「LevelUp」買収発表で株価急騰!「Grubhub」2018年2Q決算まとめ

今回は、アメリカのオンライン・フードデリバリー企業「Grubhub」の2018年Q2決算をチェックしていきます。


「Grubhub」はこれまでも何度かノートでまとめており、継続して注目している成長企業です。

・高い成長率と利益率を両立するフードデリバリー企業「Grubhub」、その高いポテンシャルとは

・Yelp傘下の「Eat24」と統合!ユーザー数77%増加も利用頻度は低下する「Grubhub」の決算数値を追う


フードデリバリー市場は急拡大しており、日本でもUber Eatsのバッグを背負う自転車を見かけることが増えました。

アメリカでは日本以上の激しい競争が繰り広げられていますが、「Grubhub」の成長スピードは現在どうなっているのでしょうか。

2017年ごろから株価はうなぎのぼりです。

今回のエントリでは、Grubhubの状況について事業KPIを中心にまとめていきたいと思います。


3大KPIは堅実な伸び。1秒に5回のオーダーが入る

最初にチェックしたいのは「アクティブ・ダイナー(注文者)数」。

Grubhubのプラットフォームを実際に注文しているユーザーの数です。


続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン