「シャープ」「オリエンタルランド」「ペッパーフードサービス」の決算まとめ

今週、発表された日本企業3社の決算についてまとめます。


シャープ:10年ぶりに全四半期で黒字化。営業利益前年比144.3%

まずは、電機メーカー「シャープ」の決算です。


2018年3月期の売上高は、2兆4272億円(前年比18.4%増)、営業利益は901億円(前年比44.3%増)となりました。

通期予想と比較すると、売上高で828億円、営業利益で29億円及びませんでしたが、売上・営業利益ともに大幅に伸びています。


それでは、この増加の要因はなんなのでしょうか。


①スマートホーム事業とは、いわゆる白物家電や携帯電話、太陽電池を指しているようです。

②スマートビジネスソリューション事業とは、POSシステム機器プロジェクターなど、事業者向けの電子機器を指します。

③IoTエレクトロデバイス事業は、カメラモジュールやセンサーモジュール、車載カメラなどの生産事業です。

④アドバンスディスプレイシステム事業は、液晶テレビなど各種液晶パネルの生産事業です。

売上高を見ると、全セグメントで売上が伸びています。
なかでも、アドバンスディスプレイシステム事業の売上は29.0%増です。

そのほか、スマートホーム事業で10.4%、スマートビジネスソリューション事業が4.2%、IoTエレクトロデバイス事業が18.8%の増加となっています。

営業利益を見ると、3つのセグメントにおいて営業利益が減少しています。

一方でアドバンスディスプレイシステム事業は、前年の10.4倍の370億円となっています。利益増の要因は、コストダウンや車載用など中型パネルへのカテゴリーシフトだそうです。


シャープの財政状態は以下の通りです。




総資産は1兆9087億円で、そのうち現金は4223億円です。

ここ数年でたな卸資産が減少し、その分現金が増えているように見えます。

減少幅が多いのは有形固定資産で、生産拠点の再編を進めていることがわかります。


2015年には純資産が312億円のマイナスで、債務超過に陥っていましたが、現在は改善しています。

自己資本比率は19.8%となっています。


キャッシュフローには波がありましたが、今期の営業キャッシュフローは1053億円で、有形固定資産への投資や借入金の返済に充てられているようです。


2018年3月期は、3年間の中期経営計画の1年目でした。

来期も、売上高+19.1%・営業利益+22.1%と予想しています。


アドバンスディスプレイシステム事業は、売上高の目標を達成していますから、ほかの3事業が目標達成の鍵となりそうです。


オリエンタルランド:過去最高の売上高を達成するも2.5%の減益

続いては、オリエンタルランドです。

売上高は4793億円で、前年比で0.3%の増収。

一方、営業利益は1103億円で、前年比2.5%の減益となりました。


事業別の売上を見てみましょう。

テーマパーク・ホテルの両事業については増収が続いています。期初の予想と比べても2.1%の増収です。

テーマパーク事業の増収は、入園者数や単価の増加によるものです。

ホテル事業の増収は、2016年に開業した「東京ディズニーセレブレーションホテル」が通年で稼働したことによるものです。



主力事業のテーマパークの入園者数は、前年から10万人増加し、3010万人でした。

東京ディズニーシーの新規アトラクション 「ニモ&フレンズ・シーライダー」の好調などが入園者数の増加につながったとしています。

また、 1人あたりの単価も20円ほど増加して、11614円となっているようです。


テーマパーク事業は、人件費などのコスト増により減益となりました。

ただ、増収や飲食原価の減少等の影響で、営業利益も期初の予想を10.1%上回っています。


オリエンタルランドの財政状況

総資産は9156億円で、そのうち現金は2964億円です。


利益剰余金が6196億円もあります。

負債は1936億円ですが、借入れはそのうち596億円ほどです。


営業キャッシュフローは高い水準で、4年連続で増加しています。

投資も適正に行われているように見えます。


来期は、東京ディズニーリゾートの35周年を記念するイベントが実施されることを踏まえ、売上高+4.5%、営業利益+2.9%と予想されています。


テーマパーク事業の詳細な予想です。

入園者数は4年ぶりの高水準となる3100万人、1人あたりの売上高は過去最高の11830円と予想されています。


オリエンタルランドは今期が中期経営計画の1年目でした。

中期経営戦略を構成する目標は次の3つです。

①高い満足度を伴ったパーク体験を提供できている状態であること

②2020年度に、過去最高の入園者数を達成すること

③2020年度に、過去最高の営業キャッシュフローを達成すること


目標を達成するための施策として、まず新規プロダクトの導入があります。

特に、2020年には約750億円をかけて東京ディズニーランドで新エリア等の大規模開発が行われる予定です。


その他にも、「東京ディズニーリゾート・アプリ」のリリース(2018年夏)や外国人の受け入れ対応などの施策が実施される予定です。


ペッパーフードサービス:
「いきなり!ステーキ」売上高が前年同期比226.5%!

最後に、今日発表されたペッパーフードサービスの第1四半期の決算です。


売上高は132億円で、前年同期比で88.0%の増収。

営業利益は7億6800万円で、33.4%の増益となっています。


「いきなり!ステーキ」事業の売上は約110億円で、全体の80%以上を占めています。

なんとその売上高は前年同期比で+126.5%です。


「いきなり!ステーキ」事業の営業利益は11億5千万円ほどで、前年同期比+104.0%です。


「いきなり!ステーキ」事業がこれほどまで急成長している要因とは何でしょうか。

「いきなり!ステーキ」の国内店舗数は3月末時点で234店舗で、前年の約2倍となっています。現在、海外店舗と合わせて240店舗を展開しています。

店舗数の増加に応じて、売上高と営業利益も増加していると考えて良さそうです。

ただ売上高に関して、1店舗あたりの売上高は昨年同期比で13%伸びています。


では財政状態はどうでしょうか。

総資産は増加して190億円ほどで、そのうち現金は約50億円となっています。

流動資産、固定資産どちらも増えているようです。


借入金は39億6千万円ほどあり、負債は増加しています。

一方で純資産も増加し、利益剰余金は20億円となっています。


なお、四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成されていませんでした。


最後に、「いきなり!ステーキ」事業の戦略を見てみましょう。

この第一四半期で店舗数は約50増加しており、通期で200店舗を出店するという目標は順調なペースで進んでいると言えそうです。


通期での計画では、売上高+98.7%、営業利益+83.8%としています。