IPO後に最も売上が伸びた企業は?〜2017年IPO企業編〜

IPO後に最も売上が伸びた企業は?〜2017年IPO企業編〜

注目企業

先々週先週に引き続き、今週も近年、IPOをした企業についてその後の業績をまとめていきたいと思います。

今回は2017年にIPOを行った日本企業について、売上成長率を切り口にまとめていきます。

IPO後、通期ベースで最も売上成長率が高かったのは、「シェアリングテクノロジー」でした。直近の売上成長率は169%。2018年IPOした企業の中で最も高い売上成長率を記録した「and factory」の178%に匹敵する成長率を記録しています。

2番目に高い売上成長率を記録したのはロコンド。直近の売上成長率は69%となっています。シェアリングテクノロジーの169%と比べると、やや見劣りしますが、通期売上ベースで69%も成長する企業はなかなかいません。

ここからは売上成長率上位10社に絞って、直近2年間の四半期業績の推移について確認していきます。まずは四半期売上から。

売上規模が10社の中で最も大きかったのは、「オプトラン」。オプトランは成膜装置の開発設計製造を行っている企業です。成膜装置とはLED照明やタッチパネルの防汚技術などに応用される機器だそうです。(事業紹介企業IRページ最新決算説明資料)

2番目に売上規模が大きかったのは、「UUUM」。UUUMはストクリが定点観測が行っている企業でもあります。(最新決算まとめ)

続いて、四半期営業損益の推移について確認してみます。

売上同様、「オプトラン」だけが規模ベースで頭一つ抜けており、2017年12月期(2017年9月-12月)以降、営業黒字が続いています。

オプトランを除いて、四半期ベースで営業黒字が続いている企業は、ソウルドアウト、SKIYAKI、PKSHA Technologyの3社となっています。

シェアリングテクノロジー:2018年の買収件数1位

ここからは売上成長率上位10社のうち、ストクリで普段カバーすることができていない5社について詳しく見ていきたいと思います。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

IPO後に最も売上が伸びた企業は?〜2018年米国市場IPO(前編)〜

IPO後に最も売上が伸びた企業は?〜2018年米国市場IPO(前編)〜

IPO

先週に引き続き、今週は米国市場(NASDAQとNYSE)で2018年にIPOを行った企業について、そのIPO後の業績についてまとめていこうと思います。

さっそく前回同様、売上成長率から確認していきます。

IPO後に最も売上が伸びた企業は?〜2018年IPO企業編〜

IPO後に最も売上が伸びた企業は?〜2018年IPO企業編〜

IPO

今回のエントリでは、2018年にIPOを行った企業について、売上成長率を中心にまとめていきます。昨年、IPOを果たした企業のIPO後の業績パフォーマンスはどのように変化しているのでしょうか?

それではさっそく売上成長率のランキングから見ていきます。なお、テクニカル上場及びファンドの上場は除いています。