三菱の「財閥化」を完成!ところが解体されてしまう4代目・岩崎小弥太

三菱の「財閥化」を完成!ところが解体されてしまう4代目・岩崎小弥太

特集

前回の続き)

1916年、第一次大戦の軍需景気で絶頂期にあった三菱のトップを継いだ4代目・岩崎小弥太。

当時38歳と、入社して10年の経験を積んでいたとはいえ、前社長の久弥は、サクッと隠居してしまいました。

久弥の経営スタイルは、事業を部下に委ねて「任せる」というもの。細かいところに、特に目を光らせる必要もなかったのかもしれません。

ところが、4代目に就任した小弥太は、社長になるや否や、ものすごいリーダーシップを発揮していきます。

三菱の「財閥化」を完成

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン