大和ハウス工業の歴史・創業ストーリー

フォロー
時価総額 2兆2305億6600万 円
銘柄コード 1925(市場第一部(内国株))

大和ハウス工業株式会社は、大阪市北区に本社をおく企業。1955年に創業者である石橋家の出身が奈良であることから、奈良の「大和」にちなんで設立された。1959年にはプレハブ住宅の原点と言われる「ミゼットハウス」を提供。現在の主な事業は住宅事業、賃貸住宅事業、流通店舗事業、法人向けの建築事業、マンション事業、太陽光発電システム・メガソーラーなどの環境エネルギー事業など。


1957年4月 我が国初の鋼管構造建築として日本軽量鉄骨建築協会より構造認定書を取得
1959年6月 大和工商株式会社(現・大和リース株式会社、連結子会社)を設立
1959年8月 大和梱包株式会社(現・大和物流株式会社、連結子会社)を設立
1959年10月 東京、大阪市場店頭承認銘柄として株式公開
1960年9月 軸組式プレハブ住宅を試作
1960年10月 堺工場を開設
1961年6月 大和団地株式会社(2001年4月大和ハウス工業と合併)を設立
1961年9月 大阪証券取引所市場に株式上場
1961年10月 東京証券取引所(現第一部)市場に株式上場
1962年4月 プレハブ住宅(「ダイワハウスA型」)を発売
1962年12月 株式額面変更のため、大和ハウス工業株式会社に吸収合併
1965年3月 奈良工場(初のプレハブ住宅専門工場)を開設
1971年4月 ダイワ住宅機器株式会社(現・株式会社デザインアーク、連結子会社)を設立
1973年11月 奈良中央試験所を開設
1978年2月 日本住宅流通株式会社(現・連結子会社)を設立
1978年4月 能登ロイヤルホテルをオープンし、リゾートホテル経営を開始
1980年8月 ホームセンター第1号店を奈良市にオープン
1983年3月 株式会社転宅便(現・大和ライフネクスト株式会社、連結子会社)を設立
1983年5月 中華人民共和国上海市において外国人宿泊用施設を建設。以後、中国事業を本格化
1985年7月 上海国際房産有限公司を設立し、中国における外国人向賃貸住宅施設の経営を開始し、以後北京市、大連市、天津市ほかで同様の事業を展開
1986年1月 大和情報サービス株式会社(現・連結子会社)を設立
1989年10月 シルバーエイジ研究所の設立
1989年10月 大和リビング株式会社(現・連結子会社)を設立
1991年4月 アールアンドディープランニング株式会社(現・ダイワロイヤル株式会社、連結子会社)を設立
1994年9月 大和ハウス工業総合技術研究所を開設
1999年3月 大阪・東京の新社屋完成
2001年4月 大和団地株式会社と合併(存続会社は大和ハウス工業)
2001年6月 全国13工場及び生産購買本部でISO14001の認証取得
2004年4月 ホームセンター事業をロイヤルホームセンター株式会社(現・連結子会社)に会社分割により承継
2004年9月 大和工商リース株式会社(現・大和リース株式会社)の株式を追加取得し、同社とその子会社4社を連結子会社化
2005年5月 大和ハウスグループ中期経営計画を策定
2006年8月 大和工商リース株式会社(現・大和リース株式会社)、ダイワラクダ工業株式会社(現・株式会社デザインアーク)、大和物流株式会社を株式交換により完全子会社化
2007年3月 リゾートホテル事業の一部を大和リゾート株式会社(現・連結子会社)に事業譲渡により承継
2008年4月 小田急建設株式会社(2015年10月株式会社フジタと経営統合(合併))の株式を取得し、持分法適用関連会社化
2008年5月 大和ハウスグループ第2次中期経営計画を策定
2008年12月 ビ・ライフ投資法人(現・大和ハウスリート投資法人)の投資口を取得し、スポンサーとなる
2009年9月 株式会社コスモスライフ(現・大和ライフネクスト株式会社)の株式を取得し、完全子会社化
2010年4月 ビ・ライフ投資法人(現・大和ハウスリート投資法人)においてニューシティ・レジデンス投資法人を吸収合併
2011年11月 大和ハウスグループ第3次中期経営計画を策定
2012年4月 大和リビング株式会社のサブリース事業を、大和リビングマネジメント株式会社(現・連結子会社)に会社分割により承継
2012年11月 大和ハウスリート投資法人が、株式会社東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場
2013年1月 株式会社フジタの株式を取得し、完全子会社化
2013年4月 大和ハウス工業住宅ストック事業のうちリフォーム部門をダイワハウス・リニュー株式会社(現・大和ハウスリフォーム株式会社、連結子会社)に会社分割により承継
2013年6月 株式会社ダイヨシトラスト(現・大和ハウスパーキング株式会社)の株式を取得し、子会社化
2013年6月 株式会社コスモスイニシアの株式を取得し、子会社化
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、大阪証券取引所市場第一部は、東京証券取引所市場第一部に統合
2013年11月 大和ハウスグループ第4次中期経営計画を策定
2014年8月 単元株式数を1,000株から100株へ変更
2015年5月 コーポレート・ガバナンスガイドラインを制定
2015年8月 大和小田急建設株式会社(2015年10月株式会社フジタと経営統合(合併))を株式交換により完全子会社化
2016年5月 大和ハウスグループ第5次中期経営計画を策定
2017年2月 Stanley-Martin Communities, LLC(アメリカ)の持分を取得し、子会社化
2018年2月 Rawson Group Pty Ltd.(オーストラリア)の株式を取得し、子会社化
2019年5月 大和ハウスグループ第6次中期経営計画を策定
2019年11月 大和ハウスグループのガバナンス強化策を策定