Visa Inc. 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 4092億1875万1600 ドル
銘柄コード V(NYSE)

VISAはカリフォルニア州に本社を置く電子決済機能を提供する世界的企業。1958年にバンク・オブ・アメリカが中間層と中小企業向けにクレジットカードプログラム(BankAmericard)を開始した事に始まる。1976年にBankAmericardがVISAとしてスタート。2008年にニューヨーク証券取引所に上場。現在も世界200カ国で電子決済、取引処理ネットワークを展開している。

沿革・企業概要

Visa Inc.(以下、Visa)は、デジタル決済の世界的リーダーである。Visaの使命は、最も革新的で信頼性が高く安全な決済ネットワークを通じて世界をつなぎ、個人、ビジネス、経済の繁栄を可能にすることである。Visaは、200以上の国と地域での取引を促進しており、消費者、加盟店、金融機関、企業、戦略的パートナー、政府機関などのグローバルな企業を対象としたサービスを提供している。

1958年の創業以来、Visaは消費者と企業間の支払いを円滑にするビジネスを展開してきた。新しい支払い方法の導入により、どこにいても、誰もがお金を移動できるようにする企業へと進化している。Visaは独自のネットワークである『VisaNet』の拡張、強化、投資に継続的に注力するとともに、製品やサービスを提供するための新たな方法を模索し、Visaネットワーク内外のあらゆる取引を開始するための単一の接続ポイントとなることを目指している。

サービス・ブランド

何十年もの間、Visaの成長は、クレジットカード、デビットカード、プリペイド商品というコアビジネスソリューションと、グローバルなATMネットワークの強みに支えられてきた。

Visa Inc.は、消費者支出の約17兆ドルと、現金と小切手で行われているB2B支出の15~20兆ドルを、Visaネットワーク上のカードとデジタルクレデンシャルに移行させる取り組みを加速させている。

Visaブランドは、世界で最も認知され、信頼され、価値あるブランドの一つである。「Everywhere You Want To Be」というコンセプトのもとで、Visaブランドは、顧客や消費者の間でその強さが認められ、フォーブスの「世界で最も評価される企業(2019年)」で1位、「世界で最も評価される企業(2019年)」で5位、BrandZ Top 100 Most Valuable Global Brands (2019)」、「Forbes World's Most Valuable Brands」、「Interbrand's Best Global Brands」などに選出されるなど、複数のブランド調査で一貫して高い評価を得ている。

VISAのブランド力は、魅力的なブランドを通じて、金融機関、加盟店、顧客、パートナーに付加価値を提供することに役立っている。VISAが16カ国で行った消費者調査では、消費者がVisaのロゴを見ると、3.5倍の確率で安全性が高いと思われている。

ビジネスモデル

VISAの基本的なビジネスモデルは以下の通りとなっている。

金融機関、加盟店、口座保有者間の安全で信頼性の高い便利な取引を促進する

VISAは従来、自社、金融機関、加盟店、口座保有者が関わる取引を「4者間」モデルと呼んできた。決済のエコシステムが進化し続けるなかで、VISAはこのモデルを、デジタル銀行、ウォレット、さまざまな金融テクノロジー企業(フィンテック)、政府、非政府組織にまで拡大し続け、顧客へのサービスを提供していく。

VISAは、グローバルプロセシングプラットフォームである『VisaNet』を通じて、金融機関や加盟店の顧客にトランザクション処理サービス(主に承認、清算、決済)を提供している。2019年度には、Visaブランドを利用した2,019億件の決済および現金取引があり、これは1日平均5億5,300万件の取引に相当するものであった。

15,500社の金融機関の顧客が利用しているVisaブランドの幅広い決済商品を提供

VISAは、個人、企業、政府機関の口座保有者向けのクレジット、デビット、プリペイド、キャッシュアクセスプログラムなどのビジネスソリューションを提供している。2019年度中、Visaの総支払額と現金取扱高は11.6兆ドルに増加し、34億枚以上のカードが利用可能となった。世界の6,100万以上の加盟店でVISAのこのサービスは利用されている。

オープンなパートナーシップのアプローチを取り、グローバルネットワークへのアクセスを可能にすることで価値を提供することを目指す

アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を通じた技術力の向上を目指している。Visaは、従来からの企業と決済システムを革新し、拡大するために、新興のプレーヤーを支援している。このアプローチは、パートナーがVISAのプラットフォームを提供することで、より迅速かつ効果的にビジネスを拡大・成長させることができる。

コアとなる消費者間取引(C2B)を超えた新しいタイプの取引を可能に

VISAは、デジタル・ペイメントへの移行を加速させている。これには、個人間(P2P)、企業間(B2C)、企業間(B2B)、政府間(G2C)の決済が含まれている。

付加価値サービス

VISAは、ソリューション、処理能力、トークン化などのデジタルサービスを提供している。コンサルティングや分析、詐欺管理やセキュリティサービス、加盟店向けのサービスなど、決済を超えた付加価値の高いサービス展開する。