フードデリバリーの覇権は誰に?米オンデマンド企業3社の決算総チェック

フードデリバリーの覇権は誰に?米オンデマンド企業3社の決算総チェック

特集

決算シーズンもだいぶ落ち着いて参りました。

次のシーズンが来るまでは、ピーク日にカバーしそびれたものを中心に、注目企業の決算について改めて確認していきます。なるべく横串での比較ができるよう、業界ごとの復習ができればと思います。

今回は「オンデマンド系」ということで、「Lyft」「Uber」「Grubhub」の3社についてチェックします。

Lyft(5/6発表)4月の乗車数▲75%

まずは配車サービスを手掛ける「Lyft」です。

2019年3月にIPOを果たした時には、売上高が前年比+95.4%というハイペースで伸びていました。ところが足元では+23.2%へと大幅に鈍化。

一般的な成長企業と同じくらいになってしまいました。営業赤字については売上に対して▲43%と、相変わらず高い水準です。

続いて、乗車ユーザー数とユーザーあたりの単価の推移を見てみましょう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン