10億枚売れたヒートテック!実はあの製品も!? 東レ×ユニクロ 共同開発の歴史

10億枚売れたヒートテック!実はあの製品も!? 東レ×ユニクロ 共同開発の歴史

注目企業

今回は「ヒートテック」を足がかりに、日本が誇る繊維企業「東レ」と「ユニクロ」の共同開発の歴史を読み解きます。

「ヒートテック」はユニクロの大ヒット商品となった機能性インナー。2003年の発売以降、冬の定番商品として大ヒットしていますが、実は国内を代表する繊維メーカー「東レ」と「ユニクロ」の共同開発によって生まれました。

その特徴は4種類の繊維がもたらす発熱・保温・DRYの3つの機能です。体内から蒸発する水分を吸収して熱エネルギーに変換し発熱する上、中が空洞の糸を65%使用しているため空気層の断熱効果で保温機能も実現。さらに表面積を増やした異型ポリエステル繊維を使用しており、汗をかいてもすぐに乾きます。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・共同開発の歴史は〇〇から
・ヒートテック開発のきっかけは「〇〇」
・〇〇と〇〇を経て現行モデルのヒートテックが完成
・大ヒット商品「〇〇」と「〇〇」も共同開発していた!
・2020年、東レとユニクロの取引累積額は〇〇円に

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン