「シャープ」「オリエンタルランド」「ペッパーフードサービス」の決算まとめ

今週、発表された日本企業3社の決算についてまとめます。


シャープ:10年ぶりに全四半期で黒字化。営業利益前年比144.3%

まずは、電機メーカー「シャープ」の決算です。


2018年3月期の売上高は、2兆4272億円(前年比18.4%増)、営業利益は901億円(前年比44.3%増)となりました。

通期予想と比較すると、売上高で828億円、営業利益で29億円及びませんでしたが、売上・営業利益ともに大幅に伸びています。


それでは、この増加の要因はなんなのでしょうか。


①スマートホーム事業とは、いわゆる白物家電や携帯電話、太陽電池を指しているようです。

②スマートビジネスソリューション事業とは、POSシステム機器プロジェクターなど、事業者向けの電子機器を指します。

③IoTエレクトロデバイス事業は、カメラモジュールやセンサーモジュール、車載カメラなどの生産事業です。

④アドバンスディスプレイシステム事業は、液晶テレビなど各種液晶パネルの生産事業です。

売上高を見ると、全セグメントで売上が伸びています。
なかでも、アドバンスディスプレイシステム事業の売上は29.0%増です。

そのほか、スマートホーム事業で10.4%、スマートビジネスソリューション事業が4.2%、IoTエレクトロデバイス事業が18.8%の増加となっています。

営業利益を見ると、3つのセグメントにおいて営業利益が減少しています。

一方でアドバンスディスプレイシステム事業は、前年の10.4倍の370億円となっています。利益増の要因は、コストダウンや車載用など中型パネルへのカテゴリーシフトだそうです。


シャープの財政状態は以下の通りです。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン