「楽天Edy」発行枚数は1億枚を突破!「nanaco」から「QUICPay」まで国内の主要電子マネー6つまとめ


前回、Suicaがどのように普及してきたのか取り上げました。

日本のキャッシュレス化への切り札となれるか!個人間送金も視野に入れる国内大手ICカード「Suica」


前回のSuicaに引き続き、今回はSuica以外の電子マネーについて取り上げたいと思います。

まず電子マネーにはプリペイド式電子マネーポストペイ式電子マネーがあります。

プリペイド式電子マネーとは、事前に現金をチャージしておく方式の電子マネーです。

今回取り上げる電子マネーの中でも「楽天Edy」「nanaco」「WAON」「PASMO」がプリペイド式にあたります。

そしてポストペイ式電子マネーとは、クレジットカードや銀行口座から使用した金額を引き落とす形になります。

今回取り上げる中では「iD」「QUICPay」がポストペイ式電子マネーにあたります。


楽天Edy:日本最多の発行枚数

まずは日本で最多の発行枚数を誇るプリペイド式電子マネー「楽天Edy」から見ていきましょう。

「Edy」という名前は、「ユーロ(Euro)、ドル(Dollar)円(Yen)に次ぐ4番目の基軸通貨になってほしい」という願いが込められ、命名されました。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ

さらに勢い増しているQR決済戦争!『LINE Pay』『PayPay』など14サービスまとめ

ニュース図解

QRコード決済に参入する企業が着々と増えており、LINEはテンセントと提携するなどそれぞれの戦略が少しずつ見えてきています。

アリペイとWechat Payのユーザー数は10億!「中国」がキャッシュレス大国になった経緯

日本のキャッシュレス化の遅さが話題にあがる一方、中国のキャッシュレス化についてよく耳にします。

そこで今回は「どのように中国がキャッシュレス大国になったのか」「現在はどのような状況なのか」について、できる限りまとめていきたいと思います。

日本のキャッシュレス化への切り札となれるか!個人間送金も視野に入れる国内大手ICカード「Suica」

お隣の中国・韓国のキャッシュレス化が進む中、日本は依然として現金主義です。

その現金主義が蔓延するこの日本で、キャッシュレス化に一役買っているSuica。