今週も盛りだくさんのSaaS企業決算!勢いが止まらない「Smartsheet」など9社

今週も盛りだくさんのSaaS企業決算!勢いが止まらない「Smartsheet」など9社

先週に引き続き、今週も海外ではSaaS企業の決算発表が盛りだくさんでした。

12/3〜12/7に発表された決算の中から9社をピックアップして最新情報を整理していきます。


Smartsheet: リテンションレートが132%に上昇

最初はプロジェクト管理サービスを提供する「Smartsheet」(ティッカーシンボル: SMAR)です。

2019年1月期3Q決算説明資料

今四半期の売上は4,687万ドル、営業損失は1,641万ドルに拡大しました。

引き続きすさまじい成長スピードを維持しており、対前年の増収率は59.5%となっています。

顧客数は前年から7.4%増の7.8万社です。

Smartsheetが驚異的なのはアップセルがさらに加速していること。

リテンションレート(顧客単価の上昇を加味した既存顧客の定着率)が132%に上昇しています。


Okta: 四半期売上が1億ドルの大台を突破

Okta」(ティッカーシンボル: OKTA)はシングル・サインオンなど企業の認証システムを提供しています。

2019年1月期3Q決算リリース

今四半期の売上は1.1億ドル、営業損失は2,848万ドルに縮小しています。

成長速度は少しずつ緩やかになっているものの、50%以上の売上成長率を続けています。

顧客数は着々と増加しており、2018年10月末時点で5,600社ほど。

顧客獲得ペースが加速しており、特に年間契約額(ACV=Annual Contract Value)が10万ドルを超える大口顧客は前年から55.4%も増加しました。


Coupa Software: 売上成長率が40%台に再加速

企業の支出管理サービスを展開する「Coupa Software」(ティッカーシンボル: COUP)です。

2019年1月期3Q決算リリース

今四半期の売上は6,746万ドル、営業損失は992万ドルほどです。

直近3四半期で売上成長が加速しており、今四半期は再び40%以上の増収率となっています。

CoupaのKPIである自社のプラットフォーム上で発生した管理コスト総額(Spend Under Management)は右肩上がりに増加し、今四半期は1,000億ドルにのぼっています。


Guidewire Software: 『InsuranceNow』好調でライセンス収益が大幅に増加

損害保険業務に特化した管理システムを提供する「Guidewire Software」(ティッカーシンボル: GWRE)です。

2019年7月期1Q決算リリース

2Q(11月〜1月)と4Q(5月〜7月)に売上が増加する季節性があり、今四半期の売上は1.8億ドルとなっています。

増収率は右肩上がりに高まっており、今四半期は66.1%に達しています。

セグメント別売上高を見てみると、ライセンス収益が前年の3倍以上となる9,427万ドルに増加。

2017年から提供を開始したトータルソリューション『InsuranceNow』の導入が大きく寄与しました。

サービス収益が右肩上がりに上昇していたのは、オンプレミスで既存サービスを利用していた顧客や新規顧客の導入支援が増加していたためです。


なお、Guidewireは今期より収益認識の方針を変更(会計基準"ASC 606"を適用)しており、主に長期契約サービスの収益認識タイミングが変動したことも売上増加の一因となっています。


MongoDB: 売上成長率50%以上をキープ

データベースを提供している「MongoDB」(ティッカーシンボル: MDB)です。

2019年1月期3Q決算リリース

今四半期の売上は6,499万ドル、営業損失は2,905万ドルに増加しました。

対前年の売上成長率は56.6%と引き続き急速な成長を続けています。

中でも2016年から提供を開始した『mongoDB Atlas』が約4倍の増収となり、売上全体の22%を占めるまでに成長しています。

mLab

MongoDBは2018年10月、DBaaS(Database-as-a-Service)を提供する「mLab」を約6,800万ドルで買収すると発表しました。

mLab上では現在100万以上のデータベース(hosted databases)が稼働しており、トヨタやSAP、Facebookなども顧客に抱えています。


Cloudera: 「Hortonworks」との合併を発表

ビッグデータを処理するためのデータウェアハウスなどを提供する「Cloudera」(ティッカーシンボル: CLDR)です。

2019年1月期3Q決算リリース

今四半期の売上は1.2億ドル、営業損失は2,635万ドルに縮小しました。

対前年の売上成長率は25.0%で、少しずつ成長スピードは鈍化してきています。

Clouderaは2018年10月、競合である「Hortonworks」との合併を発表しました。

Clouderaはデータ分析領域、HortonworksはIoT領域に強みを持っており、両社は補完関係にあるとのこと。

合併後の売上規模は7億円を超える見通しです。


Zscaler: アメリカ国外の売上が半数以上

Zscaler」(ティッカーシンボル: ZS)は企業のネットワークなどをクラウド上で監視できる「Security as a Service」を提供しています。

2019年7月期1Q決算説明資料

今四半期の売上は6,330万ドル、営業損失は866万ドルとなりました。

業績の伸びが加速し続けており、対前年の売上成長率は58.8%まで高まっています。


Zscalerはアメリカ国外での売上が全体の50%以上となっており、パートナー企業も含めて世界各国にセールスチームを構えています。


Domo: 400人以上のCEOが利用

BIツールを提供している「Domo」(ティッカーシンボル: DOMO)です。

2019年1月期3Q決算リリース

今四半期の売上は3,684万ドルほど。

マーケティングコストを抑えたことで営業損失は2,998万ドルに減少しました。

売上成長率は徐々に低下してきているものの、引き続き30%以上の成長率を維持しています。

投資家向け会社紹介資料

2018年に入ってからアクティブユーザー数が急増しており、現在は400人以上のCEOが利用しているそうです。


DocuSign: 顧客数が45万社を突破

最後はオンライン契約管理サービスを展開している「DocuSign」(ティッカーシンボル: DOCU)です。

2019年1月期3Q決算説明資料

今四半期の売上は1.8億ドル、営業損失は5,842万ドルとなっています。

成長スピードは衰えておらず、売上成長率は36.6%に上昇しました。

顧客数は着々と増加しており、2018年10月末時点で45万社を突破。

1年間で10万社以上を獲得しています。