国内BNPL決済のパイオニア「ネットプロテクションズHD」が東証一部上場へ

国内BNPL決済のパイオニア「ネットプロテクションズHD」が東証一部上場へ

IPO 関連資料

国内の老舗BNPL(Buy Now, Pay Later)決済サービス企業、ネットプロテクションズホールディングスが、近く東証一部への新規上場を果たす。

決済領域は国内外、あらゆるところで異様なまでの盛り上がりを見せた。数年前、ヤフー(現Zホールディングス)の「PayPay」が驚異的な金額でのマーケティングを繰り広げたのは記憶に新しい。

海外ではBNPL決済サービスの「Afterpay」がオーストラリア史上最速と言われるほどの成長をみせ、今年8月には290億ドルでの買収を発表。PayPal初期メンバーのマックス・レブチンが立ち上げた「Affirm」も上場以来、市場からの評価が高騰。時価総額はやはり300億ドル前後に達している。

そんな注目の市場で、20年近くも前からサービスを開始したのがネットプロテクションズだった。設立は2000年、「NP後払い」のスタートは2002年と、誰もが認める業界のパイオニアだ。今回の記事では、ネットプロテクションズの略史からビジネスモデル、展開するサービスについて紐解く。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン