デジタルシフトの裏で拡大続ける「Twilio」今後の成長戦略に迫る

デジタルシフトの裏で拡大続ける「Twilio」今後の成長戦略に迫る

注目決算

クラウドコミュニケーションに特化した米Twilioが堅調だ。ショートメッセージや通話など、現代社会に必須不可欠な機能をAPIとして提供する会社である。

売上高は前年比62%増の5.9億ドル。Strainer(当時Stockclip)が2017年末に初めて取り上げて以来、事業規模は実に6倍に成長した。

株価は当時の10倍を優に超え、現在の時価総額は526億ドルを超える。直近の売上高に対して22年分と、かなり高い評価だ。

一方では営業損失が2億ドル近いなど、赤字企業なのは変わらない。市場からの期待が加熱する中、Twilioは今後の成長プランをどのように描いているのだろうか

今回の記事では、Twilioのここ数年の動向について確認した上で、CEOジェフ・ラーソンが掲げる戦略について改めて整理する。

顧客接点を短いソースコードで実現

SaaS領域の代表的企業でありながら、日本におけるTwilioの知名度は低い。まずは彼らがどんなサービスを展開しているかについて押さえておこう。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

プレミアム会員に登録
または
ログイン