藍澤證券の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 505億2000万 円
銘柄コード 8708(市場第一部(内国株))

藍澤證券は東京都中央区に本社を置く企業。1918年7月に藍澤彌八氏が東京株式取引所(現東京証券取引所)一般取引員港屋商店の営業を継承。1933年10月に証券業務の取扱いを目的として、藍澤商店を設立。1948年10月に「藍澤證券」に商号変更。2015年3月に東京証券取引所第一部に上場。事業内容としては、投資・金融サービス業を展開。


1933年10月 株式会社藍澤商店(資本金1百万円)を証券業務の取扱いを目的として、東京市日本橋区に設立
1944年5月 企業整備令により株式会社石崎商店を合併(資本金3百万円)
1948年10月 商号を藍澤證券株式会社に変更
1949年4月 証券取引法の施行に伴い東京証券取引所正会員として加入
1952年1月 日本證券投資株式会社(本社東京都)を吸収合併(資本金13百万円)
1958年2月 伊豆證券株式会社(本社静岡県)の営業権譲受け
1959年11月 常盤證券株式会社(本社静岡県)の営業権譲受け
1965年8月 永徳屋證券株式会社(本社静岡県)の営業権譲受け
1966年1月 国債引受証券団に加入
1968年3月 山梨証券株式会社(本社山梨県)の営業権譲受け
1968年4月 証券業の免許制への移行に伴い証券業の免許取得
1969年9月 公社債の払込金の受入及び元利金支払の代理業務の兼業承認取得
1983年6月 保護預り公共債を担保として金銭を貸付ける業務の兼業承認取得
1983年8月 累積投資業務及び証券投資信託受益証券の収益金、償還金及び一部解約金支払の代理業務の兼業承認取得
1985年12月 譲渡性預金の売買、売買の媒介、取次ぎ及び代理業務の兼業承認取得
1986年3月 円建銀行引受手形の売買及び売買の媒介の業務の兼業承認取得
1986年6月 大口顧客の資金運用を目的として藍澤投資顧問株式会社(本社 東京都、資本金15百万円、出資比率5%)を設立
1986年7月 大阪証券取引所正会員として加入
1987年11月 国内で発行されるコマーシャル・ペーパーの発行に係わる代理業務、売買、売買の媒介、取次ぎ及び代理業務の兼業承認取得
1988年7月 外国為替及び外国貿易管理法に基づく証券会社に指定
1988年9月 譲渡性預金証書及び国外のCPの売買、売買の媒介、取次ぎ及び代理事務並びに常任代理業務の兼業承認取得
1988年10月 抵当証券の販売の媒介及び保管業務の兼業承認取得
1989年1月 資本金を17億2百万円から32億2百万円に増資し、総合証券会社に昇格
1990年10月 金地金の売買取引の委託の代理業務の兼業承認取得
1991年9月 本社ビル完成により、東京都中央区日本橋一丁目20番3号に本店を移転
1993年11月 MMF・中期国債ファンドによるキャッシング業務の兼業承認取得
1998年12月 証券業の登録制への移行に伴い証券業登録
1999年10月 インターネット取引「ブルートレード」を開始
2000年5月 コールセンター事業を開始
2000年6月 最初のコンプレックス店(対面取引と通信取引の双方を取扱う複合店舗)として町田支店を開設
2000年8月 北アジアネットワーク事業を開始香港、台湾、韓国のアジア株取引の開始
2000年9月 アジアマーケットへの進出を目的としてJapan Asia Securities Group Ltd.(現 Japan Asia Holdings Limited 本社ケイマン)へ出資
2001年3月 藍澤投資顧問株式会社(本社 東京都 資本金3億円)へ65%追加出資し、子会社化(出資比率70%)
2001年12月 中華人民共和国の国通証券(現 招商証券)と上海・深セン市場の株式の取扱いについてアライアンスを締結し、上海B株・深センB株の取扱いを開始
2002年2月 サン・アイ・エクセレント株式会社の株式を取得し、子会社化(出資比率100%)
2002年9月 藍澤投資顧問株式会社の株式を取得し、完全子会社化(出資比率100%)
2002年10月 平岡証券株式会社(本社 大阪府)と合併(資本金・50億円、店舗数31店舗)
2003年11月 藍澤投資顧問株式会社を解散
2005年4月 [子会社]上海藍澤投資諮詢有限公司を完全子会社として設立
2005年7月 アイザワ・インベストメンツ株式会社を完全子会社として設立
2005年10月 アイザワ・ベンチャー1号投資事業有限責任組合を100%出資で設立
2006年2月 株式会社ジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))へ株式を上場し、資本金を80億円に増資
2006年3月 アイザワ・ベンチャー2号投資事業有限責任組合を100%出資で設立
2006年4月 [子会社]Aizawa Asset Management(C.I.)Ltd.を完全子会社として設立
2006年10月 シンガポール、タイ、マレーシア株式の取扱いを開始
2006年12月 投資一任運用サービス「ブルーラップ」の販売を開始
2008年2月 アイザワ3号投資事業有限責任組合を100%出資で設立
2008年5月 [子会社]アイザワ・インベストメンツ株式会社とサン・アイ・エクセレント株式会社を合併
2008年8月 中国の投資情報収集の拠点として上海駐在員事務所 上海代表処を設立
2009年2月 ベトナムの証券会社であるJAPAN SECURITIES INCORPORATED(旧サクラ証券)へ出資
2009年3月 昇龍匿名組合1号から4号を子会社化
2009年6月 [子会社]上海藍澤投資諮詢有限公司を解散(上海駐在員事務所に吸収)
2009年8月 ベトナム、インドネシア、フィリピン株式の取扱いを開始
2010年1月 イスラエル株式の取扱いを開始
2010年4月 株式会社大阪証券取引所と株式会社ジャスダック証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場
2010年10月 株式会社大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場
2010年10月 昇龍匿名組合5号を子会社化
2010年12月 昇龍匿名組合1号から5号を清算並びに売却
2013年5月 八幡証券株式会社(本社 広島県)の株式を取得し、子会社化(出資比率100%)
2013年7月 米国株式国内店頭取引の取扱いを開始
2014年6月 欧州株式国内店頭取引の取扱いを開始
2015年1月 上海・香港ストックコネクト(上海A株)の取扱いを開始
2015年3月 株式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)から同取引所市場第一部へ上場市場変更
2016年2月 [子会社]八幡証券株式会社と合併(店舗数43店舗)
2016年10月 投資一任運用サービス「アイザワ ファンドラップ」の販売を開始
2016年12月 深セン・香港ストックコネクト(深センA株)の取扱いを開始
2017年3月 日本アジア証券株式会社(本社 東京都)の株式を取得し、子会社化(出資比率100%)
2018年1月 [子会社]Aizawa Asset Management(C.I.)Ltd.を解散
2018年1月 ベトナムの証券会社であるJAPAN SECURITIES INCORPORATEDを子会社化することを目的とし、株式譲渡契約を締結
2018年7月 [子会社]日本アジア証券株式会社と合併(店舗数61店舗)
2018年9月 [子会社]アイザワ・ベンチャー1号投資事業有限責任組合を清算
2018年12月 [子会社]アイザワ・ベンチャー2号投資事業有限責任組合を清算
2019年3月 西京銀行との銀証共同店舗「ゆめモール下関支店」を開設
2019年4月 投資一任運用サービス「アイザワSMA スーパーブルーラップ」の販売を開始
2019年8月 アイザワ4号投資事業有限責任組合を100%出資で設立
2019年12月 [子会社]アイザワ3号投資事業有限責任組合を清算
2020年6月 あすかアセットマネジメント株式会社(本社 東京都)の株式を取得し、子会社化(出資比率100%)