アイデンティティ管理をコアに隣接市場に展開するOktaの成長戦略

アイデンティティ管理をコアに隣接市場に展開するOktaの成長戦略

特集

前回前々回の記事では、アイデンティティクラウドを展開する「Okta」がどのように生まれ、上場に至ったかまでの道のりを紐解いた。

2017年に新規上場してからのOktaは、さらに驚くような成長を遂げた。

Oktaの成長は、クラウド時代で「SaaS」が増え、よりクリティカルな存在となっている現況を映し出している。企業が使うクラウドサービスが増え、そのアクセス管理が重要だからこそ認証基盤の需要も増えている。

今回の記事では、Oktaがアイデンティティ製品をどのように展開し、そして発展させようとしているかを確認する。それを知ることで、同社がなぜこれだけ急成長を遂げているか、その一端が垣間見えるだろう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン