Yelp傘下の「Eat24」と統合!ユーザー数77%増加も利用頻度は低下する「Grubhub」の決算数値を追う

今回は、アメリカのオンライン・デリバリー企業「Grubhub」の四半期決算について、最新の情報(2018年Q1)とともにまとめたいと思います。

詳しい事業内容については、以前まとめたノートをご参考ください。

高い成長率と利益率を両立するフードデリバリー企業「Grubhub」、その高いポテンシャルとは


とはいえ、Grubhubの事業は非常にシンプルです。

飲食店と一般ユーザーをマッチングして、デリバリーによって食事を運び、一般ユーザーが配達フィーを支払うというもの。


まずは、最も重要なKPIの一つであるアクティブ・ダイナー(注文者)数の推移です。

2017年Q4にダイナー数がドカンと増えていますが、これは2017年10月にYelpのフードデリバリー子会社「Eat24」を事業譲受したため。(買収金額は2億8750万ドル)

Grubhub Completes Acquisition of Eat24

Eat24以外にも「Foodler」「OrderUp」などのサービスを買収しており、アメリカのオンラインフードデリバリー市場を独占するつもりかという勢いで拡大しています。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン

関連記事

デニーズはじめ飲食店など147万顧客が利用!デジタル情報の一括管理SaaSを提供する「Yext」

Yextはアメリカ・ニューヨークに本社を置くテクノロジー企業で、デジタルナレッジを管理するプラットフォームを提供しています。

テジタルナレッジとは、インターネット上の店舗、イベント、メニュー、製品情報などの情報のこと。

Grubhub 3Q決算発表・売上32%増・純利益1%減

Grubhubが発表されましたが、しっかり伸びています。

Grubhubでは、3社を計3.6億ドルで買収しています。

Grubhub 2Q決算発表・売上36%増へ

オンラインフードデリバリーの隠れた名企業のGrubhubの2Qの決算が発表されました。

オンラインフードデリバリーというと、先日上場したBlue Apronが大赤字だったイメージがあります。