年、ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏と ジム・マッケルヴィ(Jim McKelvey)氏によって創業された。目的は、カード決済をSMB(販売者)が簡単に受け入れることができるようにすること。

成長するにつれて、売り手は繁栄するためにさまざまなソリューションが必要としていることを認識し、テクノロジーと革新における強みをどのように売り手に役立てることができるかを検討した。

以来、30を超える製品とサービスを販売者に提供するまでに拡大し、販売者の事業成長を支援している。同様に、Cash Appを使用して、個人がお金を管理するのを支援する金融サービスの並列エコシステムを構築した。

事業内容

Square(スクエア)はカードリーダー端末やアプリケーションを通じて決済ソリューション事業を展開している。POSソフトウェアを軸に、予約、小売販売、請求、支払いのサポートやレストラン向けソリューションも提供している。個人ユーザー向けには資産管理アプリ『Cash App』を展開しており、送金や支払い、株式・ビットコイン等の投資も可能となっている。

売上構成

Transaction-based revenue(決済手数料)

Squareは、プラットフォーム上で処理された総取引額(GPV:Gross Payment Volume)のパーセンテージに基づいて計算された「Transaction-based revenue(決済手数料)」をセラーに請求する。なお、特定の大規模事業者・大規模セラー向けにはカスタム価格を提供している。

Subscription and services-based revenue(定期課金・サービス)

「Subscription and services-based revenue(定期課金・サービス)」では『Cash App』『Square Capital』およびセラー向けインスタントトランスファーからの収入が大部分を占めている。『Cash App』の定額プランおよびサービスベースの収益は、主に『Cash App Instant Deposit』および『Cash Card』からの取引手数料で構成されている。

Squareのその他のサブスクリプションおよびサービスベースの製品には、ウェブサイトのホスティングおよびドメイン名登録サービス、ギフトカード、『Square Appointments』、カスタマーエンゲージメント、従業員管理、『Payroll』、『Square Card』、その他の製品が含まれる。

(※2019年以前のサブスクリプションおよびサービスベースの収益には、2019年第4四半期にDoorDashへ売却した食品注文・配送プラットフォーム『Caviar』からの収益も含まれている)

Hardware revenue(機器販売収益)

「Hardware revenue(機器販売収益)」には、『非接触型・チップリーダー』『Square Stand』『Square Register』『Square Terminal』およびサードパーティ製周辺機器の販売による収益が含まれる。サードパーティ製周辺機器には、キャッシュドロワー、レシートプリンター、バーコードスキャナーなどがあり、これらはすべて『Square Stand』『Square Register』『Square Terminal』と統合して総合的なPOSソリューションを提供することができる。

Bitcoin revenue(ビットコイン収益)

「Bitcoin revenue(ビットコイン収益)」は、『Cash App』を通じたユーザーのビットコイン購入額。『Cash App』のユーザーは、Squareからクリプトカレンシー(暗号通貨)建ての資産であるビットコインを購入することができる。Squareは、顧客がビットコインを購入し、ビットコインが顧客の口座に振り込まれた時点で収益を認識している。ビットコインの費用です。ビットコインの売上原価は、ビットコインを購入するためにSquareが支払う金額で構成されており、市場におけるビットコインの価格に応じて変動する。

セラーエコシステム

Squareは、レストラン経営者や小売店舗のオーナーといった「セラー」がビジネスを開始、実行、成長させるのに役立つまとまりのあるコマースエコシステムを提供する。

従来、セラーは複数のベンダーの製品とサービスをつなぎ合わせる必要があり、多くの場合、非デジタルの非効率的なプロセスとツールに依存していいた。Squareはソフトウェア、ハードウェア、金融サービスを組み合わせて、まとまりがあり、高速で、セルフサービスで、エレガントな製品とサービスを提供し、金融業界でも突出したブランドを築いている。

2019年12月31日に終了した1年間に、4億700万枚の支払いカードから約23億枚のカード支払い、1,062億ドルの総支払い額(GPV)を処理した。 2019年末の時点で、SquareのPOSエコシステムには1億8千万以上の購入者プロファイルがあり、約2億3千万の商品が販売者によってSquareに掲載された。

セラーの特徴

セラーは、ファーマーズマーケットの個人事業主から複数店舗のチェーンビジネスまで、さまざまな業界(サービス、食品関連、小売ビジネスを含む)と規模からなっている。これらの販売者は、米国、カナダ、日本、オーストラリア、英国などの地域にもまたがる。セラーの多様性は、Square自身の製品のアクセシビリティと柔軟性を表しているという。

近年は大規模事業者・大規模セラー(larger sellers:年間GPVで125,000ドルを超える事業者)へのサービスも拡大している。2019年第4四半期における大規模セラーのGPVは、総GPVの55%を占め、2018年第4四半期の51%、2017年第4四半期の47%から増加している。2019年、2018年、2017年12月31日までの1年間 GPVまたは純収益合計の10%を超える顧客はなかった。

Squareの産業ごとGPV構成

参考:Form 10-K

最も大きな割合を占めるのがフードビジネス(Food and Drink)で全体の26%にのぼる。続いて小売(Retail)が17%。プロフェッショナルサービスが15%を占めている。

セラーを支えるソフトウェア

Squareはソフトウェア・ソリューションを通じてセラーエコシステムを拡大している。

『Square Point of Sale』:
『Square Point of Sale』は、iOSまたはAndroidデバイスにダウンロードできる汎用のPOSソフトウェアであり、『Square Register』および『Square Terminal』ハードウェアデバイスにプリインストールされる。

『Square Virtual Terminal』:
『Square Virtual Terminal』は、Webベースの汎用POSソフトウェア製品。デジタルデバイスを活用してビジネスを実行するセラーにサービスを提供し、電子メール、顧客リスト、スケジュールなどの関連ツールと連携して動作する。

『Square Appointments』:
『Square Appointments』は、サービス業界のセラー向け拡張機能。予約、小売販売、請求、支払いのサポートを含む統合ソリューションで、iOSまたはAndroidデバイスにダウンロードするか、Webブラウザーを介して使用できる。『Square Appointments』には無料のオンライン予約サイトが含まれ、購入者側は予約を簡単にスケジュールし、希望する時間、サービス、スタッフを選択できる。

また、『Square Appointments』は『Square Assistant』とも統合されている。『Square Assistant』は、人工知能対応の自動メッセージングツールで、購入者に直接、迅速、かつ専門的に対応してセラーの時間を節約し、不参加の防止に役立つ。

『Square for Retail』:
『Square for Retail』は、小売業界のセラー向け拡張機能。バーコードスキャン、高度な在庫管理、数万のアイテムのサポート、販売された商品のコスト、注文書、ベンダー管理が含まれる。また、顧客との関係をより適切にサポートするために、販売時点での顧客プロファイル情報も強化されている。

『Square for Restaurants』:
『Square for Restaurants』は、フルサービスのレストラン向け拡張機能。テーブル、注文、コース、チケットを管理しながら、スタッフが食事を提供できる。 『Square for Restaurants』では収益やコストのレポートなどのバックオフィス機能も提供しており、管理者や所有者が十分な情報に基づいて意思決定を行い、より効率的なビジネスを運営するのに役立つ。

『Square Invoices』:
『Square Invoices』は、統合された安全なオンライン支払い受入機能を備えた、カスタマイズ可能なデジタル請求書発行ソリューション。これにより、明細書を印刷して顧客に郵送し、小切手が届くのを待つ必要がなくなる。

セラーは、今後の定期的な、または以前に配信された商品やサービス(ケータリング注文、請負業者のサービス、レッスン、小売注文など)に『Square Invoices』を使用する。『Square Invoices』を使用すると、セラーは見積もりを送信し、商品やサービスの部分的な支払いを収集できる。

『Square Online Store』

『Square Online Store』はセラーがより多くの方法で販売するためのトータルソリューション。ウェブサイトやオンラインストアの構築、InstagramやFacebookでの販売が簡単にできる。注文、商品、在庫、顧客データはオンラインと対面販売の両方で同期している。

『Square Loyalty』マーケティング、ギフトカード

Squareのロイヤリティプログラム『Square Loyalty』、マーケティングツール、ギフトカードは、セラーとバイヤーの関係を強化し、ビジネスを成長させるのに役立つ。 顧客データとPOSと取引データをリンクすることで、Squareは統合されたロイヤリティプログラムとターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンをセラーに提供することができる。

『Square Dashboard』

『Square Dashboard』は、セラーに売上や商品・アイテム、顧客、従業員に関するリアルタイムのデータと洞察力を提供する。WebやDashboard iOSアプリからも利用できる。このレポートにより、セラーはどこからでも情報を入手し、ビジネスに関するタイムリーな意思決定を行うことができる。

開発者プラットフォーム

SquareはAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)とSDK(ソフトウェア開発キット)を含む開発者プラットフォームを提供し、外部の開発者がSquareのエコシステムに統合することを可能にしている。

オムニチャネル決済(対面、オンライン、モバイル):
『Square Reader SDK』は開発者がSquareのハードウェアとセラーのカスタムPOSをシームレスに統合することを可能にし、セラーは、Squareの『Managed Payments』サービスを利用したセルフオーダーキオスクのようなユニークなチェックアウト体験を構築することができるようになる。Squareのオンライン決済APIを使って、開発者はSquare決済をセラーのeコマースサイトやオンラインストアに統合できる。2019年第1四半期にリリースされた『In-App Payments SDK』を利用することで、開発者はSquareを利用して支払いを処理するコンシューマー向けモバイルアプリを構築することもできる。

コマースAPI:
30以上のコマースAPIにより、開発者は注文、商品カタログ、在庫、顧客プロファイル、従業員などを管理し、Squareの製品エコシステムを充実させ、統合するアプリケーションを構築することができる。さらに、これらのAPIを利用して、開発者は会計、CRM(顧客関係管理)ソフトウェア、従業員管理、ERP(企業資源計画)ソフトウェアなどの重要なビジネスシステムとSquareの製品・サービスを統合できる。

ハードウェア

Squareは、磁気ストライプ、EMV(Europay、MasterCard、VISA protcol)チップ、NFC(Near Field Communication)を含むすべての主要なカード決済形態を処理できる強力なカスタム設計のハードウェアを開発している。販売者は、VisaMasterCardAmerican Express、Discoverによって発行されたカードを利用することができる。さらに、カナダではInterac Flash、日本ではJCB、オーストラリアではeftposのようなローカルな支払い方法にも対応している。

Squareのハードウェアはキャッシュドロワー、レシートプリンター、バーコードスキャナーなどのアクセサリーと統合して、セラーに包括的なPOSソリューションを提供する。Squareのハードウェア・ポートフォリオには以下の製品が含まれている。

『Magstripe reader(磁気ストライプリーダー)』:
『Magstripe reader(磁気ストライプリーダー)』は、ヘッドフォンジャックまたはLightningコネクタに接続して利用するカードリーダー。iOSまたはAndroidスマートフォンやタブレットに接続することで、磁気ストライプカードのスワイプ取引を可能にする。

『Contactless and chip reader(非接触・チップリーダー)』:
『Contactless and chip reader(非接触・チップリーダー)』は、EMVチップカードやNFC決済に対応したリーダー。Apple PayやGoogle Payなどのモバイルウォレットでの利用が可能。

『Square Stand』:
セラーは『Square Stand』を使用することで、iPadを決済端末やPOSソリューションとして使用することができる。統合された磁気ストライプリーダーを特徴とし、接続されたiPadに電源を供給し、ワイヤレスまたはUSB経由で非接触・チップリーダーに接続することができる。

『Square Register』:
『Square Register』はオールインワン製品として機能する製品で、Squareのハードウェア、POSソフトウェア、決済技術を組み合わせたもの。専用のハードウェアはセラー用ディスプレイと顧客用ディスプレイの2つの画面で構成される。セラー用ディスプレイと顧客用ディスプレイには、タップ、ディップ、スワイプなどの支払いに対応するカードリーダーが内蔵されている。

『Square Terminal』:
『Square Terminal』は、従来のキーパッド端末に代わるポータブルなオールインワン決済デバイスおよびレシートプリンタ。タップ、ディップ、スワイプでの支払いに対応し、バッテリーは一日中持ち、店内のどこでも支払いが可能となる。

金融サービス

『Managed Payments』:
Squareの『Managed Payments』では、 翌日決済、決済紛争管理、データセキュリティ、PCI(Payment Card Industry Data Security Standard:PCI DSS))コンプライアンスなどのサービスを提供している。セラーは数分で登録でき、登録が完了したら、カードのスワイプ、ディップ、タップによる対面での支払い、またはオンラインでカードを保存したファイルや支払い入力フォームからの支払いを受け付けることができる。

