アリペイとWechat Payのユーザー数は10億!「中国」がキャッシュレス大国になった経緯

日本のキャッシュレス化の遅さが話題にあがる一方、中国のキャッシュレス化についてよく耳にします。

そこで今回は「どのように中国がキャッシュレス大国になったのか」「現在はどのような状況なのか」について、できる限りまとめていきたいと思います。

まずは中国のキャッシュレス比率について確認してみます。

(引用:経済産業省

2015年のデータではありますが、中国のキャッシュレス比率は60%となっています。

日本のキャッスレス比率18%と比べると大きく進んでいますし、これから3年経った現在ではさらに上昇していることは間違いありません。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(前編)

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(前編)

ニュース図解

Stockclipでは日々、様々な企業のIR資料について読み込んでいます。

中国の新規上場企業の目論見書などにも日々、目を通しているわけなのですが、そこに出てくる中国の市場環境についてのデータが非常におもしろい。

日本のキャッシュレス化への切り札となれるか!個人間送金も視野に入れる国内大手ICカード「Suica」

お隣の中国・韓国のキャッシュレス化が進む中、日本は依然として現金主義です。

その現金主義が蔓延するこの日本で、キャッシュレス化に一役買っているSuica。