日本のキャッシュレス化への切り札となれるか!個人間送金も視野に入れる国内大手ICカード「Suica」

お隣の中国・韓国のキャッシュレス化が進む中、日本は依然として現金主義です。

その現金主義が蔓延するこの日本で、キャッシュレス化に一役買っているSuica。

駅ではもちろんのこと、最近ではコンビニ・レストランでも使えるようになっていますね。

(引用:Suica

今回は、そのSuicaがどのように誕生し、どのように普及したのかを見ていきたいと思います。

まずはSuicaとは何なのか、Suicaを使えば何ができるのかおさらいしましょう。

Suicaって何?

(引用:Suicaのペンギン

多くの方がご存知のように、SuicaはJR東日本が発行するICカードです。

名前の由来は「Super Urban Intelligent CArd(都会の賢いスーパーなカード)」であり、「スイスイ行けるICカード」の意味も含んでいます。

命名に当たっては後付けかと思いきや、広告代理店に頼んでコンペを行なって決まったとのこと。


当初は首都圏エリアでのみ利用することができましたが、現在は全国10種類の交通系ICカードとの相互利用が可能となっています。


(PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけんなど)の交通系ICカードとの相互利用が可能となっています。

(参照:JR東日本

SuicaをはじめとするICカードの強みとしては、処理の速さがあります。

(引用:JR東日本

切符だと処理時間0.7秒を有するのに対し、ICカードは、処理時間0.2秒ほどしか必要ありません。

電車の利用者数が多い日本では、必要不可欠です。

ところでみなさん、なぜSuicaは、なぜかざすだけで反応するのか不思議じゃないですか?

それには、日本の技術が使われているのです。

FeliCa

ソニーが開発した非接触型ICカード技術「FeliCa」は、かざすだけで高速データ送受信を実現。

厳重なセキュリティーも実現し、公共交通機関の乗車券システムから、電子マネー、マンションの鍵まで幅広い用途で使われています。

FeliCaは「nanaco」「楽天Edy」「WAON」にも使われており、他にもID認証や家電製品などにも内臓されています。

ちなみに「FeliCa」の名前の由来は、Felicity(幸福・至福)です。

(参照:FeliCaサイト

それでは、Suicaがどうやって誕生し、どのように普及してきたのか見ていきましょう。

歴史:2001年にサービス開始

2001年11月、首都圏エリアの424駅でSuicaのサービス開始。

2003年には、新幹線でのSuica利用開始と共に、仙台エリアの66駅でサービスを開始しました。

2004年、Suica電子マネーサービス、2006年には、モバイルSuicaサービス(お財布ケータイ向け)を開始します。

2009年には、Suicaインターネットサービスが開始され、ネットショッピングなどでSuicaが使えるようになります。

2011年、スマートフォンでのモバイルSuicaサービスを開始。

2016年には、Apple PayでのSuicaサービスを開始します。

Apple PayでのSuicaスイカサービスでは、定期券、グリーン券、特急券も利用できるようになっています。

(引用:JR東日本

ちなみに、ここで初めてApple PayにSuicaを取り込めるようになった要因としては、iPhone7に先ほど述べたFeliCaが搭載された点があげられます。

現在:国民の2人に1人が所持している計算に

それでは、Suicaの現在の状況を見ていきましょう。

まずは発行枚数から。


2019年1Qには、Suicaの発行枚数が7100万枚を突破しています。

2016年1Qの発行枚数が5300万枚だったので3年間でおよそ2000万枚増加しています。

2001年にサービス開始したSuicaですが、7100万枚というと日本国民の2人に1人以上がSuicaを所持していることになります。


2006年からサービス開始したモバイルSuicaの会員数は、2018年3Qには、550万人に到達しています。

グラフを見ると2017年3Qで大幅にモバイルSuica登録者数が増加しています。これは、AndroidスマートフォンにモバイルSuicaが対応したことが要因としてあげられます。

さらに2018年2Qでも、モバイルSuicaがApple Watch Series 2に対応したことにより大幅に登録者数が増加しています。

このようにSuicaは、テクノロジーに対応することによって利用者数を増やしています。

(参照:モバイルSuica会員数500万人突破


Suicaの発行発行の増加に伴い、Suicaの利用件数も2018年1Qには、660万件に到達しています。


利用可能店舗に関しては、過去最高を記録しており、いまだに成長していることがわかります。

2018年には、476万店舗でSuicaが利用されており、さらなる利用拡大が見込まれています。


(引用:JR東日本

そして電子マネーの相互利用によりSuicaは、沖縄を除くほぼ全ての地域で利用可能となっており、日本全国をほぼカバーしています。

展望:個人間送金も視野に

続いてSuicaの最近の動向についてチェックしていきましょう。

Google Payに対応

(引用:JR東日本

2018年5月24日、Googleの支払いサービスであるGoogle PayにSuicaが追加されました。

これによってユーザは、手元にSuicaがなくても、年会費無料でGoogle PayアプリからSuicaを発行することが可能になりました。

さらに設定した最低残高を下回った時にユーザーへ通知を送る「リマインダー機能」を備えています。

みずほ銀行と連携

そして先日、みずほ銀行とJR東日本が連携し、「Mizuho Suica」の提供を開始しました。

今までは、現金かクレジットカードを経由してからしかチャージできませんでした。

しかし、この「Mizuho Suica」を利用することでみずほ銀行の口座から直接チャージすることが可能になりました。

個人的には、このサービスが日本のキャッシュレスに貢献してくれるのではないかと期待しています。

(引用:みずほ銀行

個人間送金の実現を目指す

そして最後にJR東日本が掲げるSuicaの今後の方針をみていきたいと思います。

(引用:JR東日本

最も目を引いたのは、Suicaの個人間送金機能についてです。

累計7000万枚も発行されている「Suica」で個人間送金が可能になるとかなり便利になるのではないでしょうか。

そのほかにもSuicaを活用したスマートロック・配車機能なども事業構想に組み込まれているようです。

今回は、「Suica」の歴史から現状、さらには、これからの展望までみてきました。

日本のキャッシュレス化の遅れが嘆かれる中、「Suica」がこれからどのように日本のキャッシュレス化に貢献していくのか引き続きチェックしていきたいと思います。