Squareは取引を記録した加盟店と決済サービスプロバイダー(PSP)の両方の役割を果たす。MoR(Merchant of Record:購入処理の最終販売責任を負う事業体、金融債務の責任者)として、セラーとの間で資金決済を担当し、販売者に代わって取引リスク損失を管理する。SquareはMoRとして、セラーへのサービスを向上させることができる。例えば、SquareはMoRとして、リスク評価モデルを活用して、ウェブサイトを通じてより効率的に新たなセラーを迎え入れることができ、取引レベルのデータを把握して、セラーに情報を提供し、新製品を発売することができる。

Squareは、アクワイアリングプロセッサーやカードネットワークなどのトランザクション処理サービスの他のサービス提供者と直接、発行銀行と間接的に条件を交渉し、契約を締結している。 これらの契約には、より有利な価格設定などの交渉条件が含まれていますが、セラーがこれらのサブサービスプロバイダーと直接契約した場合、一般的にはSquareが提供する『Managed Payments』サービスを利用できない。

『Instant Transfer』:
『Instant Transfer(インスタントトランスファー)』は、Squareの金融サービスツールの一部であり、セラーは即座に、またはその日のうちに支払いから資金を受け取ることができる。インスタントトランスファーは、キャッシュフローや運転資金をより良く管理するために、資金への迅速なアクセスを必要とする多くのセラーにとって重要なツールとして活用されいている。2020年第1四半期時点では、『Instant Transfer』の手数料は1.5%に設定されている。

『Square Card』:
Squareは2019年第1四半期、セラーのための新しい支出と資金管理の方法を提供する『Square Card』を開始した。『Square Card』は無料のビジネス用プリペイド式デビットカードで、セラーが販売を行うとすぐに収益金を使うことができる。売上金はすぐにSquareの残高に入り、セラーはカードを使用したり、ATMから引き出したりすることができる。Squareはセラーが『Square Card』で買い物をするとき、interchange fees(交換手数料)を収益として得る。

『Square Capital』:
『Square Capital』はセラー向け融資サービス。Squareは産業銀行との提携により、現在の支払いと売却時のデータに基づいて、Squareを利用するセラーへの融資を促進する。『Square Capital』は従来の貸し手からの融資を受ける資格がない、あるいは少額の資本しか必要としないセラーのために市場のギャップを埋め、長い(そしてしばしば失敗する)融資の申請プロセスを排除する。

SquareはセラーのSquare取引のデータセットを利用して、慎重にリスク管理をしながら、セラーの融資を承認することができ、融資の引受と回収を容易にしている。融資条件はセラーにとっては簡単で、承認された後は、多くの場合、翌営業日には迅速に資金を手に入れることができる。セラーはこれらの資金を使って、在庫や設備の購入、従業員の追加雇用、店舗の拡大、新しい場所の開設、その他のビジネスの必要性など、事業への投資を行うことができる。

一般的に、『Square Capital』におけるセラーへの融資は、セラーによるすべての『Cash Card』取引の一定の割合を介して自動的にローンの返済が発生する。ローンの上限はセラーの予想年間GPVの20%以下、平均して8~9ヶ月を返済期限とする。

Squareは現在、これらのローンの大部分を第三者機関投資家との取り決めから資金を調達しており、これらのローンはフォワードフローベースで購入される。この資金調達により、『Square Capital』 のサービスを拡大するスピードが大幅に向上し、バランスシートと流動性リスクを軽減することができる。

『Square Capital』は2014年5月にローンチされて以来、約100万件のローンや融資を促進し、63億ドル以上の資金を提供してきた。『Square Capital』にとって、2019年のコア・フレックスローン商品の平均損失率は4%未満であった。

『Square Installments』:
Squareは、『Square Capital』の補完サービスとして、『Square Installments』も提供している。『Square Installments』はセラーの成長を支援するツールであり、顧客に長期的に大きな買い物をする際に支払いをするオプションを提供することができる。

『Payroll』:
『Square Payroll』は従業員の雇用、入社、賃金と税金の支払い、401(k)のような福利厚生を提供することで、セラー者のビジネスの成長と管理を支援している。Squareは、幅広いSquareのエコシステムが『Payroll』製品に競争力をもたらしているとする。例えば、セラーは『Square Point of Sale』『Restaurants Point of Sale』『Retail Point of Sale』などの補完的な製品と連携して『Payroll』を使用することができる。これらの製品を統合することで、セラーはより優れたユーザー体験を実装できる。(※『Square Payroll』はアメリカ国内で利用可能)

『Cash』エコシステム

『Cash App』は、個人がお金を管理するのに役立つ金融商品とサービスのエコシステムを提供する。『Cash App』は相互送金の単一機能から始まったが、今では個人が貯金、送金、受け取り、支出、投資を行える金融サービスのエコシステムとなった。

2019年12月の時点で、『Cash App』には、毎月約2,400万人のアクティブユーザーがおり、特定の月に少なくとも1回のキャッシュの流入または流出があった。

送金・保管・受け取り機能

『Cash App』ユーザーは、アプリのP2P送金サービスを通じて別の『Cash App』ユーザーからお金を受け取るか、銀行口座からお金を転送することにより、資金を保管できる。また、政府による給付金等の受け取り先としても指定できる。

Squareは、『Cash App』の新規ユーザーのオンボーディングプロセスを合理化することで、P2P送金の効率を向上させている。『Cash Card』を備えた『Cash App』アカウントには、ルーティング番号と一意のアカウント番号があり、給与などの直接入金も可能。これらの資金はアプリを介して別のユーザーに送ったり、『Cash Card』を使用して買い物したり、ATMから引き出したり、銀行口座に送金したりできる。 2019年12月31日の時点で、『Cash App』の顧客資金残高は6億7,600万ドルで、前年比102%増加した。

支払い機能

『Cash Card』は、ユーザーの『Cash App』残高に直接リンクされるデビットカードとして提供される。『Cash Card』は無料で取得でき、カードを受け入れる場所であればどこでも『Cash Card』を使用して、『Cash App』の残高に保存されている資金を引き出せる。 Squareは、ユーザーが『Cash Card』で購入するとinterchange fees(交換手数料)を収益として得る。

『Cash Card』では、『Cash Boost』プログラムを通じて特定のビジネスで顧客に割引を提供する。『Cash Boost』は『Cash App』のユーザー向けの無料のインスタント報酬プログラムで、特定のビジネスでの割引(例:「DoorDash」での購入から10%割引)または特定のビジネスタイプでの割引(例:コーヒーショップ1ドル割引)を提供する。顧客は『Cash App』を通じて『Cash Card』に適用する『Cash Boost』を選択できる。割引は、対象となる取引を行うとすぐに『Cash App』の残高に適用される。一部のブーストは『Cash App』チームによって選択され、資金が提供されるが、他のブーストはパートナーが資金を提供する。

『Cash App Instant Deposit』:
『Cash App Instant Deposit(インスタントデポジット)』は、『Cash App』およびSquareの『Managed Payment』ソリューション内の機能で、顧客が銀行口座に即座に資金を入金することを可能にする。『Cash Card』では、『Cash App』ユーザーが『Cash App』に貯めた残高にリンクされたVisaプリペイドカードを介して資金を使用することができる。顧客が銀行口座に即座に資金を入金したり、『Cash Card』を使用して買い物をしたり、資金を引き出したりすると、Squareは取引ごとに手数料を徴収し、収益として認識している。

投資機能

ユーザーは『Cash App』を使用して、資金を米国の株式や上場投資信託(ETF)に投資したり、ビットコインを売買したりすることもできる。注文が完了すると、すべての投資は『Cash App』ホーム画面の「Investing」タブから表示できる。

『Cash App』を使用すると数百の上場株式やETFにアクセスできるようになるだけでなく、ビットコインを売買できるようになり、投資によりアクセスしやすくなる。株式またはビットコインは、顧客の『Cash App』残高の資金を使用して、またはリンクされたデビットカードから購入できる。

2019年第4四半期、『Cash App』に株式投資が導入された。これには、顧客が株の端数株をわずか1ドルで購入できる機能が含まれ、金融システムへのアクセスがより多くの人々に拡大された。


2019年12月期 Annual Report FORM 10-K(提出日:2020年2月26日)