ニトリ2Q決算は前年比1.7倍の大幅営業増益:特需はひと段落、市場は沈静傾向

ニトリ2Q決算は前年比1.7倍の大幅営業増益:特需はひと段落、市場は沈静傾向

決算まとめ 関連資料

ニトリホールディングスが2020年10月2日に発表した上半期(2020年2〜8月)決算で、同社が受けている追い風が改めて明らかになった。

2020年6〜8月期の営業利益は434億円と、前年比1.7倍を超える水準だ。売上高についても1,887億円に急増し、前年比での成長率は22%を超えた。

上場して日が浅いベンチャー企業ならいざ知らず、ニトリほどの大企業でこの追い風だ。後述するが、日本の家具販売市場は横ばいだった。それにも関わらず、この増収は記録的である。

今回の記事では、ニトリHDの足元の状況について整理した上で、国内外で顕在化している非常に大きな「家具需要」の現在についてご紹介したい。

前年の反動もあり月次動向は沈静化

まずは早速、ニトリの決算概況について確認していこう。

月次の既存店売上のトレンドを見ると、緊急事態宣言が解除された2020年6月に前年比147%と極めて大きな需要増があった。

その後はやや落ち着き、7月まで前年比123%、8月にも115%という水準が続いた。9月には前年比マイナスの98.4%まで失速しているが、これは前年に消費増税による駆け込む需要のピークだったことも関係する。

実際に、9月の客数は前年比112%と拡大トレンドだ。減ったのは客単価の方で、消費増税前に買い込みが促進されたときと比べて87.5%になった。

通販売上は前年比75%増

ニトリHDにおいて足元の売上を促進しているのは、やはり「通販」チャネルである。

続きを読むには

Strainerプレミアムに
ご登録いただく必要があります。

初回7日間無料体験実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン