「三菱財閥」の土台を作った2代目「岩崎弥之助」②

「三菱財閥」の土台を作った2代目「岩崎弥之助」②

特集

前回の続き)

三菱2代目、岩崎弥之助は1890年、東京の丸の内など10万坪あまりを128万円で陸軍省から購入。

当時の東京市の予算の3倍にものぼる金額で、いかに三菱といえど、社運をかけた大勝負だったに違いありません。

土地を取得すると、弥之助はすぐに一帯の家屋や施設を取り壊し、「三菱ヶ原」と呼ばれた広大な平原が東京のど真ん中にできあがります。

続きを読むには

こちらの記事は現在、「1記事無料」キャンペーン対象です。
無料ニュースレターにご登録後、ログインすれば1記事までお読みいただけます。