アリババグループ 事業内容・ビジネスモデル

フォロー
時価総額 4587億6791万7000 ドル
銘柄コード BABA(NYSE)

アリババグループは、中国杭州市に本社をおくインターネット企業。
1999年4月にジャック・マー(馬雲)氏によって創業。
2005年ヤフー中国を買収、2014年にニューヨーク証券取引所に上場を果たした。
現在BtoBの淘宝網(Taobao)、オンラインショッピングの天猫(Tmall)、検索サイトのYahoo!中国雅虎、電子マネーサービスのAlipayなどを運営している。


事業内容とビジネスモデル

沿革・会社概要

Alibaba Group Holding Ltd. (アリババグループ、阿里巴巴)は、中国杭州市に本社をおくインターネット企業。1999年4月、中国杭州市出身の元英語教師ジャック・マー(馬雲)氏率いる18人によって設立された。

インターネットが小規模企業がイノベーションと技術を活用して成長し、国内および世界経済においてより効果的に競争できるようにすることを目指し、ビジネスの場を平等にするという信念のもと、小規模企業を支援するためにアリババを設立した。

2005年ヤフー中国を買収、2014年にニューヨーク証券取引所に上場を果たした。

現在はBtoBのオンラインモール『淘宝網(タオバオ、Taobao)』、オンラインショッピングの『天猫(テンマオ、Tmall)』、検索サイトの『Yahoo!中国雅虎』、子会社のAnt Groupを通じて電子マネーサービスの『Alipay(アリペイ)』等の多岐にわたる事業を展開している。

マーチャントやブランド、その他のビジネスが新しいテクノロジーの力を活用して、ユーザーや顧客との関わりを深め、より効率的に業務を遂行できるようにするためのテクノロジー・インフラストラクチャとマーケティング・リーチを提供している。

事業内容・サービス内容

中国の小規模な輸出業者、製造業者、起業家の国際的な販売を支援する最初のウェブサイトを立ち上げて以来、アリババグループはオンラインおよびモバイルコマースの世界的リーダーに成長してきた企業。現在、アリババとその関連企業は、大手卸売・小売オンラインマーケットプレイスのほか、クラウドコンピューティング、デジタルメディア、エンターテインメント、イノベーションイニシアティブなどの事業を展開している。

アリババの事業は、コアコマース、クラウドコンピューティング、デジタルメディア&エンターテイメント、イノベーションイニシアティブで構成されている。また、子会社であるAnt Groupは、アリババのプラットフォーム上で決済サービスを提供し、消費者や加盟店に金融サービスを提供している。

アリババはコマース事業を通じて消費者、加盟店、ブランド、小売店、第三者サービスプロバイダー、戦略的アライアンスパートナー、その他の事業者で構成されるデジタルエコノミーを構築している。たとえば、2003年にスタートした「淘宝網(タオバオ)マーケットプレイス」(www.taobao.com)では、ビッグデータ分析とテクノロジーによって最適化された、魅力的でパーソナライズされたショッピング体験を、大都市と発展途上地域の両方の消費者に提供している。

関連性の高い、魅力的なコンテンツと、加盟店からのリアルタイムの更新を通じて、消費者は製品や新しいトレンドを学習することができる。また、消費者同士やお気に入りの加盟店、主要なオピニオンリーダーと交流することも可能だ。タオバオマーケットプレイスの加盟店は、主に個人と中小企業である。

タオバオマーケットプレイスは、2020年3月31日に終了した12ヶ月間のGMV(Gross Merchandise Volume:特定の市場で特定の期間に販売された商品の総売上金額を示す)の観点から、大規模で成長しているソーシャルコミュニティを持つ中国最大のモバイルコマース・デスティネーションであった。

Core Commerce

Retail Commerce – China(中国小売)

アリババは、大規模かつ成長を続けるソーシャルコミュニティを有する中国最大のモバイルコマースサイト「タオバオマーケットプレイス」と、ブランドや小売業者向けの世界最大のサードパーティオンラインおよびモバイルコマースプラットフォーム「Tmall」で構成される中国の小売マーケットプレイスを運営している。中国小売事業は2020年3月期の売上の約65%を占めている。

中国小売事業は、「Customer management(広告サービス)」「Commission(販売手数料)」その他ニューリテールを中心とした直販事業等を収益源とする。

アリババは、小売業務の基礎を再構築し、小売業の景観を変革するために、ニューリテールの取り組みを導入している。ニューリテールとは、デジタル化されたオペレーションシステム、店舗内テクノロジー、サプライチェーンシステム、消費者インサイト、モバイルエコシステムを活用し、消費者にシームレスなショッピング体験を提供することで、オンラインとオフラインの小売の融合を意味する。

アリババ独自の食料品小売チェーンである「Freshippo」(中国語で「Hema」)を運営している。Freshippoは、店舗で買い物をする顧客に豊かで楽しい体験を提供するだけでなく、小売店を利用してオンライン注文に対応することで、オンラインとオフラインの活動を融合させた新しいショッピング体験を創造している。

Wholesale Commerce – China(中国卸売)

国内統合卸売マーケットプレイス「1688.com」は、幅広いカテゴリーの卸売バイヤーとセラーを結びつけている。「零售通(Lingshoutong)」は、小規模小売店の運営のデジタル化を促進することで、FMCGブランドメーカーとその販売代理店を中国の小規模小売店に直接接続し、小規模小売店は顧客により幅広い商品の選択を提供できるようになる。

Retail Commerce – Cross-border and Global(クロスボーダー小売、中国以外の小売EC)

アリババは、東南アジアの中小企業、地域ブランド、グローバルブランドを対象としたEコマースプラットフォーム「Lazada」を運営している。Lazadaは消費者に幅広い商品へのアクセスを提供しており、2020年3月31日までの1年間で7,000万人以上のユニークな消費者にサービスを提供している。また、Lazadaはこの地域で最大級のEコマース物流ネットワークを運営している。Lazadaの小包の75%以上が自社施設またはファーストマイルフリートを経由している。

アリババのグローバル小売マーケットプレイスの1つである「AliExpress」では、世界中の消費者が中国をはじめとする世界中のメーカーや流通業者から直接購入できる。

また、中国語の電子商取引プラットフォーム「Tmall Taobao World」を運営しており、華僑の消費者が中国国内のブランドや小売店から直接買い物ができる。「Tmall Global」は海外ブランドや小売業者から中国の消費者へのリーチを可能にしており、2020年3月31日に終了した12ヶ月間のGMVに基づいた中国最大の越境ECプラットフォームとして君臨している。2019年9月には、NetEaseの越境ECプラットフォーム「Kaola」を買収し、提供するサービスの幅をさらに広げている。

そのほか、トルコの大手ECプラットフォーム「Trendyol」、パキスタンとバングラデシュに主要市場を持つ南アジア全域の大手ECプラットフォーム「Daraz」を運営している。

Wholesale Commerce – Cross-border and Global(クロスボーダー卸売、中国以外の卸売EC)

アリババは、中国最大の国際統合オンライン卸売市場である「Alibaba.com」を運営している。バイヤーは世界190か国に広がっている。

Logistics Services

アリババは、主に物流パートナーの能力と能力を活用した物流データプラットフォームとグローバルフルフィルメントネットワークである「Cainiao Network」を運営している。Cainiao Networkは、国内外のワンストップ物流サービスとサプライチェーン管理ソリューションを提供している。

アリババは、Cainiao Networkのデータインサイトとテクノロジーを利用して、倉庫と配送プロセス全体のデジタル化を促進し、それによって物流バリューチェーン全体の効率を向上させている。

加盟店に対しては、在庫と倉庫管理をより良く管理し、消費者は注文を追跡し、速達宅配会社は配送ルートを最適化するためにデータへのリアルタイムアクセスを提供している。

一般消費者は、コミュニティステーション、キャンパスステーション、スマートピックアップロッカーのネットワークを運営する近隣配送ソリューションである「Cainiao Post」で荷物を受け取ることができる。

また、消費者は「Cainiao Guoguo」アプリで2時間以内に荷物を受け取るようにスケジュールを立てることができる。

そのほか、「Ele.me」のローカル・オンデマンド・デリバリー・ネットワークである「Fengniao Logistics」を運営しており、食品、飲料、食料品などの商品をタイムリーに届けている。

Consumer Services

アリババは、モバイルやオンライン技術を活用して、サービス提供者とその顧客の双方にとって、消費者サービスの効率性、有効性、利便性を向上させている。

オンデマンドデリバリーと地域サービスのリーディングプラットフォームである「Ele.me」では、消費者がいつでもどこでも料理や食料品を注文できる。

店頭消費のための大手レストラン・ローカルサービスガイドプラットフォームである「Koubei」は、ターゲットを絞ったマーケティングやデジタル運用・分析ツールを加盟店に提供し、消費者がローカルサービスのコンテンツを発見できるようにしている。

オンライン旅行プラットフォームのリーディングカンパニーである「Fliggy」は、消費者の旅行ニーズを満たす総合的なサービスを提供している。

Cloud Computing

ガートナーが発表した2020年4月のレポートによると、アリババグループは、2019年の売上高で世界第3位、アジア太平洋地域最大のインフラストラクチャ・アズ・ア・サービス・プロバイダー(IaaS)に位置付けられている。また、IDCによると、アリババグループは、2019年の売上高でも中国最大のパブリッククラウドサービスプロバイダー(PaaS、IaaS)である。

アリババのクラウドコンピューティング事業である「アリババクラウド」は、エラスティックコンピューティング、データベース、ストレージ、ネットワーク仮想化サービス、大規模コンピューティング、セキュリティ、管理・アプリケーションサービス、ビッグデータ分析、機械学習プラットフォーム、IoTサービスなどのクラウドサービス一式を提供している。

2019年の11.11グローバルショッピングフェスティバルに先立ち、アリババはEC事業の基幹システムをアリババクラウドのパブリッククラウドに移行することに成功した。この移行は、アリババにとってより大きな運用効率を生み出すだけでなく、より多くの顧客にパブリッククラウド・インフラを提供するための大きなマイルストーンとなった。

Digital Media and Entertainment

デジタルメディア、およびエンターテインメント事業は、アリババのコアコマース事業以外の消費を取り込む戦略の延長線上にある。コマースおよび独自のデータ技術から得られる洞察力により、関連性の高いデジタルメディアおよびエンターテインメントコンテンツを消費者に提供することが可能になる。この相乗効果により、優れたエンターテインメント体験を提供し、企業の顧客ロイヤルティと投資収益率を向上させ、デジタル経済全体のコンテンツプロバイダーの収益化を向上させることができる。

QuestMobileによると、2020年3月の月間アクティブユーザー数で中国第3位のオンライン長編動画プラットフォームである「Youku」は、アリババのデジタルメディアおよびエンターテインメントコンテンツの主要な配信プラットフォームとして機能している。

また、「アリババピクチャーズ」は、エンターテインメント業界向けのコンテンツ制作、プロモーション、配信、知的財産ライセンスと統合管理、映画館チケット管理、データサービスなどをカバーするインターネット主導の統合プラットフォームである。

Youku、アリババ・ピクチャーズ、およびニュースフィード、文学、音楽などの当社の他のコンテンツプラットフォームは、ユーザーがコンテンツを発見して消費するだけでなく、相互に交流することを可能にしている。

Innovation Initiatives

アリババは、消費者の日常生活におけるニーズを満たし、効率を向上させ、デジタルエコノミー参加者間の相乗効果を生み出すことを目標に、新たなサービスや製品の提供に向けた革新と開発を続けている。

2020年3月の月間アクティブユーザー数で中国最大(QuestMobile)のモバイルデジタル地図、ナビゲーション、リアルタイム交通情報のプロバイダーである「Amap」は、地図データ技術を通じて、アリババのビジネスやサードパーティ製モバイルアプリを強化している。エンドユーザーに対しては、ナビゲーション、ローカルサービス、ライドハイリングなどのサービスを提供している。

「DingTalk」は、現代の企業や組織に新しい働き方、共有、コラボレーションの方法を提供するデジタルコラボレーションワークプレイスとして機能する。「DingTalk」は、複数のフォーマットでの安全で信頼性の高いコミュニケーション、ワークフロー管理、チームメンバーや企業間のネットワークコラボレーションを、1つのインターフェースで実現する。

QuestMobileによると、「DingTalk」は2020年3月の月間アクティブユーザー数で中国最大の業務効率化アプリとなった。2019年の出荷台数で中国で1位(IDC)のスマートスピーカー「Tmall Genie」を通じ、デジタルエコノミー参加者が提供するサービスに簡単にアクセスできるように、顧客に新しいインタラクティブなインターフェイスを提供している。

Ant Group

アリババの子会社であるAnt Groupは、中国最大のデジタル決済プラットフォームAlipayの親会社であり、テクノロジー主導の包括的な金融サービスのためのオープンプラットフォーム開発に取り組んでいる。テクノロジーとイノベーションを通じて、金融サービスから日常生活のサービスまで、現代のサービス産業のデジタル化をグローバルに実現。

さらに、Ant Groupは、中国をはじめ世界中のパートナーと協力して、インクルーシブでグリーンで持続可能なサービスを消費者や中小企業に提供することを目指しており、アリババグループを構成する主要な事業の一つとなっている。


2020年3月期 Fiscal Year 2020 Annual Report20-F(提出日:2020年7月9日)